シンフェロポリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンフェロポリ
Сімферопoль
Симферополь
Aqmescit
Simferopol center 2.jpg
シンフェロポリの市旗 シンフェロポリの市章
市旗 市章
位置
の位置図
座標 : 北緯44度56分53秒 東経34度06分15秒 / 北緯44.94806度 東経34.10417度 / 44.94806; 34.10417
行政
ロシアの旗 ロシア(事実上)
ウクライナの旗 ウクライナ(国際的な合意)
 行政区画 クリミアの旗クリミア共和国(事実上)
クリミアの旗 クリミア自治共和国(国際的な合意)
 市 シンフェロポリ
地理
面積  
  市域 107 km2
標高 350 m
人口
人口 (2006現在)
  市域 340,600人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 95000—95490
市外局番 +380 652

シンフェロポリシンフェローポリ[1][2]ウクライナ語:Сімферопольシムフェローポリロシア語:Симферопольシムフィローパリクリミア・タタール語:Aqmescitアクメスジト)は、ウクライナクリミア自治共和国首都である。2006年現在の人口は、340,600人。

名称[編集]

クリミア・ハン国時代には、「白いモスク」を意味するアクメスジト(またはアクメチェット)という名前で呼ばれていたが、1784年にクリミア・ハン国が滅亡し、クリミアロシア帝国に併合されると、ギリシア語で「有用な都市」を意味する(Συμφερόπολις)」(スュンフェロポリス)に由来するシンフェロポリに改称された。

歴史[編集]

クリミア・ハン国時代は、商業都市として栄えた。現在の市域は、このクリミア・ハン国時代の都市を直接の起源としている。1784年に、クリミアがロシア帝国に併合されると、シンフェロポリは、新設されたタヴリダ県の首都となった。

クリミア戦争中はロシア軍の後方支援基地とされ、多くの傷痍兵を収容した。市内の墓地には30,000名以上の兵士が葬られている。

十月革命後の内戦では、シンフェロポリは白軍ロシア軍ヴラーンゲリ将軍の拠点となった。シンフェロポリは、1920年11月13日赤軍に奪取され、翌1921年10月18日に新設された「クリミア自治ソビエト社会主義共和国」の首都とされた。

第二次世界大戦では、1941年11月1日から1944年4月13日まで、ドイツ軍による占領下に置かれ、シンフェロポリだけで22,000人を超える住民が死亡した。赤軍による奪還後、クリミア・タタール人強制移住が行われ、シンフェロポリからも全てのクリミア・タタール人が追放された。

1954年4月26日に、ペレヤースラウ条約300周年を記念してクリミアがロシア・ソビエト連邦社会主義共和国からウクライナ・ソビエト社会主義共和国に帰属変更となり、シンフェロポリもウクライナの都市となった。

ソ連邦の崩壊後、シンフェロポリはウクライナ内のクリミア自治共和国の首都となった。

2014年2月、首都キエフにて2014年ウクライナ騒乱が発生して親EU寄りの政権樹立が模索されると、ロシア系住民の多いクリミア地方では、シンフェロポリを中心にロシアを求心力に求めるデモが発生するようになった。同月27日には、政府庁舎と議会が武装集団によって占拠され、ロシアの国旗が掲げられた[3]

気候[編集]

