カプロニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カプロニCaproni)、あるいは、カプローニは、イタリアに存在した航空機自動車オートバイメーカー。

概要[編集]

航空機メーカーとしては、1911年にイタリアで初めて実用航空機を製造した。胴体全体がダクテッドファンとも言えるカプロニ・スティパや、イタリア初のモータージェットエンジン機となるカプロニ・カンピニ N.1三翼機ながら全9枚の主翼を持ち、わずか18メートルの浮揚後墜落した無尾翼飛行艇カプロニ Ca.60など、非常にユニークな航空機を輩出した事で知られる。

1908年、創業者、ジャンニ・カプローニ伯爵(Giovanni Battista "Gianni" Caproni)が航空機会社として起業。航空機産業黎明期にあって、結果失敗に終わったが、まず双発複葉機カプロニ Ca.1(1910年)を開発、航空機メーカーとして研究・開発を続けた。

第一次世界大戦が勃発すると、アメリカイギリスフランス等の連合国の需要に応え、爆撃機輸送機の生産で躍進。1930年頃には、自動車船舶エンジンの生産など事業の多角化に成功し、イタリア有数の企業に発展した。これに併せ、ソチェタ・イタリアーナ・カプロニ (Società Italiana Caproni, Milano) へと社名を変えた。また、小企業の買収も行った。

わずかな戦間期をはさみ、第二次世界大戦時には、イタリア軍枢軸国向けの中型・大型機の生産を行ったが、この頃になるとカプロニ社の中核となる航空機部門は、フィアットマッキなどの国内他社と比較しても、すでに時代遅れの感は否めずに競争力を欠き、戦後には劇的に進歩した航空機業界の中で販路を失い1950年消滅した。

戦後しばらく、カプロニグループのカプロニ・ヴィッゾーラ(Caproni Vizzola)が、カプリオーロ(鹿の意)等のオートバイの開発・製造などを行っていたが、1983年に同国の航空機メーカーであるアグスタに吸収された。

航空機[編集]

第一次世界大戦[編集]

戦間期[編集]

第二次世界大戦[編集]