バトルフィールド2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトルフィールド2
ジャンル ファーストパーソンシューティングゲーム
対応機種 PC
開発元 DICE
発売元 エレクトロニック・アーツ
バージョン Ver.1.50
人数 1人(オンライン時 2人~64人)
メディア CD-ROM
発売日 2005年7月7日
対象年齢 ESRB: Teen (T)
PEGI: 16+
必要環境 OS: Windows XP
CPU: Pentium 4 1.7GHz以上
メモリー: 512MB以上
HDD: 2.3GB以上の空き容量
ビデオカード: RAM 128MB以上
CD-ROM速度: 16倍速以上のドライブ
DirectX: 9.0c以上
その他: マウス,キーボード
エンジン Refractor 2
売上本数 約100万本
その他 ゲームパッドジョイスティック(使用可能)
テンプレートを表示

バトルフィールド2』(Battlefield2,略称:BF22005年7月7日にエレクトロニック・アーツから発売されたファーストパーソン・シューティングゲームの『バトルフィールド』シリーズの第3作目である。近未来のアジアにおける、アメリカと中東連合、中国との架空の戦争をモチーフとしている。(カザフスタン、中国、NATO)発売1週間の時点で、全世界で100万本の販売を達成したと発表された。パッチ1.03では、マルチプレイのみで使用可能なウェーク島マップが追加された。これで、『BF1942』デモ版から『BF2142』まで、PC版シリーズすべてに渡ってウェーク島マップが存在することになる。(『BF2142』にはVer1.50公式パッチにて追加され、名実ともにPC版全シリーズにウェーク島マップが存在することとなった)

概要[編集]

登場兵科は上述の前作に倣い、突撃兵、狙撃兵、対戦車兵、特殊兵、援護兵、衛生兵、工兵の7種類。銃弾の補給、傷の回復がそれぞれ援護兵、衛生兵からしかできなくなった(前作までは補給、回復ポイントがマップ上に存在した)。その代わり、制約はあるものの、回復キットと弾薬キットを配ることができるようになった。また、撃たれて体力がゼロとなっても、即死亡とはならず重傷になり、一定時間内であれば、衛生兵の持つショックパドルにより再び蘇生できるようになった。(ただし戦車砲・対戦車ミサイル・航空機からの爆撃・敵砲撃等の直撃を受けた場合は『死亡』となり蘇生が不可能である)これらの治療・蘇生・弾薬補給は、それぞれポイントが付き、ゲーム終了時に評価の対象となる。

司令官システム分隊システム、音声チャットなどの新要素が追加され、チームとしての戦術性が増し、他のプレイヤーと協力して戦う楽しみ方が以前より増して可能となった。リーダーシップを発揮することで、指揮にもポイントが付く。

また、階級システムが導入され、インターネットで階級システムに対応したサーバ(ランクサーバ)でプレイすることで、成績に応じて階級が上昇し、司令官になりやすくなったり、新たな銃器が使えるようになったりする。このサーバでは、階級だけでなく、戦闘の貢献度に応じて勲章などを受領することもできる。階級、ポイント、受領した勲章などは記録としてサーバに蓄積される。

以前のシステムと異なり、報告はファンクションキーではなく、Qキーを押すことで現れる選択肢をマウスで選ぶ方式となった。

兵種[編集]

『バトルフィールド2』には、7種の兵科が用意されている。プレイヤーは、それぞれ特性を持った以下の兵科を選び仮想戦争をプレイする。全兵科共通としてナイフ,ハンドガン,手榴弾(突撃兵、対戦車兵を除く)を装備。

特徴[編集]

