マルゲリータ・ディ・サヴォイア=アオスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルゲリータ・ディ・サヴォイア=アオスタMargherita di Savoia-Aosta, 1930年4月7日 ナポリ - )は、イタリアの王族、アオスタ公爵家の公女。国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の曾孫。全名はマルゲリータ・イザベッラ・マリーア・ヴィットーリア・エマヌエーラ・エレナ・ジェンナーラ(Margherita Isabella Maria Vittoria Emanuela Elena Gennara di Savoia-Aosta)。

第3代アオスタ公アメデーオとその妻アンヌ・ドルレアンの間の2人の娘のうちの長女として生まれた。母方の祖父はオルレアニストのフランス王位請求者ギーズ公ジャンである。

1953年12月29日にフランスのアン県ブール=ガン=ブレスにおいて、最後のオーストリア皇帝カール1世の次男ローベルト大公と結婚した。ローベルトはオーストリア=エステ家の家長とされており、名目上のモデナ公爵であった。結婚式には元イタリア王ウンベルト2世、ローベルトの兄のオーストリア元皇太子オットーが出席した。夫妻はローベルトが銀行員として務めるパリで暮らした。

子女[編集]

ローベルトとの間に5人の子女をもうけた。

  • マリア・ベアトリーツェ(1954年 - ) 1980年、アルコ=ツィンネベルク伯爵アリプラント(バイエルン王ルートヴィヒ3世の曾孫)と結婚
  • ローレンツ(1955年 - ) 1984年にベルギー王女アストリッドと結婚、ベルギー王子(1995年 - )、オーストリア=エステ家家長(1996年 - )
  • ゲルハルト(1957年 - )
  • マルティン(1959年 - ) 2005年、イーゼンブルク侯女カタリーナと結婚
  • イザベラ(1963年 - ) 1999年、チャルノツキ=ルケスキ伯爵アンドレアと結婚