ペトロ・ポロシェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペトロ・ポロシェンコ
Петро Порошенко
Petro Porochenko au Conseil de l’Europe Strasbourg 26 juin 2014 04.jpg

任期 2014年6月7日

ウクライナの旗 ウクライナ
第2代経済発展・貿易相
任期 2012年3月23日 – 2012年12月24日

ウクライナの旗 ウクライナ
第9代外相
任期 2009年10月9日2010年3月11日
元首 ヴィクトル・ユシチェンコ大統領

ウクライナの旗 ウクライナ
第4代国家安全保障・国防会議書記
任期 2005年2月8日 – 2005年9月8日
元首 ヴィクトル・ユシチェンコ大統領

出生 1965年9月26日(49歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ボルフラード英語版
(現在のウクライナ オデッサ州)
政党 無所属、ペトロ・ポロシェンコ・ブロック
署名 Petro Poroshenko Signature 2014.png

ペトロ・オレクシーヨヴィチ・ポロシェンコウクライナ語: Петро Олексійович Порошенко1965年9月26日 - )は、ウクライナ実業家政治家。第5代大統領。 人気菓子メーカー「ロシェン」のオーナーであることから「チョコレート王」ともあだ名されるウクライナ有数の富豪で、1998年に政界に進出してからは親露派政党である地域党の結成に関わった後、ユシチェンコ大統領、ヤヌコーヴィチ大統領らの下で国家安全保障・国防会議メンバー、外相、経済発展・貿易相などの要職を歴任[1]、2007年2月から2012年まではウクライナの中央銀行であるウクライナ国立銀行の理事長もつとめた[2][3][4][5]。 2014年にヤヌコーヴィチ政権を崩壊させたウクライナ反政府デモでは、デモを財政面で支援したとも報じられる[6]。その後、2014年5月に行われた大統領選挙に出馬、1回目の投票で54%超の票を獲得して第5代ウクライナ大統領に選出された。

氏名のロシア語表記は Пётр Алексеевич Порошенко で、この転写から一部報道などではピョートル・アレクセーヴィチ・ポロシェンコとも表記される。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1965年9月26日、オデッサ州ボルフラード英語版に生まれ、中央ウクライナの都市ヴィーンヌィツャ(ヴィンニッツァ)で育つ。1989年、キエフ大学国際関係・国際法学部で経済学の学位を取得して卒業した。

ビジネス経歴[編集]

大学卒業後ポロシェンコはカカオ豆取引のビジネスを始め、1990年代には複数の製菓会社の経営権を獲得、傘下に収める。 その後保有する会社をまとめてウクライナ最大の製菓メーカー「ロシェン・グループ」を設立。チョコレート産業で財をなしたポロシェンコは「チョコレート王」ともあだ名される[7]。グループはその後、自動車・バス工場、造船所「レーニンスカ・クズニャ」、テレビ局「5カナル」も傘下におさめ、一大ビジネス帝国となった[8]

2012年3月のフォーブス誌世界長者番付によると、ポロシェンコの資産は10億ドルで、世界1153位の資産家である[9]

政治活動[編集]

最高議会議員、国家安全保障・国防会議書記[編集]

1998年のウクライナ最高議会(ヴェルホーヴナ・ラーダ)選挙に当選し、国会議員となる。はじめはウクライナ大統領レオニード・クチマを支持する社会民主合同党 (United Social Democratic Party of Ukraineに参加したが、2000年に離党して中道左派会派である「ソリダールニスチ(連帯)」 (Solidarity (Ukraine)を設立した[10]。2001年、クチマ支持の地域党立ち上げに関与したがこのとき「ソリダールニスチ」自体は地域党には参加しなかった[11]。2001年12月、ポロシェンコは地域党と袂を分かち、対抗勢力であったヴィクトル・ユシチェンコの「我らがウクライナ」ブロック (Our Ukraine Blocに加入した。「我らがウクライナ」は2002年3月の選挙に勝利して最大会派となり、ポロシェンコ自身も当選して議員となり[12]、予算委員長となった。

ポロシェンコはユシチェンコの側近中の側近とみなされている。ユシチェンコはポロシェンコの娘の名付け親でもあり、ユシチェンコ支持者の中でおそらくはもっとも裕福な実業家であったポロシェンコは、「我らがウクライナ」とオレンジ革命を財政面で支えた主要人物のひとりに名前があげられる。2004年の大統領選挙でウクライナ大統領に選出されたユシチェンコはポロシェンコを安全保障・国防評議会 (National Security and Defense Council of Ukraineの書記に任命したが、一方でオレンジ革命においてポロシェンコのライバルと目されていたユーリヤ・ティモシェンコは首相に指名された。 2005年9月、国営企業の民営化に関連しポロシェンコ・ティモシェンコ双方が汚職に関与した疑いがあるとして互いに大々的が報道がなされた。疑惑の一例として、ポロシェンコは、資産価値10億米ドルともいわれるニコポリ合金鉄工場を8,000万米ドルで手に入れたヴィクトル・ピンチュク (Viktor Pinchukの利権を保護したとして非難された[13]

