CH-53K (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CH-53K スーパースタリオン

ロールアウト時の写真

ロールアウト時の写真

CH-53K スーパースタリオンは、シコルスキー・エアクラフト社がアメリカ海兵隊CH-53Eをベースとして近代化改修した大型輸送用のヘリコプターである。

概要[編集]

現在、アメリカ海兵隊アメリカ海軍で運用されているCH-53Eの初期配備が1981年であり、30年を迎えることによる老朽化が目立ち、2009年から退役が始まるのを機に、HLR(Heavy Lift Replacement)計画で配備が計画されているCH-53Eの改良型がCH-53Kである。

当初はCH-53Eそのものの近代化改修と言う案が出ていたが、1回のフライトで数倍のコストと整備が掛かるまでになっていたが故に、計画自体が中止されていた。その代案に、CH-53Eをベースとして、近代化改修などを施し再設計新規製造としたCH-53Kを製造する事が決定した。これに際し、シコルスキーは下請け契約として、GKN、EDO Corporation、ロックウェル・コリンズロックウェル・インターナショナルの後身会社の1つ)、Sanmina、スピリット・エアロシステムの5社が加わる事が発表されている。

主な改良点として

が挙げられる。

2018年には初期作戦能力の付与が予定されている。作戦配備後は、小型ヘリコプターUH-1Y ヴェノム、中型ティルトローターV-22 オスプレイと共に、大型輸送ヘリコプターとしての活躍が期待されている。

性能・主要諸元[編集]

  • 全長(胴体のみ):30.2m
  • 高さ:8.46m
  • 主回転翼直径:24.1m
  • 発動機:ゼネラル・エレクトリック GE38-1B(7,500shp(5,600kW)×3
  • 機体重量(自重/全備):33.600t
  • 速度(巡航):170ノット(315km/h)
  • 上昇率(海面上):664m/m
  • 上昇限度(実用/限界):14,400ft
  • 航続距離:841km
  • 乗員:5名
  • 武装:XM218、M3M/GAU-2112.7x99mm NATO弾

関連項目[編集]