UH-1N ツインヒューイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UH-1N ツインヒューイ

A UH-1N Huey helicopter from Marine Medium Tiltrotor Squadron (VMM) 261

A UH-1N Huey helicopter from Marine Medium Tiltrotor Squadron (VMM) 261

UH-1N ツインヒューイ(UH-1N Twin Huey)は、1969年4月に初飛行した中型軍用ヘリコプターである[1]。米ベル社製の本機は、1名のパイロットと14名の乗客分を合わせた15席配置があり、乗客に代わって貨物を搭載する場合では 6.23m³(220立方フィート)の収容能力がある。機外吊下げ(スリング)だけでは 2,268kg(5,000ポンド)が輸送できる。CUH-1N ツインヒューイが原型で、CH-135 ツインヒューイとしてカナダ軍から最初に発注された。

発展[編集]

CH-135 ツインヒューイ

ベル 205の胴体を引き延ばし、エンジンをツインパック方式に強化したベル 212は、元々はカナダ軍向けに開発され、CUH-1N ツインヒューイの名前が与えられていた[2]。後にカナダ軍は、新しい命名体系を採用したため、本機はCH-135 ツインヒューイという新たな名前が与えられた。カナダ軍は1968年5月1日に開発を承認した[1]。50機を購入し、1971年5月に引き渡しが始まった[3]

アメリカ陸軍も自軍向けにツインヒューイの購入を計画していたが、下院軍事委員会議長、L・メンデル・リバーズによって反対されたため、取得が危ぶまれる事態となった。リバーズは、ツインヒューイのエンジン プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6Tがカナダ製であることから否定的な立場をとった。カナダ政府は、アメリカ軍兵役逃れを受け入れていた様にアメリカベトナム戦争への関与を支持しておらず、東南アジアに対するアメリカ政府の方針に反対していた。また、リバーズは、エンジンの取得がカナダとの貿易赤字になることも問題視した。議会は、PT6Tの代替にT400エンジンの獲得を確定した場合のみツインヒューイの購入を許可した。その結果、294機のベル 212が発注され、1970年に引き渡しが始まった[3]

アメリカ軍は、カナダ軍と異なりUH-1の公式名称であるイロコイ(Iroquois)をUH-1Nでも採用したが、アメリカ軍の将兵達は、UN-1Nをヒューイ(Huey)または、ツインヒューイ(Twin Huey)と呼んだ[4]

ベル 412は、ベル 212から更に発展したヘリコプターである。大きな相違は、メインローターのブレードを複合材製の4翅にしたことである[3]

駆動・回転翼系統[編集]

アメリカ海軍 HH-1N コックピット

2基のプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6 ターボシャフトエンジンの2本のタービン出力は、PT6T-3/T400 ターボツインパックによって1本のローターシャフトへまとめて出力され、UH-1Nのメインローターを駆動する。それらは最高1,342kW(1,800shp)を生み出す。たとえ片方のエンジンが停止しても、残されたエンジンが30分間なら671kW(900shp)の力を、最大荷重下での巡航継続が求められる状況なら571kW(765shp)の力を発揮できる[3]

アメリカ海兵隊(USMC)は保有する多数のUH-1Nに対して、飛行中の安定性を保つためにローターヘッドにサーボ入力を与える安定制御増大システム(Stability Control Augmentation System)を加える改修を施した。この近代化改修では、コンピュータ・システムが安定性を保つことで、メインローターヘッド頂部でジャイロとして働いていたスタビライザーバー(Stabilization Bar)を取り外すことになった。

運用史[編集]

戦歴[編集]

アメリカ海兵隊のUH-1Nは2003年のイラク侵攻の間、海兵隊によって運用された。UH-1Nは、地上の海兵隊部隊のために偵察と通信サポートを行なった。それらはナーシリーヤでの激しい戦いでは、近接航空支援(CAS)も求められた[5]

記録的なスカイダイビング[編集]

1972年3月6日アメリカ海軍第6南極開発隊(VXE-6)のハインドリック V. ゴリック(Hendrick V. Gorick)は、UH-1Nで20,500フィート(6,248m)の高度からジャンプした。これは南極大陸におけるパラシュートのスカイダイビングの記録を作った[要出典]

展示機[編集]

