ベル・エアクラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベル・エアクラフト
企業形態 航空機メーカー
業種 航空宇宙
後継 ベル・ヘリコプター
設立 1935年7月10日
解散 1960年
本部 ニューヨーク州バッファロー
代表者等 ローレンス・ベル
製品 P-39, X-1
P-39 エアラコブラの生産ライン

ベル・エアクラフトBell Aircraft Corporation )はアメリカに存在した航空機メーカーである。第二次世界大戦中にいくつかの戦闘機を生産し、超音速実験機ベルX-1の製作も行っている。また、ヘリコプターメーカーとしても成功した。1960年テキストロンに買収され、ヘリコプター部門はベル・ヘリコプターとして存続している。

社史[編集]

ベル・エアクラフトは1935年7月10日にローレンス・ベルによって設立された。ベルはグレン・L・マーティン社に雇われてマネージャーになり、その後コンソリデーテッド・エアクラフト社のマネージャであった。コンソリデーテッドがバッファローからサンディエゴへ移転した時にベルはバッファローに残り独立した。

ヘリコプターの開発は1941年にはじまり、最初のベル30は1943年に初飛行して営業的に成功作となった。

会社は実質ローレンス・ベルの個人経営であり、1956年にローレンス・ベルが死亡した後に経営が困難になった。1955年に開発を開始しアメリカ陸軍に採用された小型汎用ヘリコプターHU-1は、当初活動の機会がなかった。このため開発費を回収できなかったベルは一時倒産の危機に陥った。しかし1960年代に拡大したベトナム戦争でHU-1は重用され、大量発注されて数千機が配備された。これによって経営は立ち直った。

1960年テキストロンに買収された後、事業は分割された。ヘリコプター部門はベル・ヘリコプター・テキストロンとなった。

航空機以外では、生身の人間の飛行を可能にした、ロケットベルトの開発を成し遂げている[1] 。実用的な飛行装置とは言い難い代物であるが、イベント用の見せ物として普及し、1984年のロサンゼルスオリンピックの開会式において一躍有名になった。

製造機体[編集]

固定翼機[編集]

回転翼機[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]