MD エクスプローラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MD エクスプローラー

朝日新聞社のMD902「あさどり」(JA01AP)

朝日新聞社のMD902「あさどり」(JA01AP)

  • 用途:汎用
  • 分類:ヘリコプター
  • 製造者:MDヘリコプターズ
  • 初飛行:1992年12月18日
  • 運用状況:現用

MD エクスプローラー (MD Explorer) は、MDヘリコプターズが生産する多目的双発ヘリコプターである。1990年代初頭にマクドネル・ダグラス・ヘリコプターシステムズ(現MDヘリコプターズ)によって設計された。原型のMD 900と後継機のMD 902の2形式がある。

設計と開発[編集]

MD エクスプローラー軽量双発ヘリコプターは最初の新規設計のノーターシステム搭載機である[1]。マクドネル・ダグラス・ヘリコプターズはエクスプローラーをMDXとして1989年1月に発表した。最初の飛行は1992年12月18日に行われた。1994年12月にPW206Bを動力とする最初のMD900が認証を取得した。

MD 900 (N900MH) ヘリコプター騒音防止試験

最も先進的なヘリコプターのひとつで、MDエクスプローラーはボーイングの唯一のノーター反トルクシステムを装備することによって安全性、操縦性が向上し[1]、反トルク源のテールローター翼端から発生する渦流に起因する騒音が防げる。テールブーム基部に内蔵されたファンの送風をテールブーム末端部のスラスターから噴出させることと、テールブーム途中の溝から吹き出させる風によるコアンダ効果によりヨーコントロールを行う。

元々は前身のヒューズ・ヘリコプターズ社が開発して、後にヘリコプターの事業を引き継いだマクダネル社を1990年代に買収したボーイングは1999年初頭にマクダネルダグラスの民間ヘリコプター部門であるMDヘリコプターにノーター技術を供与した。

同様にエクスプローラーの特徴として、先進的なベアリングレス(可動関節部の無い)5枚ブレードの複合材製メインローターと、炭素繊維製のテール・胴体も挙げられる[1]

初期のエクスプローラーは双発のプラット・アンド・ホイットニー・カナダ製のPW206As(エクスプローラーは最初のプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW200シリーズ搭載機になった)を搭載したが、後にフランスのチュルボメカチュルボメカ アリウスが選択肢に加えられたが外された[1] 。尚、トランスミッションは日本の川崎重工業ガスタービン・機械カンパニー(明石工場)が開発・供給している[2]

運用[編集]

ノーターを採用していることもあり振動が少なく、日本では振動を嫌うドクターヘリやTV局の報道ヘリに多く採用されている。 振動が少ないこと以外にドクターヘリに採用される理由に、救助作業員や周囲の人間がテイルローターに接触する危険性の回避、及びテイルローターに起因した騒音が低減されるという理由もある。

性能・主要諸元 (MD 902)[編集]

  • 乗員: 1-2名
  • 乗客: 6-7名
  • 全長: 30 ft 10 in から 32 ft 2 in (9.4 m から 9.8 m)
  • 主回転翼直径: 33ft 10 in (10.3)
  • 全高: 8 ft 6 in - 11 ft 2 in (2.6 m - 3.4 m)
  • 自重: 1,975 lb (896 kg)
  • 最大離陸重量: 6,250 lb (または 6,500 lb テールブーム進展時) (2,835 kg)
  • 発動機: プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW207E ターボシャフト, 477 kW (640 shp) 2基
  • 超過禁止速度: 152 knots (175 mph, 282 km/h)
  • 巡航速度: 135 knots (155 mph, 250 km/h)
  • 航続距離: 267 miles (430 km)
  • 飛行高度: 15,994 ft (4,875 m)
  • 上昇率: 2,067 ft/min (10.5 m/s)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Frawley, Gerard: The International Directiory of Civil Aircraft, 2003-2004, page 156. Aerospace Publications Pty Ltd, 2003. ISBN 1-875671-58-7
  2. ^ http://www.khi.co.jp/khi_news/2003data/c3030729-1.htm

外部リンク[編集]