シンフェロポリの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 20.4
(68.7)
21.9
(71.4)
28.7
(83.7)
31.5
(88.7)
34.2
(93.6)
37.7
(99.9)
39.3
(102.7)
39.5
(103.1)
37.2
(99)
33.3
(91.9)
28.0
(82.4)
25.4
(77.7)
39.5
(103.1)
平均最高気温 °C (°F) 3.9
(39)
4.7
(40.5)
9.1
(48.4)
15.9
(60.6)
21.4
(70.5)
25.7
(78.3)
28.9
(84)
28.7
(83.7)
23.1
(73.6)
17.0
(62.6)
10.4
(50.7)
5.6
(42.1)
16.2
(61.2)
日平均気温 °C (°F) 0.2
(32.4)
0.4
(32.7)
3.9
(39)
9.9
(49.8)
15.1
(59.2)
19.5
(67.1)
22.3
(72.1)
22.0
(71.6)
16.9
(62.4)
11.3
(52.3)
5.8
(42.4)
2.0
(35.6)
10.8
(51.4)
平均最低気温 °C (°F) −2.9
(26.8)
−3.2
(26.2)
−0.3
(31.5)
4.8
(40.6)
9.5
(49.1)
13.9
(57)
16.5
(61.7)
16.1
(61)
11.2
(52.2)
6.8
(44.2)
2.2
(36)
−1.1
(30)
6.2
(43.2)
最低気温記録 °C (°F) −26.0
(−14.8)
−30.3
(−22.5)
−18.4
(−1.1)
−11.1
(12)
−8.4
(16.9)
0.7
(33.3)
3.6
(38.5)
3.8
(38.8)
−5.1
(22.8)
−11.4
(11.5)
−21.7
(−7.1)
−23.2
(−9.8)
−30.3
(−22.5)
降水量 mm (inch) 39
(1.54)
36
(1.42)
37
(1.46)
34
(1.34)
34
(1.34)
58
(2.28)
47
(1.85)
52
(2.05)
42
(1.65)
42
(1.65)
49
(1.93)
45
(1.77)
515
(20.28)
平均降雨日数 12 11 11 11 10 11 8 7 10 11 13 14 129
平均降雪日数 11 11 7 1 0 0 0 0 0 1 4 9 44
 % 湿度 85 81 76 69 68 67 63 63 69 76 82 84 74
平均月間日照時間 86.8 101.7 164.3 210.0 282.1 315.0 341.0 316.2 261.0 204.6 114.0 74.4 2,471.1
出典: Pogoda.ru.net,[4] Hong Kong Observatory[5] for data of sunshine hours

産業[編集]

自動車食品等の製造業が盛んである。市内に拠点をもつ企業は約70社を数える。

交通[編集]

シンフェロポリとヤルタを結ぶトロリーバス

シンフェロポリは、鉄道駅、バスターミナルや国際空港国内空港をもち、クリミア半島の交通の要衝となっている。また、シンフェロポリとヤルタ間の約86kmを結ぶトロリーバスen: Crimean Trolleybus)は世界で最も長いトロリーバス路線として知られている。

教育[編集]

高等教育機関は、タヴリダ国立大学をはじめ、農学、医学、生態学、工学、教育学の各大学が設置されている。また市内に12の中等学校、37の職業学校が設置されており、鉱物資源学研究所、国立科学アカデミーの考古学、東洋学研究所のクリミア支部、気象観測センター、地震観測所、「クリミア設計」「黒海天然ガス設計」といった設計事務所が設置されている。

名所[編集]

市の中心部

市内の名所は、大祖国戦争英雄像、芸術家記念像、クリミア・タタール人の民族離散記念碑が挙げられる。また、クリミアの県知事を務めたミハイル・セミョーノヴィッチ・ヴォロンツォフen:Mikhail Semyonovich Vorontsov)の宮殿や、1508年に創建されたイスラーム寺院(ケビール・ジャーミー)も有名な旧跡である。市の郊外にはスキタイ人の遺跡(en:Scythian Neapolis)も存在する。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シムフェロポリシムフェローポリとも。なお、長音符の有無は、アクセント位置を表すか否かの問題によるもの。
  2. ^ かつては、ウクライナ語でスィンフェローピリスィムフェローピリСимферопільスィムフェローピリ)と書かれたこともあった。
  3. ^ クリミア:首都の庁舎を武装集団が占拠 ロシア国旗掲げる”. 毎日新聞 (2014年2月27日). 2014年2月27日閲覧。
  4. ^ Climate Averages for Simferopol”. 2013年12月3日閲覧。
  5. ^ Climatological Information for Simferopol', Ukraine - Hong Kong Observatory

関連項目[編集]