フェルディナンド・アルベルト・アメデーオ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェノヴァ公フェルディナンド

フェルディナンド・アルベルト・アメデーオ・ディ・サヴォイアFerdinando Maria Alberto Amedeo Filiberto Vincenzo di Savoia, 1822年11月15日 - 1855年2月10日)は、初代ジェノヴァ公

サルデーニャカルロ・アルベルトマリーア・テレーザ・ディ・トスカーナ(Maria Teresa di Toscana, トスカーナ大公フェルディナンド3世の娘)の次男としてフィレンツェに生まれる。1831年にジェノヴァ公となった。

1850年4月22日ドレスデンにて、ザクセン王ヨハンの娘エリーザベト1830年2月4日 - 1912年8月14日)と結婚し、以下の子をもうけた。

1848年革命のさなか、1848年7月10日に一時シチリア王に選ばれたが、戴冠は辞退した。

1855年にトリノで死去。長男のトンマーゾ・アルベルト・ヴィットーリオが後を継いだ。

先代:
ジェノヴァ公
1831年 - 1855年
次代:
トンマーゾ・アルベルト・ヴィットーリオ