エレンホト市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 内モンゴル自治区 二連浩特市
エレンホト口岸
エレンホト口岸
中心座標 北緯43度39分 東経111度59分 / 北緯43.650度 東経111.983度 / 43.650; 111.983
簡体字 二连浩特
繁体字 二連浩特
拼音 Èrliánhàotè
カタカナ転記 アーリェンハオトー
モンゴル文字 Eriyen qota.svg
モンゴル語キリル文字 Эрээн хот
モンゴル語ローマ字転写 Erenhot
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
シリンゴル盟
行政級別 県級市
面積
総面積 450 km²
市区 11 km²
海抜 966 m
人口
総人口(2003) 2 万人
経済
電話番号 0479
郵便番号 011100
行政区画代碼 152501
公式ウェブサイト http://www.elht.gov.cn/

エレンホト市(中国語:二連浩特市、エレンホトし)は中華人民共和国内モンゴル自治区シリンゴル盟に位置する県級市

中国国鉄集二線の通るモンゴル国との国境都市で、出入国検査場であるエレンホト口岸が設置されている。1984年9月、視察に訪れた胡耀邦により「南に有り、北に二連有り」と評価されるモンゴル国への重要な対外開放都市となった。このルートは長らく「茶葉の道」「北方のシルクロード」等と言われた[1]

また恐竜の化石が発見されたことにより「恐竜の郷」とも知られる。

歴史[編集]

エレンホト市は鉄道建設にともない建設された都市である。1956年1月、北京ウランバートルを経由しモスクワとを連絡する中露国際列車が開通すると人口が増加、1966年1月に県級市のエレンホト市が成立した。

産業[編集]

天然資源[編集]

二連(エレン)盆地には石油及び天然ガスの埋蔵地区があり、市の西南には二連(エレン)油田があり石油を産出する。またウラン鉱床も発見された。蛍石も産出する。北東部にはの塩池にて、原塩や硫酸ナトリウムが産出される。

観光[編集]

  • 国境観光:国境石碑、汽車記念広場、国境見学、国門博物館などがある。
  • エレン盆地白亜紀地質公園:恐竜博物館、恐竜景観大道など。恐竜の巨大彫像が並ぶ。
  • 策格民俗風情園:馬術訓練所などがある。
  • 伊林駅遺跡博物館
  • 鉄道車体交換所
  • 洪格爾岩画
  • 艾力草原リゾート村
  • 石林風景

行政区画[編集]

  • 格日勒敖都ソム
  • エレンホト市社区建設管理局
  • 二連辺境経済技術合作区

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 城市概况 [1]

外部リンク[編集]