フィアット CR.32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィアット CR.32

CR.32.jpeg

フィアット CR.32 (Fiat CR.32) はスペイン内戦Guerra civile spagnola) と第二次世界大戦イタリア空軍Regia Aeronautica) によって使用された複葉式の戦闘機。当時は最もすばらしい複葉戦闘機のうちの1つに数えられたが、より先進的デザインの単葉機によって追い越され、第二次大戦開戦時の1939年には時代遅れになっていた。

CR.32はフィアット CR.30を設計の母体に据えて技師チェレスティーノ・ロザテッリ (Celestino Rosatelli) によって開発され、そのデザインが生かされた流線形な胴体を特徴とする。2翅プロペラは同社製の600馬力エンジン、フィアット A.30によって駆動された。武装はエンジンカバーの上に2丁の7.7 mmか12.7 mm SAFAT機関銃を装備した。後期には機首上面に2丁のプロペラ同調式12.7mm Breda SAFATと下翼にプロペラを避けて左右1丁ずつの7.7mm Breda SAFATを備えたものもある。

戦歴[編集]

フィアット CR.32 はテスト期間が終わると直ちにイタリア王国空軍から生産発注が行われ、1939年5月までに2型(bis)、3型(tris)、4型(quarter)合わせて1,052機が配備された。本機は操作性がよく、また機体構造も頑丈であったため、パイロットの評判は大変良かった。本機はスペイン内戦から第二次世界大戦にかけて使用されたが、新型機が配備された1942年以降は夜間対地攻撃任務へ回された。1933年には中華民国から16機が発注され、日本軍の侵攻に対して戦った。戦闘の初期には戦果も上げたが、1937年12月の南京陥落までに全機が失われた。

各型解説[編集]

  • CR.30: 12.7 mm または 7.7 mm 機銃 2挺、600 hp フィアット A.30 V型12気筒水冷エンジン装備
  • CR.32: 12.7 mm または 7.7 mm 機銃 2挺、600 hp フィアット A.30 RAbis エンジン装備。1934年3月から1936年2月にかけてイタリア空軍に配備。
  • CR.32bis: 近接支援型。12.7 mm または 7.7 mm 機銃 2挺のほか、爆弾架を持ち、100 kg までの爆装が可能。
  • CR.32ter: CR.32bis の改良型
  • CR.32quater: CR.32ter の改良型。無線を装備したほか、軽量化を図り高度 3,000 m で 356 km/h の速度を記録した。イタリア空軍向けに 337 機生産。
  • CR.33: 3 機のみ試作
  • CR.40: 1 機のみ試作。ブリストル・マーキュリー IV 星型エンジン装備
  • CR.40bis: 1 機のみ試作
  • CR.41: 1 機のみ試作
  • HA-132L: スペインのイスパノ・スイザで生産されたquater仕様の機体。練習機としては1953年まで使用された。

使用国[編集]

仕様(CR.32)[編集]

  • 乗員: 1 名
  • 全長: 7.47 m
  • 全幅: 9.5 m
  • 全高: 2.36 m
  • 翼面積: 22.1 m²
  • 空虚重量: 1,455 kg
  • 全備重量: 1,975 kg
  • エンジン: フィアット A30 RA-bis V12 600 hp × 1 基
  • 最大速度: 360 km/h
  • 航続距離: 781 km
  • 上昇限度: 8,800 m
  • 上昇力: 毎秒 9 m
  • 武装: ブレダ・SAFAT 7.7 mm × 2
  • 爆装: 最大 100 kg

関連項目[編集]

外部リンク[編集]