出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国の古代の製鉄。炉を使って鉄鉱石を溶かして精錬している。『天工開物』(宋応星編著、1637)より

(ろ)とは、を燃やしたり、などをたいたりする設備や器具。あるいは、ものを加熱溶解焼却する場所や装置のこと。

加熱するための熱源(燃料)としては、ガス木炭木薪石炭コークス電熱などが用いられる。

炉は使用目的によって、暖炉(だんろ)、焼成炉(しょうせいろ)、溶練炉(ようれんろ)[1]の他、焼却炉に大別できる。

日本語では、核反応によって熱を発生する装置も「炉」と表現する(原子炉)。

分類[編集]

暖炉[編集]

火炎放射熱による直接または、空気を加熱することにより間接的にものや室内を暖めるための炉で、囲炉裏ストーブボイラー焜炉オーブン七輪などがある。

焼成炉[編集]

ものを高熱で焼いて焼成するための炉で、陶磁器煉瓦などを作成するセメントなどを作成するロータリーキルンなどがある。

溶練炉[編集]

金属精錬溶解合金製造などに使用される炉で、溶鉱炉(高炉)、転炉反射炉平炉電気炉太陽炉などがある。

焼却炉[編集]

可燃性のものを燃焼せしめて、消滅・灰化・減容化するために用いる炉。塵芥(ゴミ)焼却炉や火葬炉などがある。

参考文献[編集]

  1. ^ 『現代新百科』学研

関連項目[編集]