ジュリオ・ドゥーエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリオ・ドゥーエ
Giulio Douhet
Giulio Douhet.jpg
生誕 1869年5月30日
カンパニア州 カゼルタ
死没 1930年2月15日(満60歳没)
ローマ
所属組織 イタリア陸軍
軍歴 1888 - 1916
1918 - 1921
最終階級 陸軍少将
除隊後 軍事学者
テンプレートを表示

ジュリオ・ドゥーエ(Giulio Douhet、1869年5月30日 - 1930年2月15日)は、イタリア軍人軍事学者である。著書『制空』は、世界的な反響を呼び戦略爆撃の思想に多大な影響を与えた。


生涯[編集]

1869年5月30日、イタリア王国南部カゼルタで生まれた。民間の大学を卒業後、軍に入隊する。1888年砲兵科士官学校を卒業。陸軍大学校を卒業し、トリノ工科大学電気学を専攻して卒業する。この頃に軍用星型エンジンの研究、自動車化部隊の運用についての研究を行っている。

1900年、イタリア陸軍参謀本部に配属された。1909年、空軍力の運用についての論文を発表する。1911年9月に伊土戦争が起こる。1912年トリノ陸軍第一飛行大隊に臨時大隊長(飛行船部隊長)として転属しリビア爆撃に参加する。 戦後ドゥーエは爆撃専用機の必要性を説き、設計者と協力してイタリア初の三発式爆撃機の開発に成功した[1]

1914年第一次世界大戦が始まり、ドゥーエはミラノ師団参謀長に補任された。航空戦力の運用を巡り参謀本部と激しく対立し、1916年陸軍大臣に求められて意見上申するも軍法会議で戦争の指導と航空戦力の運用について政府を批判したとし一年の禁固刑に処せられ、予備役に編入される。1918年、ドゥーエの正当性が後の戦況から認められ、現役に復帰して名誉を回復する。陸軍航空局技術部長に就任したが、ドゥーエは権限の不備という職務上の不満から辞職する。1921年少将に昇進、航空委員に就任するが、数ヶ月で辞職した。

1921年航空戦力の本質を攻勢として空中からの決定的破壊攻撃を説いたドゥーエの『制空』が発刊され世界的反響を生んだ[2]。 またイタリアは都市部に極端に人口が集中していたため、戦略爆撃をされると一ヶ月でイタリア戦争の続行が不可能になると指摘した。

1926年以降、空軍次官の誘いで航空問題の啓蒙活動に携わった。1930年2月15日、ローマで死去する。

戦略思想[編集]

ドゥーエは全般的な軍隊の機械化、特に兵站などの戦闘支援部隊の機械化の必要性を第一次世界大戦が勃発する以前より主張していた。また航空戦力が将来戦においては非常に重要な戦力となることを見越し、独立空軍の創設を論じた。陸海軍でそれぞれ個別に運用されていた航空機もこの独立空軍の下で一元的に運用することや陸海軍に空軍が従属して作戦行動をするのではなく、空軍力の持つ戦略的攻撃の能力を十分に発揮するために独自に作戦行動することの必要性がその理由であった。ドゥーエにとって陸海軍の優勢は空軍のそれと比べて重要ではない。そのため将来の戦争の中心は全て制空権の確保にかかっているとし、独立空軍の必要性を唱えた。 ドゥーエの制空権獲得徹底第一主義は航空撃滅に終始して航空戦力を撃滅し、航空優勢の保持による地上作戦を想定していた[3]

ドゥーエの構想は空軍で攻撃を行い、地上で防御を行うというものであった。本来防勢的地上作戦成果より攻勢を本質とする航空戦力により空中から敏速に決定的な破壊攻撃を連続し、敵の物、心の両面の資源破壊により勝利すべきと主張した[4]。これからの戦争は兵士、民間人に区別はない総力戦であり、空爆で民衆にパニックを起こせば自己保存の本能に突き動かされ戦争の終結を要求するようになるという。テロ効果を強調して無差別爆撃論を提唱した。「最小限の基盤である民間人に決定的な攻撃が向けられ戦争は長続きしない」「長期的に見れば流血が少なくするのでこのような未来戦ははるかに人道的だ」という。ドゥーエは人口密集地の住民への攻撃手段として高性能爆弾、焼夷弾、毒ガス弾の例をあげている[5]

ドゥーエやウィリアム・ミッチェルに代表される制空獲得、政戦略的要地攻撃を重視するには戦略爆撃部隊の保持が好ましく、1930年代には技術的にも可能となり、列強は分科比率で爆撃機を重視するようになった。[6]。 しかし彼の考え方は爆撃機万能論にも繋がり、雷撃機戦闘機を軽視してしまったため、第二次世界大戦時には世界で最も大規模な空軍をイタリア王国が所有していたにも拘らず殲滅された。この戦略爆撃については技術的な問題があり、また核戦略研究者のバーナード・ブロディはドゥーエの戦略爆撃理論に科学的裏づけが不足している点を指摘しているように、その軍事学的な批判もある。

出典[編集]

  1. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書11頁
  2. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで233頁
  3. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで 553頁
  4. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで59、233頁
  5. ^ 荒井信一『空爆の歴史―終わらない大量虐殺』岩波新書9-10頁
  6. ^ 戦史叢書52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで373頁

参考文献[編集]

  • 前原透監修、片岡徹也編 『戦略思想家辞典』 芙蓉書房出版、315項 - 320項。
  • 栗栖弘臣 『安全保障概論』 ブックビジネスアソシエイツ社、1997年、293項 - 287項。

関連項目[編集]