アエルマッキ MB-339

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アエルマッキ MB-339

ペルー空軍のMB-339AP

ペルー空軍のMB-339AP

アエルマッキ MB-339(Aermacchi MB-339)はイタリアのアレーニア・アエルマッキ社が開発した高等練習機および軽攻撃機アエルマッキ MB-326の後継機として、イタリア空軍のほか、各国が採用した。

概要[編集]

MB-339は、MB-326の後期型より機体構成の多くが受け継がれ、アビオニクス及び前部胴体を除き変更点は少ない。前部胴体については、練習生であるパイロットの頭上から可視性を得るため、インストラクターの座席位置を高く配置し直されている。MB-326と同様、主翼下6箇所のハードポイントに武装を搭載することが可能である。

初飛行は1976年8月12日に行っており、イタリア空軍への引渡しは1979年より開始された[1]。MB-326と同様に、コックピットを単座化し固定機関砲を搭載した攻撃機型MB-339KベルトロIIも開発されたが、諸外国の関心を得られず試作のみに終わっている。2000年以降も依然として生産が続けられ、2004年にはコクピットを近代化した改良型も開発された。生産機数は200機を超えており、約半分がイタリア空軍へ納入された。

ロッキード社と提携しTバードIIとしてアメリカ軍のJPATS(統合基礎練習機システム)選定にも売り込んだが、T-6 テキサンIIに敗北している。

派生型[編集]

MB-339PAN
MB-339CD
  • MB-339X:試作機。
  • MB-339A:イタリア空軍向け量産機。
  • MB-339KベルトロII:1980年代に開発された単座対地攻撃機。試作のみ。
  • MB-339B:攻撃強化型練習機。試作のみ。
  • MB-339C:エンジンを換装し、航法・攻撃システムをアップグレードした改良型。
  • MB-339CD:フライト・コントロール・システムおよび計器の近代化型。
    • MB-339FD:MB-339CDの輸出向け。
    • MB-339CD2:新型の無線機や模擬電子戦装置、暗視ゴーグル対応コックピットを採用した発展型。
  • MB-339 TバードII (ロッキード TバードII):アメリカ軍のJPATS(統合基礎練習機システム)向けに改良を施した型。不採用。

採用国[編集]

仕様 (MB-339A)[編集]

アエルマッキ MB-339Aの三面図

出典: Jane's All The World's Aircraft 1980-81 [2]

諸元

性能

  • 最大速度: 896 km/h (560 mph)
  • 航続距離: 1,760 km (1,100 mi)
  • 実用上昇限度: 14,600 m (47,900 ft)

武装

お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

参考文献[編集]

  • Taylor, John W.R. (ed.) Jane's All The World's Aircraft 1980-81. London: Jane's Publishing. ISBN 0-7106-0705-9.

脚注[編集]

  1. ^ Taylor 1980, p.119.
  2. ^ Taylor 1980, pp.119-120.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]