煤煙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

煤煙(ばいえん)とは、石炭など物の燃焼に伴って発生する(すす)のことである。特に不完全燃焼によって発生する大気汚染物質のことを指す。「煤」が当用漢字外の字であるため、法令ではばい煙と書かれる。

大気汚染防止法では、「物の燃焼等に伴い発生する硫黄酸化物ばいじん、有害物質(カドミウム塩素及び塩化水素フッ素フッ化水素及びフッ化ケイ素及びその化合物窒素酸化物、その他政令で定める物質)」のことを煤煙と定義し、粉塵自動車排出ガスと共に規制している。

関連項目[編集]