デ・ハビランド DH.82 タイガー・モス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DH.82A タイガー・モス

デ・ハビランド DH.82 タイガー・モス (de Havilland DH.82 Tiger Moth) は、イギリスデ・ハビランド社製の練習機。愛称のタイガー・モスとはヒトリガの意である。

概要[編集]

1920年代から民間で広く使用されたDH.60 モスシリーズの軍用型として設計され、開発当初の名称はDH.60T モス・トレーナー(Moth Trainer)だった。初飛行は1931年10月26日。全木製の複葉機で、基本的な外見はモスに似ているが、前席を囲う支柱を前部に移し脱出が容易にできるようにしたため上翼には浅い後退角が付けられた。エンジン換装に伴うカウリングの形状変更により視界も改善された。固定式の降着装置フロートスキーに換装することができる。

1931年に採用されてから初等練習機として軍だけでなく民間の飛行学校でも数多く使用された。海外にも広く輸出され、デ・ハビランド社の工場があるカナダオーストラリアニュージーランドでも生産された他、ノルウェーポルトガルスウェーデンではライセンス生産された。第二次世界大戦中は主力練習機として多くのパイロットを育成する一方、前線では連絡機として使用され、ビルマ戦線において患者輸送用に改造された機体もある。戦後もしばらくの間は練習機として使用され、多数の機体が民間に払い下げられた。これらの機体の中には現在でも飛行可能なものが相当数ある。総生産機数は、民間型を含めると8,000機を超える。

派生型[編集]

DH.82C
スラクストン ジャッカルー
DH.60T モス・トレーナー
前量産型。
DH.82
最初の量産型。エンジンはデ・ハビランド ジプシーIIIを搭載。イギリス空軍での名称はタイガー・モス Mk.I。
DH.82A
エンジンをデ・ハビランド ジプシー・メジャーIに変更。イギリス空軍での名称はタイガー・モス Mk.II。
DH.82B クイーンビー(Queen Bee)
無線操縦標的機型。
DH.82C
カナダ向けの寒冷地仕様。エンジンはジプシー・メジャーICを搭載し、コックピットにはスライド式キャノピーや暖房を追加。また、尾部のスキッドは尾輪になっている。
DH.82C-2/4 メナスコ・モス(Menasco Moth)
エンジンをメナスコ D.4 スーパーパイレートに変更したDH.82C。ジプシー・メジャーの供給が機体の製造に追いつかなくなったため製造された。
PT-24
アメリカ陸軍航空軍が発注したDH.82C。レンドリース法により全てカナダ空軍に引き渡された。
スラクストン ジャッカルー(Thruxton Jackaroo)
胴体を拡張し4人が乗れるようにした改造機。開放式コックピット型と密閉式コックピット型がある。戦後民間に払い下げられたタイガー・モスには、このように独自改造された機体がかなりある。



採用国[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
イスラエルの旗 イスラエル
イラク王国の旗 イラク
Flag of Iran (1964).svg イラン
インドの旗 インド
ウルグアイの旗 ウルグアイ
エジプトの旗 エジプト
オーストラリアの旗 オーストラリア
オランダの旗 オランダ
カナダの旗 カナダ
ギリシャの旗 ギリシャ
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
スウェーデンの旗 スウェーデン
スペインの旗 スペイン
スリランカの旗 スリランカ
タイ王国の旗 タイ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
デンマークの旗 デンマーク
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ノルウェーの旗 ノルウェー
パキスタンの旗 パキスタン
ビルマの旗(1948-1974) ビルマ
フィンランドの旗 フィンランド
ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
ポーランドの旗 ポーランド
ポルトガルの旗 ポルトガル
マレーシアの旗 マレーシア
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
ヨルダンの旗 ヨルダン
ローデシア共和国の旗 ローデシア


スペック(DH.82A)[編集]

関連項目[編集]