ダーチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダーチャロシア語дачаダーチャru-dacha.ogg listen[ヘルプ/ファイル]英語:Dacha)は、ロシア・旧ソ連圏で一般的な簡易別荘家庭菜園である。

概要[編集]

ロシア語でダーチャは田舎邸宅の意味である。ダーチャにはサウナを備えたものもある。普段は近隣の都会に居住し、週末のみ利用する持ち主が多い。特にの間は盛んに利用され、夏休みに家族そろって長期間ダーチャで過ごすケースも多い。かつての貴族の別邸から掘っ立て小屋のようなものまで、規模や質はさまざまである。

ダーチャ所有者は、ダーチュニク(дачник)と呼ばれることもある。所有者は、この近くで菜園огород:個人所有の菜園のこと、国有のものはполе)を営んだり家畜を飼ったりしている。菜園で栽培した農作物を町に持っていき売る者も居る。

歴史[編集]

ダーチャはピョートル大帝時代に始まった。初期ロシア語では、ダーチャは”与えられたもの”を意味していた。

ソ連時代になると、ダーチャは労働者の保養施設として都市近郊に多数整備されていった。ダーチャの土地は国家や企業組合から希望者に安価で支給され、土地を与えられた市民は自分たちで菜園や小屋などを整備した。

ソ連時代、菜園で栽培した農作物を町に持っていき売る事は禁止されていたが、実際には行われていた。経済が著しく混乱していたソ連末期やロシア共和国初期、ハイパーインフレーションや給与支払い滞りで疲弊し日々の食料調達もままならなかったロシア国民にとって、自活(自給自足)という最終手段で食料を得る(自力で瓶詰加工など保存食も製造・保管していた)最後の砦の場でもあった。

類似する住居[編集]

ダーチャに類似する住居。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]