  • エア・モビリティ・コマンド・ミュージアム、ドーバーAFB、DE
  • カナダ航空博物館、オタワ、オンタリオ[6]

派生型[編集]

アメリカ[編集]

UH-1N イロコイ
最初に生産されたモデル。アメリカ空軍アメリカ海軍アメリカ海兵隊が運用。長年にわたって運用するアメリカ海兵隊はアビオニクスの改善、防御装置、FLIRなど、いくつかのアップグレード機を開発した。
VH-1N
要人輸送モデル[1]
HH-1N
捜索救難モデル[1]
UH-1Y ヴェノム
基本的にアメリカ海兵隊には大型で過重のUH-1Nを交替及びアップグレードするため、AH-1W スーパーコブラからAH-1Z ヴァイパーへのアップグレードと共通コンポーネントを使用する類似した設計がなされた。

カナダ[編集]

1989年エジプトの多国籍監視軍へ参加したカナダの CH-135 ツインヒューイ
CH-135 ツインヒューイ
カナダは、50機のCH-135を1971年に始まった引渡しで受領した。1996年カナダ軍から退役が始まり、1999年12月には定数を削減された。そのうちの41機は1999年12月に米国政府が獲得し、コロンビア軍とコロンビア警察へ引き渡された[1][3][7]
CUH-1N ツインヒューイ
当初のUH-1N汎用輸送ヘリコプターのためのカナダ軍指定名[1][3]

イタリア[編集]

ギリシャ海軍のアグスタ・ベル AB 212 ASW機
アグスタ・ベル AB 212
民間および軍事の汎用輸送型。イタリアアグスタによるライセンス生産
アグスタ・ベル AB 212EW
トルコに発注された電子戦型。
アグスタ・ベル AB 212ASW
アグスタの対潜水艦型および対艦型AB 212。イタリア海軍ギリシャ海軍イラン海軍ペルー海軍スペイン海軍トルコ海軍ベネズエラ海軍によって運用される[3]
AB 212ASWには、コックピット上に突起したドーム形のレドームがある。後のモデルでは平らなドラム・レドームに変わった。機体左側のウインチは、ベンディクス ASQ-18 ソナーを投入するためにも使用される。他にもECM、着艦時の固定機器アタッチメント、腐食保護などの追加による総重量5,080kg(11,197lb)のための構造強化を含む。武装は対潜水艦のため2つの爆雷か対艦のためMk 44またはMk 46魚雷2本と4発のAS.12空対地有線誘導ミサイルを装備できる[8][9]

運用者[編集]

