浦賀水道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浦賀水道と外洋の境
三崎砲台観測所跡付近から房総半島を望む
浦賀水道の範囲(水色の部分)
東京湾・浦賀水道の衛星画像

浦賀水道(うらがすいどう)は、三浦半島房総半島に挟まれた海峡である。太平洋東京湾とをつないでいる。広義では東京湾の一部とされることもある。

概要[編集]

三浦半島房総半島に挟まれ、外洋との境となる三浦市剱崎館山市洲崎を結ぶ線から、東京湾との境となる横須賀市観音崎富津市富津岬を結ぶ線に囲まれる海域である。中央部の海底は海水面の低下した氷河期に河川に侵食された東京海谷と呼ばれる深い溝をなす。面積は約400km²。京浜工業地帯や一大消費地である東京都市圏の海の玄関口である東京湾と外洋を結ぶ、海上交通の要衝である。

歴史[編集]

古事記に記された日本神話によれば、110年日本武尊が東征の途上にて相模から上総に渡る際、「走水の海神」に波を起こされ、倭建命の船が進退窮まる。そこで、后の弟橘媛が自ら命に替わって入水すると、波は自ずから凪いだと伝えられている。また、相模と上総が海底で結ばれた時に、はじめて日本武尊弟橘媛の行為が報われると走水神社にも伝えられている。

鎌倉時代から鎌倉街道の交通路として利用されていたとされる。東京湾と同様、浦賀水道も後北条氏里見氏の水軍の争いの舞台となった。

江戸時代に入ると海上交通路としての重要性を増し、1720年には西岸の港町浦賀奉行所がおかれた。1853年には黒船が来航し、1866年に結ばれた江戸条約では開港した横浜港への重要な航路として観音埼灯台の設置が決定、日本初の洋式灯台として1868年に点灯する。

明治時代に国防上も重要な海域であるため、浦賀水道を囲む形で東京湾要塞が造られ、東京湾との境には3つの海堡が建設された。しかし、1923年関東大震災により第二海堡と第三海堡は使用不能となり、第三海保は2007年8月までに撤去された。

戦後は経済発展とともに交通量が増加、各種船舶が輻輳し危険な状態になっていたため、1977年海上保安庁東京湾海上交通センター(とうきょうマーチス)が設置され、現在まで航行管制を行っている。

現況[編集]

ヨットや小型漁船から大型貨物船まで、1日あたり約400(平成23年)から700隻(平成17年)もの船が往来する世界有数の海上交通路である[1]。海幅最小 6.5km の狭水道で航行する船の数も多く、潮流も早いことから日本の周辺海域では有数の航海の難所と言われ、海難事故が起こりやすい箇所の1つに挙げられる。その為、大型船舶のみが利用できる「浦賀航路」が設けられている[2]

また、横須賀市久里浜港と富津市金谷港の間を東京湾フェリーが結んでおり、名目上は国道16号が横断している。実際に両市を結ぶ東京湾口道路の建設構想もあるが、実現のめどは立っていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成 23 年度 通航船舶実態調査結果 海上保安庁
  2. ^ 中ノ瀬航路・浦賀水道航路・来島海峡航路の区域 国土交通省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度12分0秒 東経139度46分0秒 / 北緯35.20000度 東経139.76667度 / 35.20000; 139.76667