ゲル (家屋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンゴルのゲル
ゲルの内部
ゲルの壁の骨組み
壁の骨組みから梁を延ばす

ゲルモンゴル語: гэр)は、主にモンゴル高原に住む遊牧民が使用している、伝統的な移動式住居のこと。日本では、中国語の呼び名に由来するパオ)という名前で呼ばれることも多い。

テュルク語では古来から「ユルト、あるいはユルタ(يورت)」と呼ばれたもので、現在でもテュルク系遊牧民のカザフ人キルギス人が用いるユルトはほぼ同じ形状である。緩やかな草原地帯に適しており、より乾燥し起伏の多い西アジアではテュルク系遊牧民も方形の移動式住居を使っている。

構造[編集]

ゲルは円形で、中心の柱(2本)によって支えられた骨組みをもち、屋根部分には中心から放射状に梁が渡される。これにヒツジの毛でつくったフェルトをかぶせ、屋根・壁に相当する覆いとする。壁の外周部分の骨格は木組みで、菱格子に組んであり接合部はピン構造になっているので蛇腹式に折り畳むことができる。(「マジックハンド」と呼ばれる玩具の伸縮部分と構造は同じである)木組みの軸にあたる部分にはラクダの腱が使われる。寒さが厳しいときは、フェルトを二重張りにしたり、オオカミなどの毛皮を張り巡らしたりして防寒とする。逆に、夏の日中暑いときはフェルトの床部分をめくり、簡単に風通しをよくすることができる。

内部は、直径4~6mほどの空間である。ドアがある正面を南向きにして立てられ、入って向かって左手の西側が男性の居住空間、向かって右手の東側が女性の居住空間である。中央にストーブを兼ねた炉を置いて、暖をとり、料理をするのに使う。炉は東側を正面にするように置かれており、女性の側から扱いやすいようになっている。向かって正面はもっとも神聖な場所で、チベット仏教仏壇つまり、宗教関係の物が置かれたりする。頂点部は換気や採光に用いられるよう開閉可能な天窓になっており、ストーブの煙突を出すことが可能である。

モンゴル帝国の時代ころまでは車輪をつけ、ウマを使って引っ張って長距離を簡単に移動できるゲルが存在したことが、当時の旅行記の記録からわかっている。現在はそれほど大規模な移動は行われないため、移動のたびに分解してラクダの背やトラックに乗せて運ぶ。分解や組み立ては共に遊牧を行う数家族の男たちが総出で行い、数十分から1時間で終わる。本当に組立を簡単にできる。

ゲルの社会関係[編集]

ゲル1帳は、おおむね夫婦を中心とする1小家族が住むが、遊牧民たちは一般に2~3帳のゲルからなる拡大家族集団(アイル、現代モンゴル語では「仲間」や「村」の意味もある)でまとまって遊牧を行う。拡大家族はそれぞれの戸長が親子、兄弟などからなる場合が多いが、地域によっては戸長の友人関係で血縁関係の薄い数家族が集まる場合もある。同じ地域で遊牧を行う複数のアイルの集合体がいわゆる部族(アイマク)であり、これらが遊牧民の政治単位となるが、現在では解体されており、現代のモンゴル国ではアイマクは県を指す。

19世紀以前のモンゴルにはアイマクに王侯貴族がおり、隷属民の牧夫を抱え、隷属民まで含めゲルが何十何百も集まった大型のゲル集落が存在していた。これを中世モンゴル語ではクリエン、近世モンゴル語ではフレーといい、その中央には王侯貴族の住む大型のゲルがあった。このような大型のゲル、および大型のゲルを中心とした遊牧民の宮廷のことをふつうオルドと呼んでおり、モンゴル帝国ハーンたちは非常に大きなゲルをオルドとしていたことが知られる。

現代のモンゴル国の前身となった清朝統治下の外モンゴルでは、もっとも大きなゲルに住み、もっとも数の多いフレーを従えていたのは外モンゴルを代表する活仏であるジェブツンダンパ・ホトクトであった。のちにジェブツンダンパのフレーは遊牧移動をやめて一箇所に定着し、19世紀には漢民族の商人も住み着く都市に変貌する。この都市が、現在のモンゴル国の首都ウランバートルの前身であるイフ・フレー(大フレー)である。現在も、ウランバートル市内には固定家屋と並んで庭にゲルを立て、都市内であえてゲルで生活する人も非常に多い。

ゲル地区[編集]

ウランバートル等の大都市では、マンションで生活する人の他に、ゲルで生活する人たちがいる。牧村から流入した元牧民が、郊外不法占拠し、スラム化している場合も多いが、もともとは日本でいう長屋暮らしの域を出ない。貧困の象徴でもなければ、異文化の象徴でもなく、モンゴルの最も庶民的な住居なのである。2005年現在、家賃も日本で350円前後と手頃なため、低所得層が愛用している。ただ、水道がなく、風呂もない、便所が共用の上に非水洗、中央暖房がない、といった状態が多い。ゲルが集中した地域を、「гэр хороо(ゲル・ホロー=ゲル地区)」と呼ぶ。中央暖房がないため、長く厳しい冬は石炭を主要な暖房燃料とすることが多く、多くのゲルから排出される煤煙による大気汚染が深刻化している。