ナーシリーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナーシリーヤirīyahアラビア語:الناصرية)はイラクの都市。バグダードの約360キロメートル南東のユーフラテス川のほとり、古代都市ウルの近くにある。ジーカール県の県都。人口は2003年に概算で560,200人。ナースィリーヤとも表記する。

人口の多くはシーア派イスラム教徒である。ナーシリーヤにある博物館はシュメールアッシリアバビロニアアッバース朝に関する大きなコレクションを有する。ウルラルサの遺跡が近くにある。

1870年ころにムンタフィク部族連合のシャイフ・ナースィル・サアダーン・パシャによって作られた。街の名は彼の名による。第一次世界大戦時にオスマン帝国の支配下だったナーシリーヤをイギリスが征服した。このとき、400人のイギリス兵およびインド兵は2000人以上のトルコ兵を殺した。

イラク共産党アッシリア人バスラ電気供給局員だったユースフ・サルマーン・ユースフ英語版らによって1930年代にナーシリーヤで結成された。1940年代、ナーシリーヤは君主制に対する反対派の中心地であった。1958年7月14日のアブドルカリーム・カーシムイラク革命に共産党に影響されていたナーシリーヤの学生組合、農民組織、労働者は大きく役立った。

湾岸戦争の時、アメリカ軍第101空挺師団がナーシリーヤの外側の主要な道路に進出し、イラクにおいて多国籍軍が進入した最も内側の地点になった。アメリカ軍撤退の後、ナーシリーヤのシーア派イスラム教徒はサッダーム・フセインの支配への反抗に参加する。

2003年にはイラク戦争における戦場となった。国際戦略研究所のフィリップ・ミッチェルはガーディアン紙でナーシリーヤの戦略上の重要性を指摘した。そしてアメリカ海兵隊とイラク軍との激しい戦いが3月23日から3月29日にかけて行われた。3月23日にはこの地でジェシカ・リンチを含む多数の兵士が捕虜となった。

その後11月には車爆弾によりイタリア兵17人がこの地で死亡した。