マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルゲリータ
Margherita
サヴォイア=ジェノヴァ家
Queen Margharitha di Savoia.jpg
称号 イタリア王妃
全名 Margherita Maria Teresa Giovanna
マルゲリータ・マリーア・テレーザ・ジョヴァンナ
出生 1851年11月20日
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国トリノトリノ王宮、パラッツォ・キアブレーゼ
死去 1926年1月4日(満74歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国ボルディゲーラ
埋葬 イタリア王国の旗 イタリア王国ローマパンテオン
配偶者 ウンベルト1世
子女 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
父親 フェルディナンド・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ
母親 エリザベッタ・ディ・サッソニア
テンプレートを表示

マルゲリータ・マリーア・テレーザ・ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァイタリア語: Margherita Maria Teresa Giovanna di Savoia-Genova,1851年11月20日 - 1926年1月4日)は、イタリア王ウンベルト1世の妃。

生涯[編集]

サルデーニャ王カルロ・アルベルトの次男でジェノヴァ公爵家の初代当主であるフェルディナンドと、その妃でザクセン王ヨハンの娘であるエリーザベトの間の長女として、トリノに生まれた。弟に第2代ジェノヴァ公トンマーゾがいる。

1868年4月21日に従兄のウンベルトと結婚し、翌1869年に一人息子のナポリ公ヴィットーリオ・エマヌエーレ、後のイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世が誕生した。1878年に夫が王位に就くと王妃となるが、ウンベルト1世は1900年に無政府主義者のガエタノ・ブレーシによって暗殺された。

1926年にボルディゲーラリグーリア州インペリア県)で死去。芸術の発展や奉仕活動に尽くし広く国民から敬愛された王妃の名は、庶民の食を代表するピザの種類の一つである「マルゲリータ」に残されている。

関連項目[編集]