精舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

精舎(しょうじゃ、Skt:Vihāra、ヴィハーラ、ビハーラ)は、仏教比丘(出家修行者)が住する寺院僧院のこと。またその異名。

精舎とは、精行者の所居なるをいい、精妙の謂ではないとされる。また平たく言えば、精進する者たちの舎宅を意味し、立派な建物を意味するのではないとされる。

釈迦在世の主な精舎として、

  1. 祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)
  2. 竹林精舎(ちくりんしょうじゃ)
  3. 大林精舎(重閣講堂、彌猴池精舎)
  4. 霊鷲精舎(りょうじゅしょうじゃ)
  5. 菴羅樹園精舎(あんらじゅおんしょうじゃ)

という、いわゆる天竺五精舎(てんじくごしょうじゃ)がある。

ビハーラ[編集]

近年、各地の寺院などが、仏教精神を元に幼稚園介護ケアサービスを行う施設、またターミナルケア仏教ホスピス)を有し、これをビハーラと呼ぶ場合がある。これについてはビハーラを参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]