ロシアのクリミア侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアのクリミア侵攻
Crimea republic map.png
クリミア半島の地図
2014年3月1日 –
場所 ウクライナの旗 ウクライナクリミアの旗 クリミア自治共和国
ウクライナの旗 ウクライナセヴァストポリの旗 セヴァストポリ特別市
現況 進行中
衝突した勢力
ロシアの旗 ロシア ウクライナの旗 ウクライナ
指揮官
ウラジーミル・プーチン オレクサンドル・トゥルチノフ
部隊
Medium emblem of the Вооружённые Силы Российской Федерации.svg ロシア連邦軍 Emblem of the Ukrainian Armed Forces.svg ウクライナ軍
戦力
2000名空挺兵[1]

ロシアのクリミア侵攻(ロシアのクリミアしんこう)は、2014年ウクライナ騒乱が発生して以来、ロシアウクライナ南部のクリミア自治共和国に対して行なっている軍事行動である。

概要[編集]

2014年2月27日、武装勢力が地方政府庁舎と議会を占拠。翌日には首都シンフェロポリの空港が占拠される。ロシアは否定しているが、この武装勢力はロシア軍である可能性が高いとみられた。

ロシア系武装勢力が占拠する中でクリミア議会はウクライナの暫定政権を承認したアナトリー・モギリョフ英語版自治共和国首相を解任し、親露派のセルゲイ・アクショーノフ英語版を新首相に任命した。クリミア議会による自治共和国首相の解任・任命は自治共和国憲法で規定されているウクライナ大統領の同意を得ていないことや、首相解任・新首相選出はロシア系の武装集団が議会を封鎖する中で非公開で行われ、出席議員の数は定数の半数以下だったとの批判が出ているため、正当性が問題視されている。

3月1日、クリミアのロシア系住民がロシアの庇護を求めるに応じて[2]ロシア上院ロシア軍がウクライナおよびクリミア自治共和国で、同国の社会、政治情勢が正常化するまで軍事力を行使することを承認した[3]

ロシア軍はクリミア半島の一部の施設を占拠して半島を実効支配し[4][5]、3月2日にはウクライナ海軍総司令官デニス・ベレゾフスキー提督が親ロシア派のクリミア指導者に投降した[6]

他国の反応[編集]

3月1日アメリカオバマ大統領ロシアプーチン大統領と電話会談を行い、深い憂慮の念を表明した[7]3月2日G7)首脳はホワイトハウスを通じてロシア政府の軍事介入の動きを非難し、同年6月にロシアのソチで予定されているG8サミットに向けた準備会合へのボイコットを発表した[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]