アメデーオ・ディ・サヴォイア=アオスタ (1898-1942)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメデーオ・ディ・サヴォイア=アオスタ
Amedeo di Savoia-Aosta
サヴォイア=アオスタ家
Amadeo Aosta3rd 01.jpg
アオスタ公アメデーオ(1930年)
称号 アオスタ公爵
全名 アメデーオ・ウンベルト・イザベッラ・ルイージ・フィリッポ・マリーア・ジュゼッペ・ジョヴァンニ・ディ・サヴォイア
身位 王族(イタリア王国
出生 1898年10月21日
イタリア王国の旗 イタリア王国ピエモンテ州トリノ
死去 1942年3月3日
イギリス領東アフリカ 英領ケニアナイロビ
配偶者 アンヌ・ド・ギーズ(オルレアン家
子女 マルゲリータ
マリーア・クリスティーナ
父親 エマヌエーレ・フィリベルト(アオスタ公爵)
母親 エレナ・ドルレアンス(オルレアン家)
テンプレートを表示

アメデーオ・ディ・サヴォイア=アオスタAmedeo di Savoia-Aosta)は、イタリア王家であるサヴォイア家の傍流サヴォイア=アオスタ家の当主で、第3代アオスタ公。

第2代アオスタ公エマヌエーレ・フィリベルトエレナ・ドルレアンスとの長男としてトリノに生まれる。1931年に父が亡くなるとアオスタ公となった。

イタリア王国第一次世界大戦への参戦時に、わずか16歳で(王の許可を得て)志願入隊し、単なる輝けるヴォローイレ隊の伍長から戦争の功績により中尉に昇格した。

1927年11月5日ナポリにて、オルレアン家当主ギーズ公ジャンの娘アンヌ(アンナ、1906年8月5日 Château de Nouvion-en-Thierache - 1986年8月5日ソレント)と結婚し、以下の子をもうけた。

1930年代にはトリエステのミラマーレ城に滞在し、ゴリツィアの第29砲兵連隊を指揮した。

第二次エチオピア戦争を経て1940年イタリア領東アフリカ帝国副王となるが、翌1941年にイタリア領東アフリカがイギリスに占領され捕虜になる。1942年タンガニーカにあるイギリス軍捕虜収容所内で結核マラリアを併発して死亡した。公爵位は弟のアイモーネに引き継がれた。

先代:
エマヌエーレ・フィリベルト
アオスタ公
1931年 - 1942年
次代:
アイモーネ