キロヴォフラード州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キロヴォフラード州
Кіровоградська область
キロヴォフラード州の旗 キロヴォフラード州の印
州旗 州章
キロヴォフラード州の位置
Flag of Ukraine.svg ウクライナ
州庁所在地 キロヴォフラード
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全ウクライナ第15位
24,588 km²
? km²
? km² (?%)
人口2006年
 - 総計
 - 人口密度
全ウクライナ第24位
1,057,951
45.76人/km²
地区 21
市町村総数
 - うち市の数
 - うち町の数
 - うち村の数

12
26
1,015
ISO 3166-2:UA UA-35
電話番号コード +380-52
公式サイト 合同庁

キロヴォフラード州(ウクライナ語:Кіровоградська областьキロヴォフラーツィカ・オーブラスチ;キロヴォグラート州;ロシア語:Кировоградская областьキロヴォグラーツカヤ・オーブラスチ)は、ウクライナ中南部に位置するである。州都はキロヴォフラード

概要[編集]

キロヴォフラード州は、1939年1月9日に設定された。キロヴォフラード州の都市ドブロヴェルィーチュキウカは、地理上のウクライナの中心点である。

なお、2006年現在の知事であるエドゥアルド・ジャンギロヴィチ・ゼイナロフは、オレンジ革命西欧寄り改革派となったヴィクトル・ユシチェンコウクライナ大統領の率いる「我らがウクライナ」のヴェルホーヴナ・ラーダにおける議席を持っている。

地理[編集]

母語話者(キロヴォフラード州) 2001
ウクライナ語
  
88.9%
ロシア語
  
10.0%

歴史[編集]

現在のキロヴォフラード州に当たる地域は、15世紀から16世紀の間はウクライナ・コサックの所領となっていた。だが、その後ウクライナがモスクワ大公国ロシア帝国によって併合されると、現在の中心都市であるキロヴォフラードに聖エリザヴェータに因んで命名された「聖エリザヴェータ要塞」(форт Святой Елизаветы)が建設された。

その後、1752年から1764年の間は新セルビア(ノヴァセルビア)の一部となり、その首都ノヴォミールゴロト(ノヴォムィールホロド)の管轄化に置かれていた。

その後、1794年、要塞をもちに皇帝エリザヴェータ・ペトローヴナを記念する都市エリサヴェドグラート(Елисаветград)が置かれ、現在のキロヴォフラードのもととなった。この都市はロシア革命後の1924年に同地の出身であるグリゴリー・ジノヴィエフに因んでジノーヴィエフスク(Зиновьевск)と改称されたが、1934年、ジノヴィエフの失脚に伴い、ジノヴィエフによって暗殺されたとされたセルゲイ・キーロフに因んだキーロヴォに改称された。その後、1939年にソ連ウクライナ・ソヴィエト社会主義共和国の最高議会の同意に基づきキロヴォグラートと改められ、新たにキロヴォグラート州が設置された。1991年にウクライナが独立すると、ロシア語を公用語から排除した同国の方針に従い正式な表記はウクライナ語に改められ、キロヴォフラード州となった。

主な産物[編集]

主な都市[編集]

主要都市

その他の都市

人口[編集]

2001年ウクライナ国勢調査によるデータ。

  • 総人口&00000000011331000000001,133,100人[1]
  • 都市人口&0000000000682000000000682,000人(60%);農村人口:&0000000000451100000000451,100人(402%)[2]
  • 性別人口:男性&0000000000520800000000520,800人(46%);女性&0000000000612200000000612,200人(54%)[3]
民族構成[4]
ウクライナ人
  
1,014,600人 (90.1%)
ロシア人
  
83,900人 (7.5%)
モルドヴァ人
  
8,200人 (0.7%)
ベラルーシ人
  
5,500人 (0.5%)
アルメニア人
  
2,900人 (0.3%)
ブルガリア人
  
2,200人 (0.2%)

脚注[編集]

  1. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの総人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  2. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの都市人口・農村人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  3. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。ウクライナの性別人口” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。
  4. ^ ウクライナ国立統計委員会 (2001年12月5日). “2001年ウクライナ国勢調査。地域別民族構成” (ウクライナ語). 2011年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]