オーストリアのベル 212
イタリア空軍のAB 212
フィリピン陸軍のベル 212
アメリカ空軍のUH-1N
アンゴラの旗 アンゴラ
アンゴラ空軍がベル 212を運用した
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
アルゼンチン空軍が1978年からベル 212を運用した
アルゼンチン陸軍が1976年からベル 212を運用した
オーストリアの旗 オーストリア
オーストリア空軍が1980年からベル 212とAB 212を運用した
バングラデシュの旗 バングラデシュ
バングラデシュ空軍がベル 212を運用した
バーレーンの旗 バーレーン
バーレーン空軍がAB 212を運用した
ボリビアの旗 ボリビア
ボリビア空軍がベル 212を運用した
ブルネイの旗 ブルネイ
ブルネイ空軍がベル 212を運用した
カナダの旗 カナダ
カナダ軍1972年-1998年までCH-135を運用した
第403機種転換隊(403 Helicopter Squadron)[10]
第408戦術ヘリコプター隊(408 Tactical Helicopter Squadron)[11]
第422戦術ヘリコプター隊(422 Tactical Helicopter Squadron)1980年8月16日解散[10]
第424輸送救難隊(424 Transport & Rescue Squadron)[12]
第427戦術ヘリコプター隊(427 Tactical Helicopter Squadron)[13]
第430戦術ヘリコプター隊(430 Tactical Helicopter Squadron)[14]
第444戦闘支援隊(444 Combat Support Squadron)[15]
第32海軍多用途隊(Utility Squadron VU 32)[16]
航空宇宙工学試験機関(Aerospace Engineering Test Establishment)[17]
コールドレイク基地隊(Base Flight Cold Lake)[18]
グースベイ基地救難(Base Rescue Goose Bay)[15]
多国籍監視軍(Multinational Force and Observers), 1986-1990[19]
カナダ沿岸警備隊がベル 212を運用した
コロンビアの旗 コロンビア
コロンビア空軍がAB 212を運用した
コロンビア陸軍がUH-1NとCH-135を運用した[7]
コロンビア海軍がベル 212を運用した
コロンビア警察がベル 212とCH-135を運用した[7]
クロアチアの旗 クロアチア
特殊部隊がAB 212を運用した
クロアチア警察がAB 212を運用した
エクアドルの旗 エクアドル
エクアドル空軍がベル 212を運用した[20]
ドイツの旗 ドイツ
ドイツ警察がベル 212を運用した
ギリシャの旗 ギリシャ
ギリシャ空軍がAB 212を運用した
ギリシャ陸軍がAB 212を運用した
ギリシャ海軍がAB 212ASW/EWを運用した
グアテマラの旗 グアテマラ
グアテマラ空軍がベル 212を運用した
ガイアナの旗 ガイアナ
ガイアナ軍が1975年から1990年までベル 212を運用した
イランの旗 イラン
イラン空軍が1978年からAB 212を運用した
イラン海軍がAB 212ASWを運用した
イラクの旗 イラク
イラク海軍が1984年から2003年までAB 212ASWを運用した
イスラエルの旗 イスラエル
イスラエル空軍がベル 212を運用した
イタリアの旗 イタリア
イタリア空軍がAB 212を運用した
イタリア海軍がAB 212ASWを運用した
日本の旗 日本
海上保安庁がベル 212を運用した
レバノンの旗 レバノン
レバノン空軍がAB 212を運用した。現存する。
リビアの旗 リビア
リビア空軍がベル 212を運用した
マルタの旗 マルタ
マルタ軍がイタリアの援助を受け、AB 212を運用した
モロッコの旗 モロッコ
モロッコ空軍がベル 212を運用した
パナマの旗 パナマ
パナマ軍警察が運用
ペルーの旗 ペルー
ペルー海軍航空隊がAB 212ASWを運用した
フィリピンの旗 フィリピン
フィリピン空軍がベル 212を運用した
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
サウジアラビア空軍がAB 212を運用した
セルビアの旗 セルビア
セルビア警察が運用
シンガポールの旗 シンガポール
シンガポール空軍が1985年にスリランカへ売却するまでベル 212を運用した
ソマリアの旗 ソマリア
ソマリア空軍がAB 212を運用した
韓国の旗 韓国
韓国空軍が1971年からベル 212を運用した
スペインの旗 スペイン
スペイン陸軍がAB 212を運用した
スペイン海軍航空部門がAB 212ASWを運用した
スリランカの旗 スリランカ
スリランカ空軍がベル 212を運用した
スーダンの旗 スーダン
スーダン空軍がAB 212を運用した
タイ王国の旗 タイ
タイ王国陸軍が運用
タイ王国海軍がベル 212を運用した
チュニジアの旗 チュニジア
チュニジア空軍がベル 212を運用した
トルコの旗 トルコ
トルコ陸軍がAB 212を運用した
トルコ海軍がAB 212ASWを運用した
ウガンダの旗 ウガンダ
ウガンダ軍がAB 212を運用した
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
イギリスの旗 イギリス
イギリス陸軍航空隊がベル 212を運用した
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アメリカ空軍が運用
アメリカ海兵隊が運用
アメリカ海軍が運用
ウルグアイの旗 ウルグアイ
ウルグアイ空軍がベル 212を運用した
イエメンの旗 イエメン
イエメン空軍がAB 212を運用した

仕様 (USMC 改修型 UH-1N)[編集]

MODEL
HH-1N のローターヘッド

出典:USMC UH-1N Fact Sheet[21], The International Directiory of Military Aircraft, 2002-2003[22] 諸元

  • 乗員:4名(操縦士副操縦士、チーフ、射手)
  • 定員:武装兵士6-8名または同等の貨物
  • 全長:12.69m(41ft 8in)
  • ローター直径:14.6m(48ft 0in)
  • 全高:4.4m(14ft 5in)
  • ローター回転面積:168.0m²(1,808ft²)
  • 空虚重量:2,721.5kg(6,000lb)
  • 運用時重量:4,762.7kg(10,500lb)
  • 実用搭載量:2,038.0kg(4,500lb)
  • 最大離陸重量:4,762.7kg(10,500lb)
  • 動力:プラット・アンド・ホイットニー・カナダ T400-CP-400 ターボシャフト, 各900shp(671kW), 計1,250shp×2

