OH-6 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

OH-6 カイユース

アメリカ陸軍のOH-6A

アメリカ陸軍のOH-6A

OH-6は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ヒューズ・ヘリコプターズ社が開発した小型ヘリコプターアメリカ軍における愛称は「カイユース」(Cayuse:アメリカ先住民カイユース族から」)機体形状から「フライングエッグ(空飛ぶ卵)」の別名でも呼ばれている。

概要[編集]

1960年アメリカ陸軍では、L-19 バードドッグベル47などの観測機の後継機となる軽観測ヘリコプター(LOH)計画の提案要求を各航空機メーカーに提示した。LOHの要求性能は、アリソン製T63-A-5ターボシャフトエンジンの搭載、ペイロード180kg以上、最大速度103kt以上、航続時間3時間以上、4人乗りとされ、機体のサイズもローター直径10.72m、全長10.6m、全高2.87m以内に収め、C-130 ハーキュリーズ輸送機に4機が搭載出来ることなどであった。

YOH-6A

LOH計画は、10年間で約3,600機が調達される予定であったため、アメリカ国内の航空機メーカー12社が応募し、設計案は22案に上った。このうち、ベル社、ヒラー社、ヒューズ社が最終選考まで進み、1961年5月19日に3社の試作機製造が承認された。試作機は各社5機ずつ製作され、ベルYOH-4A(後のモデル 206)、ヒラーYOH-5A(後のFH-1100)、ヒューズYOH-6Aの名称が与えられて比較評価試験へと移行した。試験は1年間にわたって行われ、1965年5月26日にYOH-6Aが飛行性能の良さと機体価格の安さから採用が決定され、OH-6 カイユースの名称で1,200機が発注された。生産は1965年から開始され、最初の月の生産数は70機に達した。

OH-6は、1966年9月からアメリカ陸軍への引き渡しが開始され、1967年12月にはベトナム戦争に投入されている。OH-6は高い機動性を活かして観測や索敵に活躍し、AH-1G コブラ攻撃ヘリコプター2機とOH-6A 2機が1チームとなったサーチ・アンド・デストロイは高い成果を上げた。しかし、OH-6の生産スケジュールは当初予定より遅れ、追加発注分の機体価格が高騰したため、1,434機で調達は終了となり、1970年8月に量産最終号機が納入された。なお、OH-6の調達中止に伴い、1967年秋に第2次LOH選定が行われ、ベル社のOH-58 カイオワが採用されている。

なお、ヒューズ社は後にマクドネル・ダグラス社と合併し、同社はOH-6を民間向けモデルMD 500として販売し、この名称でも知られている。

機体構成[編集]

OH-6は、小型軽量で高い整備性と卓越した飛行性能、優れた信頼性と安全性を備えており、特に小型軽量化ではメインローター直径が要求値の10.72m以下に対して8.03m、全長も要求値の12.6m以下に対して9.24mと、大きく下回るものであった。また、最大離陸重量も要求値の1,110kg以下に対して955kgと、約85パーセントに抑えることに成功している。これらにより、運動性能の向上、ペイロードの増加、低い被発見率、低被弾性、空輸の簡素化を実現している。

OH-6は、胴体が独特な卵型をしており、胴体構造はトラス構造のA型フレームキールがメイン・フレームとなっている。メインローターは4枚ブレードで、ハブに簡単なピンで取り付けられており、容易に折り畳むことができる。ローターブレードはアルミニウムスパーに1枚のアルミニウム外板を接着した構造で、翼型はNACA0015、捻り下げは7度58分。また、各ローターブレードにはトリムタブが付けられ、ローター・ハブはフレキシブルな15枚のステンレススチール製の板バネを重ね、十文字形に交差させたものをベースとし、この弾性と変形をうまく活かして従来のフラップ・ヒンジとフェザリング・ヒンジを代用するという独特なシステムを採用している。このローター・ハブの機構は、これまでの関節式のものに比べ、整備が単純化され、重量も軽減された上に操縦の応答特性も著しく改善されたという。テイルローターは2枚ブレードで、鋼管スパーにグラスファイバーの外皮を接着した構造となっている。テイル・ブームは細い円錐形のもので、後端にテイルローターほか、上・下の垂直安定板と右舷には30度の上半角を付けた水平安定板が装備され、高速飛行時の縦・横の安定性を高めている。なお、初期型OH-6Aは尾翼がV字型をしていたが、横風安定が良くなかったため、OH-6Dでは横風安定性を高める為にT字型に改良された。

