マリア・テレーザ・ダズブルゴ=トスカーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルデーニャ王妃マリア・テレーザ

マリア・テレーザ・ダズブルゴ=トスカーナイタリア語:Maria Teresa d'Asburgo-Toscana1801年3月21日 - 1855年1月12日)は、サルデーニャカルロ・アルベルトの妃。

トスカーナ大公フェルディナンド3世と妃ルイーザ・マリアの三女として、ウィーンで生まれた。当時、父フェルディナンド3世はナポレオン・ボナパルトに国を占領され亡命の身であった。

1817年、フィレンツェでカルロ・アルベルトと結婚。3子をもうけた。

1849年に夫と死別後、公の場に姿を現すことはなく、1851年には故国トスカーナへ戻った。1855年に死去し、トリノスペルガ聖堂へ埋葬された。