寧城県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 内モンゴル自治区
寧城県
簡体字 宁城
繁体字 寧城
拼音 Níngchéng
カタカナ転記 ニンチェン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
地級市 赤峰市
行政級別 市轄区
面積
総面積 4,305 km²
人口
総人口(2004) 60 万人
経済
電話番号 0476
郵便番号 024200
行政区画代碼 150429
公式ウェブサイト http://www.cfnc.gov.cn/

寧城県(ねいじょう-けん)は中華人民共和国内モンゴル自治区赤峰市に位置する。県人民政府の駐地は天義鎮。

歴史[編集]

契丹文化の発祥の地の一つであり、史書には「紫蒙之野」として現れている。

寧城県の大明鎮・鉄匠営子郷は、陪都・中京大定府の所在地である。1006年西遼河の支流・老哈河の沖積平野上にあるこの地に中京が定められた。都の北には七金山(現在の九頭山)が、西には馬盂山があり、南は老哈河に面する地勢であった。『遼史・地理志』巻三十九には、「中京大定府……有七金山、馬盂山、雙山、松山、土河……」との記述がある。中京は1122年の軍隊に占領された。

金の海陵王(完顔亮)は1153年(天徳五年)に中都(現在の北京)に遷都したが、この際にもとの遼の中京を陪都・北京大定府としている。

の初期、北京大定府は北京総管府と改められたが、1288年に武平路と改められ兵を置いた。の初期には大寧都指揮使司(都司)が、1387年(洪武二十年)に大寧衛が置かれたが、1403年(永楽元年)に衛が撤収されモンゴルのホルチン部(哈剌嗔)などとの雑居地になった。

県内にある遼中京遺跡は1961年全国重点文物保護単位に指定されている。

行政区画[編集]

11鎮、4郷を管轄:

  • :天義鎮、小城子鎮、大城子鎮、八里罕鎮、黒里河鎮、甸子鎮、大双廟鎮、汐子鎮、大明鎮、忙農鎮、五化鎮
  • :三座店郷、必斯営子郷、一肯中郷、存金溝郷

外部リンク[編集]