反露

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

反露はんろ)とは、ロシアあるいはロシア人に対して抱かれる反感意識や偏見、不信感や敵対的な態度である。外国人嫌悪の一種であり、とりわけ民族的排他主義の傾向を持っている。対義語親露類似語として嫌露がある[要出典]

国によってはしばしば反ボリシェヴィズム反ソ主義と結びついているが、これらは完全に一致する概念ではない。ロシア人の中にも、白系ロシア人に代表されるように反ボリシェヴィストは多数存在し、それに対するソビエト連邦は反露主義のひとつである反ロシア民族主義の政策を基本としていた。

日本における反露では主にロシアによる北方領土実効支配の批判で、8月9日の反ロデー(旧反ソデー)では主に北方領土に関係する街宣活動をする街宣右翼団体が多数存在する。(街宣車に「北方領土奪還」といったスローガンを掲げる団体もある)他には北方領土の日(2月7日)に行なわれる。