エンジンは、アリソン製T63-A-5Aターボシャフト・エンジンを胴体後部に47度斜め上向きの角度で搭載され、出力はトランスミッションの吸収出力に合わせて188kWに減格されている。エンジン排気は胴体後方に排出し、これによって胴体後部の気流を整えるとともに、わずかにではあるが前進力を得ている。

降着装置スキッド式で、窒素式オレオ緩衝装置を組み込んで着陸時の衝撃を軽減し、スキッドや胴体下部の必要強度を低下させ、重量の軽減を図っている。

OH-6は基本的に非武装であるが、アメリカ陸軍第160特殊作戦航空連隊で運用しているAH-6 リトルバードでは、胴体両側面にハードポイントが各1ヵ所ずつ増設されてM134ミニガンハイドラ70ロケット弾ポッドTOW対戦車ミサイルなどの装備が可能になっている。

また、イスラエル国防軍では、民間用MD 500にTOW対戦車ミサイルやローター上観測カメラなどを追加して、偵察や対戦車戦闘に使用している。

台湾海軍では、保有するギアリング級駆逐艦ノックス級フリゲートのヘリ格納庫にS-70が収まらず、SH-2の台湾への輸出をアメリカ議会が認めなかったため、MD500に捜索レーダーやMADMk46魚雷を搭載したMD500/ASWを艦載対潜ヘリコプターとして用いている。

採用国[編集]


日本での採用[編集]

陸上自衛隊第5対戦車ヘリコプター隊本部付隊のOH-6D

川崎重工業がOH-6Aの日本向けOH-6Jライセンス生産し、1969年(昭和44年)から1979年(昭和54年)まで陸上自衛隊観測機として117機、海上自衛隊が教育用に3機を導入し海上保安庁でも採用した他、民間機としても販売した。同年からはOH-6Dに切り替えられ、1997年(平成9年)の生産終了までに陸自に193機、海自に14機を納入し、海保、民間用なども生産した。川崎での延べ生産数は387機に上る。陸自向けのD型は生産途中から、暗視ゴーグル対応操縦席、赤外線監視装置、赤外線照射装置が追加されている。

陸自では1997年(平成9年)から後継の観測機である川崎OH-1の調達が進められたが、各対戦車ヘリコプター隊への配備にとどまったことから、今後もOH-6Dの運用が続けられる見込みである。また、陸自のヘリ操縦士教育に使用されたTH-55Jが退役した後は、専らOH-6Dが使用されており、後継練習機TH-480[1]が揃うまでは教育用に使用され続ける予定である。なお、2002年(平成14年)には大分県玖珠町上空で2機の陸自OH-6Dが訓練中に衝突、2機ともに墜落して乗員4名が全員死亡する事故が起きた。

2013年(平成25年)3月末時点での陸自の保有機数は84機である[2]

海上自衛隊では、川崎での生産終了後、OH-6Dの機体数が足りないことから、アメリカからMD 500Eを5機輸入し、OH-6DAとして教育に使用していた。また、中期防衛力整備計画(平成17年度~平成21年度)でOH-6D/DAの後継機(次期回転翼練習機:TH-X)の機種選定が、アグスタ・ウェストランド A109Eユーロコプター EC 135との総合評価落札方式で行われ、2009年1月ユーロコプター EC135T2+に決定した。2011年6月に第211教育航空隊(鹿屋航空基地)所属の教育用小型練習機が退役したことにより、海自における運用は終了した[3]

なお、かつてアメリカ海軍のMASH(Manned Anti-Submarine Helicopter)計画にあわせて、海自でもOH-6Jの艦載化が検討されていたが、後にアメリカ海軍がMASHを断念してLAMPSLight Airborne Multi-Purpose System)計画に移行したことを受けて、この計画も放棄されている[4]

北朝鮮の密輸入[編集]

朝鮮人民軍でも同機は運用されている。1988年に、第三者であるダミー商社を用いて西ドイツから200機余りのMD 500を大量に密輸入したものである。これらの機体は実戦にて韓国軍が運用している同型機そっくりの塗装を施し、韓国領へ乗り込むために保有していると見られる。アメリカからの部品調達は困難であり部品取りをしながら限定数を運用していると見られる。なお、朝鮮人民軍のアメリカ製の航空機は同機以外では(鹵獲などイレギュラーを除いて)存在しない。

