フェアチャイルド 24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1944 Fairchild Argus III

フェアチャイルド 24(Fairchild Model 24)は1930年代に開発されたアメリカ合衆国の軽輸送機である。4座席のパラソル翼の単葉機でアメリカ陸軍ではUC-61として採用され、イギリス空軍にもフェアチャイルド アーガスの名前で採用された。

概要[編集]

1930年代初めの大不況は航空会社からの旅客機の受注を激減させたので、フェアチャイルド社は個人顧客向けの信頼性が高く頑丈な小型の機体の開発を目論んだ。2座席のフェアチャイルド 22はある程度成功し、1932年に初飛行したフェアチャイルド 24は操縦性の良さと居住性で1930年代はじめに人気を集めることができた。ブレーキや開閉式のウインドウなど多くは自動車の部品が流用されていた。価格の安さと修理のしやすさ特徴であった。基本的な設計を変更せずに、1932年から1948年まで生産が続けられた。補助席の追加や、オプション部品の追加は行われた。ワーナー社とフェアチャイルド社製の、2つのメーカーの125hpから200hpまでの異なる出力の各種エンジンが装備して生産された。が装備されて、生産された。

特徴のひとつは整備の不十分な草地の飛行場で運行できるように油圧のダンパーを使った頑丈な主脚で、複雑な構造であったが大きな衝撃を吸収できた。さらにフロートをつけて水上機とすることもできた。

頑丈な構造は、50年以上経った後も飛行可能な機体があることで示されている。メリーランドの子会社、Kreider-Reisner Aircraftで1932年から1948年の間生産された。フェアチャイルドで1500機の民間型が生産され、戦後は、Texas Engineering & Manufacturing Company (TEMCO)が製造権を買い取り、280機を生産した。

運用歴[編集]

民間用はビジネスマンやハリウッドの俳優などに購入された。1936年にアメリカ海軍が研究用および機上訓練機としてGK-1 、JK-1の記号で採用した。陸軍が軽輸送機として採用し、沿岸警備隊もJ2-Kとして採用した。 市民航空警備隊も、多数のフェアチャイルドUC-61/24を運用し、何機かは第二次世界大戦の初期には、2発の100ポンド爆弾を搭載して東海岸の沖のドイツのUボートの警戒に使用された。UC-61はアメリカ海軍では、GK-1として、イギリス空軍では フェアチャイルド アーガスとして採用された。

1941年にアメリカ陸軍がC-61として163機の発注が行われたが、そのうち161機はレンド・リース法で海外に供与されることになった。この C-61を含む525機のフェアチャイルド 24はイギリスに送られ、アーガス Iとして使用され、性能向上型のアーガス IIとともに 航空輸送予備部隊(ATA:Air Transport Auxiliary)に配属され、工場から実線基地に航空機をフェリーするパイロットの輸送にもちられた。さらにエンジンを変更したアーガス IIIも生産された。

戦後は短距離の空輸をする小規模なチャーター航空会社向けや個人オーナー向けに販売された。フィンランドやイスラエル、カナダ、オーストラリアなどでも軍用に用いられた。

民間向け派生型[編集]

民間向け型式一覧[1]
製造年 Model 生産数 発動機 備考
1932 F-24 C8 95-hp American Cirrus 全備重量 1,600 lb, 巡航速度 90 mph. 価格 $3,360
1933 F-24 C8A 25 (includes C8) 125-hp Warner Scarab 全備重量 1,800 lb, 巡航速度 95 mph, 価格 $3,850
1933 F-24 C8B 2 Menasco 価格 $3,990
1934 F-24 C8C 125 Warner Super Scarab 全備重量 2,400 lb. 価格 $5,000
1935 F-24 C8D 10 145-hp Fairchild Ranger
1936 F-24 C8E 50 145-hp Warner Scarab 尾翼変更、 価格 $5,390
1936 F-24 C8F 40 145-hp Fairchild Ranger 価格 $5,390
1937 F-24 G 100 145-hp Warner Scarab 価格 $5,290
1937 F-24 H 25 150-hp Fairchild Ranger 価格 $5,590
1939 F-24 K 60 145-hp Fairchild Ranger 寸法拡大、 巡航速度 125 mph. 価格 $6,500
1939 F-24 R9 35 165-hp Fairchild Ranger
1939 F-24 W9 30 145-hp Warner Scarab
1940 F-24 R40 25 175-hp Fairchild Ranger 価格 $7,230
1940 F-24 W40 75 145-hp Warner Scarab 価格 $6,290
1941 F-24 W41 30 165-hp Warner Scarab
1941 UC-61 640 165-hp Warner Scarab model W41と同じ
1942-43 UC-61A 364 Warner Super Scarab
1944 UC-61K 306 200-hp Fairchild Ranger 全備重量 2,562 lb. model R40と同じ
1946 F-24 R46 175-hp Fairchild Ranger 巡航速度 118 mph. 価格 $8,875
1946 F-24 W46 280 (includes R46) 165-hp Warner Scarab 価格 $8,500

軍用派生型[編集]

UC-61 Argus
Model F24W-41の軍用型 165hp R-500-1, 161 機生産
UC-61A Argus
Model F24W-41 の軍用型 電装部改良, 509 機生産
UC-61B
Model 24J 145hp Warner Scarab、1機を徴用
UC-61C
Model 24A-9、1機を徴用
UC-61D
Model 51A、3機を徴用.
UC-61E
Model 24K、3機を徴用.
UC-61F
Model 24R-9、2機を徴用
UC-61G
Model 24W-40、2機を徴用
UC-61H
Model 24H 150hp Ranger 6-410-B、1機を徴用
UC-61J
Model 24-C8F 2座席 150 hp Ranger 6-390-D3、1機を徴用、
UC-61K Forwarder
Final 200 hp L-440-7, 306 機生産
UC-86
Model 24R-20s 175 hp L-410、9機を徴用
GK-1
Model 24W-40 海軍向け、13機を徴用
J2K-1
アメリカ沿岸警備隊向け Model 24R, 2 機生産
J2K-2
J2K-1に小変更、2機生産
Argus I
イギリス空軍向け Model 24W-41 (UC-61), 118機 レンド・リース供与
Argus II
イギリス空軍向け Model 24W-41A (UC-61), 407機 レンド・リース供与
Argus III
イギリス空軍向け Model 24R (UC-61K), 306機 レンド・リース供与

性能諸元 (UC-61)[編集]

  • 乗員 1名
  • 乗客 3名
  • 全幅 11.08m
  • 全長 7.27m
  • 全高 2.34m
  • 翼面積 17.9 m 3
  • 自重 650kg
  • 全備重量 822kg
  • 最大離陸重量 1,307kg
  • 発動機  Ranger L-440-5 6気筒倒立空冷直列エンジン 200馬力
  • 武装 2 × 7.7 mm機銃
  • 最大速度 200km/h
  • 後続距離 748km
  • 実用上昇限度 3,900m

参考資料[編集]

  1. ^ Sport Flying Magazine. Challenge Publications, Canoga Park, CA. February 1968. The Fairchild's Tractable 24,Roscoe Deering