疑惑への対応としてユシチェンコはティモシェンコ内閣を解散した[2]。翌月、ユシチェンコによりウクライナ検事総長スヴャトスラフ・ピスクン (Svyatoslav Piskunが解任され、その後間もなく検察はポロシェンコに対する職権乱用疑惑の捜査を中止した[14]。これについてピスクンは、ティモシェンコに対して刑事訴訟手続きを起こすことを断り、ポロシェンコに対して刑事訴訟手続き中止を断ったら首になった、と述べている[15]

2006年3月のウクライナ議会選挙で、ポロシェンコは「我らがウクライナ」ブロックの支持を得て再当選し、金融・銀行問題委員会の委員長に就任した。このときポロシェンコ自身はウクライナ最高議会議長を望んでいたとされるが、第一党であるヤヌコーヴィチの地域党がウクライナ社会党ウクライナ共産党との与党連合を結成し、社会党党首オレクサンドル・モロズは与党連合参加の見返りとして最高議会議長のポストを得たため[2]、「我らのウクライナ」ユーリヤ・ティモシェンコ・ブロックからの入閣者はなかった。 2007年2月からは、それまで理事であったウクライナ国立銀行(中央銀行)の理事長をつとめることとなり[2][4]、2007年9月に行われたウクライナ最高議会選挙には出馬していない。

外相時代(2009年-2010年)[編集]

2009年、ロシア・ウクライナ国際委員会会合にて

2009年10月7日、ユシチェンコ大統領によりウクライナ外務大臣に指名され[4][16] 、10月9日ウクライナ最高議会からの承認を得て任命された[17][18]。 2009年10月12日には安全保障・国防評議会のメンバーに任命される[19]。 ポロシェンコはウクライナのNATO加盟を支持する考えを明らかにしており、2009年12月には「政治の意思、そうするべきであるという国民の願い希望、そして担当政治家に対する国民の支持があれば、さらに政策を正しく明確に理解すれば、NATO加盟はこの1年か2年のうちに成し遂げられるものと信じている」と発言しているが、一方でNATO加盟はそれ自体が目標ではないとも述べ「我々のゴールは改革の実行と生活水準の向上であるべきだ。行動を起こしてよいかどうか誰かに許可してもらうのではなく、この国の状況を改善するためあらゆることをやるべきだと信じている」とも述べている[20]

2010年2月の大統領選挙ヴィクトル・ヤヌコーヴィチが大統領になると、ポロシェンコは2010年3月11日に外相を解任された。だがヤヌコーヴィチ大統領はポロシェンコとは今後も協力関係を維持したいとする意向を表明している[8]

経済発展・貿易相(2012年)[編集]

2012年2月末、ポロシェンコはミコラ・アザロフ内閣で新たに設立された経済発展・貿易省の大臣に指名された[21][22][23]。2012年3月9日、ヤヌコーヴィチはポロシェンコの経済発展・貿易相としての入閣を希望すると発言[24]、3月23日に正式に任命され[1]、同月、ウクライナ国立銀行理事長の職を退いた[3]

最高議会議員[編集]

2014年ミュンヘン安全保障会議で。左からビタリ・クリチコ、ポロシェンコ、米国務長官ジョン・ケリーアルセニー・ヤツェニューク

2012年ウクライナ最高議会選挙ヴィーンニツァ州小選挙区に無所属で出馬したポロシェンコは70%を超える得票率で当選、ヴェルホーヴナ・ラーダ(最高議会)議員に返り咲いたが[25][26]、入閣はしなかった[27]

2013年2月中旬にはキエフ市長選への出馬をほのめかしている[28]

2014年ウクライナ大統領選挙[編集]

2014年大統領選におけるポロシェンコの州別得票率。主に西部で過半数の支持を得た。

2014年ウクライナ騒乱により、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領が国外に脱出したことから、ウクライナ大統領選挙が2014年5月25日に行われることとなった。 2014年3月以降行われた世論調査では、キエフの世論調査会社SOCIS社の調査で48.5%など、ティモシェンコら他の候補者を抑えて最も高い支持率を獲得している[29]。こうした中、ロシア・リペツク州にあるロシェンの工場がロシア当局により「接収」されるといった事案も発生している [6]。 ポロシェンコは3月29日に正式に出馬を表明し、一方で有力候補のひとりであったビタリ・クリチコは自身の立候補を撤回しポロシェンコ支持に回ることを明らかにしている[30]。 5月25日の大統領選挙では、1回目の投票で過半数を超える票を獲得し勝利宣言を行った[31]。その後、6月7日に正式に就任した[32]

