エリザベッタ・ディ・サッソニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン王女エリーザベト(エリザベッタ)

エリザベッタ・ディ・サッソニアイタリア語Elisabetta di Sassonia, 1830年2月4日 - 1912年8月14日)は、ジェノヴァ公フェルディナンド(のちのイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の弟)の妃。

ザクセンヨハンとその妃でバイエルンマクシミリアン1世の娘であるアマーリエ・アウグステとの間にドレスデンで生まれた。ドイツ名はエリーザベト・フォン・ザクセンドイツ語: Maria Elisabeth Maximiliana Ludovika Amalie Franziska Sophia Leopoldine Anna Baptista Xaveria Nepomucena von Sachsen)。

1850年4月、フェルディナンドと結婚し、2子を得た。

1855年2月10日、夫フェルディナンドがトリノで急死し、エリザベッタはわずか25歳で寡婦となった。1856年10月、エリザベッタはラパッロ侯ニッコロと再婚するが、子供はなかった。