性能

  • 最大速度:220km/h(135mph, 120ノット)
  • 巡航速度:207.3km/h(126mph, 110ノット)
  • 航続距離:460km(286mi)
  • 実用上昇限度:5,273m(17,300ft)
  • 上昇率:8.9m/s(1,755ft/min)

武装

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Mutza, Wayne: UH-1 Huey in action, pages 31-33. Squadron/Signal Publications, Carrollton, Texas, 1986. ISBN 0-89747-179-2
  2. ^ Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2004年5月19日). “Bell CH-135 Twin Huey”. 2007年10月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Drendel, Lou: Huey, pages 14-17. Squadron/Signal Publications, Carrollton, Texas, 1983. ISBN 0-89747-145-8
  4. ^ Drendel, Lou: Huey, page 9. Squadron/Signal Publications, Carrollton, Texas, 1983. ISBN 0-89747-145-8
  5. ^ Stout, Jay A. Hammer from Above, Marine Air Combat Over Iraq. Ballantine Books, 2005. ISBN 978-0-89141-871-9.
  6. ^ Canada Aviation Museum (undated). “Bell CH-135 “Twin Huey””. 2008年12月13日閲覧。
  7. ^ a b c Walker, RWR (2006年6月). “Canadian Military Aircraft Serial Numbers Canadian Armed Forces CH-135 Twin Huey detailed list”. 2008年12月2日閲覧。
  8. ^ Green, William: Observers Aircraft, page 229. Frederick Warne Publishing, 1980. ISBN 0-7232-1604-5
  9. ^ Wood, Derek: Jane's World Aircraft Recognition Handbook, page 490. Jane's Publishing Company 1985. ISBN 0-7106-0343-6
  10. ^ a b Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2007年6月13日). “403 Squadron Activated as Operational Training Squadron”. 2007年10月23日閲覧。
  11. ^ Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2007年6月13日). “408 Tactical Helicopter Squadron (THS) History”. 2007年10月23日閲覧。
  12. ^ Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2006年5月30日). “424 Squadron History”. 2007年10月23日閲覧。
  13. ^ Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2007年6月13日). “History of 427 Special Operations Aviation Squadron”. 2007年10月23日閲覧。
  14. ^ Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2007年6月13日). “430 Squadron”. 2007年10月23日閲覧。
  15. ^ a b Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2007年6月15日). “444 Squadron History”. 2007年10月23日閲覧。
  16. ^ AEROWARE / RCAF.com (undated). “Utility Squadron VU 32”. 2007年10月24日閲覧。
  17. ^ Shaw, Robbie: Superbase 18 Cold Lake- Canada's Northern Guardians, page 86. Osprey Publishing, London, 1990. ISBN 0-85045-910-9
  18. ^ Air Force Public Affairs / Department of National Defence (2007年6月15日). “417 Combat Support Squadron - History”. 2007年10月23日閲覧。
  19. ^ 10 Tactical Air Group: Canadian Contingent Multinational Force and Observers Handbook (unclassified), page A-1. DND, Ottawa, 1986.
  20. ^ Ecuadorian military aviation OrBat
  21. ^ USMC UH-1N fact sheet, USMC. Retrieved 4 September 2008.
  22. ^ Frawley, Gerard: The International Directiory of Military Aircraft, page 33. Aerospace Publications Pty Ltd, 2002. ISBN 1-875671-55-2
  • Chant, Christopher, Fighting Helicopters of the 20th Century, Graham Beehag Books, Christchurch, Dorset, England (1996).
  • Debay, Yves, Combat Helicopters, France: Histoire & Collections (1996)
  • Eden, Paul. "Bell 212/412", Encyclopedia of Modern Military Aircraft. Amber Books, 2004. ISBN 1904687849.
  • Francillon, Rene, J. Vietnam: The War in the Air, New York: Arch Cape Press (1987)
  • Mesko, Jim, Airmobile: The Helicopter War in Vietnam. Squadron Signal Publications (1984).
  • Specifications for 204, 205 and 214 Huey Plus
  • Mutza, Wayne. UH-1 Huey in Colors. Carrolton, TX: Squadron Signal. ISBN 0-89747-279-9

外部リンク[編集]