脚注[編集]

  1. ^ a b Poroshenko appointed economic development and trade minister of Ukraine, Kyiv Post (23 March 2012)
    Poroshenko explains reasons behind accepting economy minister's post, Kyiv Post (23 March 2012)
  2. ^ a b c d (ロシア語) Biography, Korrespondent
  3. ^ a b (ロシア語) Порошенко Петр Алексеевич Poroshenko Petr Aleksiyovych, ЛІГА.net
  4. ^ a b c Regions Party not to vote for Poroshenko’s appointment Ukraine’s foreign minister, Kyiv Post (8 October 2009)
  5. ^ Hryvnia exchange rate could strengthen, says NBU Council head, Interfax-Ukraine (16 March 2011)
  6. ^ a b “ロシアがチョコレート工場を「接収」、ウクライナが非難”. AFPBB News. (2014年3月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3010725 2014年5月2日閲覧。 
  7. ^ “「チョコレート王の領空で起きた」キューバ前議長がウクライナ批判”. 産経新聞. (2014年7月19日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140719/amr14071913020006-n1.htm 2014年7月19日閲覧。 
  8. ^ a b Poroshenko is not going to sell Channel 5 TV, Kyiv Post (23 May 2010)
  9. ^ Eight Ukrainians make Forbes magazine's list of world billionaires, Kyiv Post (8 March 2012)
  10. ^ Ukrainian Political Update by Taras Kuzio and Alex Frishberg, Frishberg & Partners, 21 February 2008 (page 22)
  11. ^ New «region» formed in Ukrainian Parliament, Central European University (26 March 2001)
  12. ^ Results of voting in single-mandate constituencies, Central Election Commission of Ukraine
  13. ^ [1]
  14. ^ [2]
  15. ^ Independent standpoint on Ukraine:Dismissal of Prosecutor-General, Closure of Poroshenko Case Create New, ForUm (28 October 2005)
  16. ^ Ukrainian president proposes Petro Poroshenko for foreign minister, Interfax-Ukraine (7 October 2009)
  17. ^ Rada appoints Poroshenko Ukraine's foreign minister, Interfax-Ukraine (9 October 2009)
  18. ^ By 240 out of 440 MPs registered in the session hall. In particular, 151 MPs of the Bloc of Yulia Tymoshenko faction, 63 of the Our Ukraine-People's Self-Defense Bloc, 20 members of the Bloc of Volodymyr Lytvyn, one deputy of the Party of Regions, one member of the Communist Party faction, and four deputies not belonging to any faction voted for the nomination.
  19. ^ Poroshenko put on Ukraine's NSCD, Kyiv Post (12 October 2009)
  20. ^ Poroshenko: Ukraine could join NATO in 1-2 years, with political, public will, Kyiv Post (4 December 2009)
  21. ^ Mass Media:Poroshenko heads Ministry of Economy, UNIAN (23 February 2012)
  22. ^ Regions Party: Poroshenko appointed economy minister, Kolobov appointed finance minister, Kyiv Post (23 February 2012)
  23. ^ President:Prime Minister nominated Petro Poroshenko for Minister of Economy, President.gov.ua (23 February 2012)
  24. ^ Ukrainian president wants Poroshenko to head economic development and trade ministry, Kyiv Post (9 March 2012)
  25. ^ (ウクライナ語)Полтавська область. Одномандатний виборчий округ №112 Vinnytsia region. The single-mandate constituency № 12, Central Election Commission of Ukraine
  26. ^ Minister Poroshenko and his father registered as self-nominees for Vinnytsia region, Kyiv Post ( December 2012)
  27. ^ Poroshenko not intending to join any faction, Kyiv Post (12 December 2012)
    Poroshenko fears uncontrolled economic situation in Ukraine due to foreign borrowing, Interfax-Ukraine (20 June 2013)
  28. ^ Poroshenko appears set to join race for Kyiv mayor, Ukraine Business Online (12 February 2013)
  29. ^ Результати дослідження «Україна. Президентські вибори – 2014, квітень»” (2014年4月23日). 2014年5月2日閲覧。
  30. ^ “本命の「チョコ王」出馬へ=クリチコ氏は断念-ウクライナ大統領選”. 時事ドットコム. (2014年3月29日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014032900217 2014年5月2日閲覧。 
  31. ^ “ウクライナ大統領選、実業家ポロシェンコ氏が事実上の勝利宣言”. ロイター. (2014年5月26日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E510P20140525 2014年6月4日閲覧。 
  32. ^ “ポロシェンコ大統領が就任=武装勢力と対話せず-対ロ関係課題・ウクライナ”. 時事通信. (2014年6月7日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014060700223 2014年6月7日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
オレクサンドル・トゥルチノフ
(代行)
ウクライナの旗 ウクライナ大統領
第5代:2014 -
次代:
(現職)