派生型[編集]

OH-6A
量産型。
OH-6A ノーター
ノーターシステム搭載型。
OH-6B
エンジン換装型。
OH-6C
エンジン換装提案型。
OH-6J
川崎重工業でのライセンス生産型。
OH-6D
陸上自衛隊向け観測機型。海上自衛隊向け練習機型(2011年6月運用終了)。
OH-6DA
MD 500Eベースの海上自衛隊向け練習機型。
TH-6B
アメリカ海軍向け練習機型。
EH-6B
特殊部隊向け電子戦機型。
EH-6E
特殊部隊向け電子戦機型。
MH-6B
特殊部隊向け生産型。
MH-6C
特殊部隊向け生産型。
MH-6E
特殊部隊向け軽攻撃輸送機型。
MH-6H
特殊部隊向け生産型。
AH-6C
OH-6Aの武装型。
AH-6F
特殊部隊向け武装型。
AH-6G
特殊部隊向け武装型。
AH/MH-6J
MD 530MGベースの特殊部隊向け軽攻撃輸送機型。
AH-MH-6M MELB
AH/MH-6Mの能力向上改修型。
AH/MH-6X
AH-MH-6MのUAV型。
MD 500
民間型。

性能・主要諸元[編集]

OH-6A-Cayuse-schema.png
OH-6D
  • 主回転翼直径:8.05m
  • 主回転翼枚数:5枚
  • 胴体全長:7.23m
  • 全長:9.24m
  • 全高:2.73m
  • 空虚重量:538kg
  • 最大離陸重量:1,200kg
  • エンジン:アリソン 250C20B ターボシャフト
  • 全装備重量:1,361kg
  • 超過禁止速度:281km/h
  • 巡航速度:239km/h(MD 500は254km/h、他は同じ)
  • 実用上昇限度:4,450m
  • 航続距離:361nm
  • 乗員:1名(乗客3名)

登場作品[編集]

実写作品
ダニエルズ大佐とサルト少佐が脱出と移動に用いた。劇中ではその高速性と小ささで、ハイウェイ走行中のトラックの上を飛行してAWACSを欺いている。
敵側の戦闘ヘリとして登場。スタブウイングガンポッド及び2.75インチロケット弾ポッドを1個ずつ、機首部に照準装置を搭載。
フロートを付けた国連科学委員会所属機が宇宙港や怪獣ランド間の連絡に用いられている。
渡良瀬が名崎送信所への移動に使用。
敵役などでしばしば登場。
1973年版に登場。避難民を乗せた漁船群に不法入国になることと津波を警告した。
コクラン大佐の乗機として登場。
通常の観測や移動以外にも、劇中では海上自衛隊護衛艦をロケット弾などで支援する。
ロケット弾の着弾観測の為に、防衛隊所属機が登場。
漫画
科学攻撃隊SAMONが要人輸送に使用。ただし、テールの形状などが実機と異なる。
厚生省衛生二課(ハウンド)が使用。
自衛隊情報部がOH-6の派生形であるMD-520Nを使用。非武装だが、主に観測や輸送などを行う。通称「ブラックビートル」。
小説
MM9
北宇都宮駐屯地小牧基地所属機が、気特対(気象庁特異生物対策部)の支援に使用されている。
ゲーム
拡張パック、Operation Arrowheadに登場。通常の輸送ヘリとして使用できるほかに、UAVとして遠隔操作し目標にレーザーを照射することでヘルファイアを誘導することができる。
ゲーム内の通称は「豆ヘリ」。機動力、攻撃力は高いが装甲は薄い。
SEGAが過去に発売していたフライトシミュレーターの金字塔。
アメリカ軍攻撃ヘリとして登場し、主人公の指揮下に加わる。

出典[編集]

  1. ^ http://www.aero.co.jp/news/news47.html
  2. ^ 平成25年度防衛白書 資料13 主要航空機の保有数・性能諸元
  3. ^ さらば「OH6D」、最終号機除籍
  4. ^ “World News - Defence”. Flight International (Reed Business Information Ltd): 400. (1973-09-06). http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1973/1973%20-%202309.html. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]