特殊兵
カービン銃とC4プラスチック爆薬、消音器付きピストルを所持している。C4爆薬を使って橋を爆破して敵の移動を阻害する他、敵歩兵や敵車両を待ち伏せて爆破したり、敵本拠地に潜入してレーダーや固定砲を爆破することで、敵司令官の能力を使用不能にすることができる。C4は装甲車両に対しても有効なため、C4を前面に設置した車両で敵に特攻することも可能。
狙撃兵
狙撃銃を持つ遠距離狙撃のスペシャリストである。また、クレイモア地雷を持っており、敵兵が通ると予想される位置に仕掛けておくことで、近付いてきた敵兵を殺傷することができる。近接戦闘には弱いうえ、狙撃銃は発射音が大きいために敵に居場所を推測されやすい。銃自体の弾数も少ないので、無駄撃ちはできない。特殊兵と同じく、ピストルには消音器が付いている。
突撃兵
グレネードランチャーの付いた高精度のアサルトライフルを持ち、敵兵を倒すのに専念する。グレネードランチャーは、上手く使えば手榴弾よりも素早く複数の敵を一撃で仕留めることができる。また、発煙手榴弾を持っており、特に装甲車両からの目眩ましをすることもできる。どの国の突撃兵もデフォルトのアサルトライフルは衛生兵と共通の物(MODはこの限りではない)。
  • アサルトライフル(グレネードランチャー装備)、スモークグレネード
援護兵
装弾数100~200という、弾数の多い分隊支援火器を持っており、制圧射撃が可能である。また、他の兵士に弾薬を補給することができる。弾薬キットは地面に置いておくこともでき、拾った味方兵士は弾薬をフル補給することができる。突撃兵のグレネードランチャー、対戦車兵の対戦車ミサイル、狙撃兵の狙撃銃は弾数が少ないため、彼らのサポートに回ることでチームに貢献することが出来る。
工兵
ショットガンを装備しており、近接戦闘ではかなりの威力を発揮する。本領は車両や装甲車両および橋を含む施設の修理である。また、すべての車両を一撃で撃破可能な対戦車地雷を持っており、仕掛け方次第では敵戦車や車両などを有効に撃破することができる。
衛生兵
自衛のためのアサルトライフルを持っているが、本領は治療と蘇生である。治療パックを地面に置いておくこともでき、拾った兵士(敵も含む)の体力は全回復する。また、一定時間内であれば、ショックパドルを使うことで、撃たれて重傷を負い動けなくなった味方兵を蘇生させることができる。このショックパドルは、近接戦で敵兵を倒すこともできる。どの国の衛生兵もデフォルトのアサルトライフルは突撃兵のものからグレネードランチャーを取り除いたものである(MODはこの限りではない)。
対戦車兵
誘導式対戦車ミサイルを装備しており、非装甲車両ならほぼ一撃で破壊できるほか、装甲車・戦車に対しても有効な打撃を与えることができる。自衛のためのサブマシンガンやショットガンを持っており、近距離では威力を発揮する。弾数が少ないので、援護兵にサポートしてもらうことが望ましい。また前述のように対戦車ミサイルを敵兵に当てると問答無用で「即死」の為対人ミサイルとして愛用する人もいる(これら愛用者をAT(Anti Tank)教団と呼ばれる事がある)。

それぞれのユニットは緊急時の自衛などのために、ナイフ、拳銃、また対戦車兵とグレネードランチャーを装備した突撃兵以外は手榴弾を所持している。

登場武器[編集]

ゲームに参加するアカウント初期状態では三カ国の勢力によって使用する一部武器は異なる。 これは陣営固定であり、例えばUSMC突撃兵がMEC突撃兵武装のAK-101 GP-30を使用することは出来ない。ただし、武器バックを拾うことで、他国軍の武器が使用できる。 なぜか一部銃火器のモデリングや性能設定において疑問の声を上げざるを得ない部分もある。(全く同じ弾薬を使用するはずのAK-101とM16A2の威力が違っていたり等。兵器の名前などについてもミスが散見される)

ちなみに、1.1パッチ以降からEU軍が追加される。

ナイフ(1番)
近接戦闘専用武器としてナイフが割り当てられている
ナイフの特徴は弾切れがない事、攻撃時非常に静粛性が高いので目的外の敵に見つかりにくい事。
ハンドガン(2番)
主にサブの射撃武器としてハンドガンが割り当てられている
ハンドガンの特徴は低威力近距離用であり、主にメイン武器の弾切れ状態時や近距離戦闘に向かない兵科が移動中に使用するなどされる。
主力対人武器(3番)
各兵科の主力対人武器として工兵にショットガン、狙撃兵にライフル銃、他兵科に機関銃類が割り当てられている。
下表は各陣営の主力対人(3番)装備一覧
但し、各陣営の突撃兵は主力対人(3番)武器と投擲(4番)武器であるグレネードランチャーが一体であるために両方が記述されている。
USMC(アメリカ海兵隊) MEC(中東連合軍) CHINA(人民解放軍) EU(欧州連合)
特殊兵 M4カービン AK-47U QBZ-97 HK53A3
狙撃兵 M24スナイパーライフル SVDスナイパーライフル Type-88スナイパーライフル L96A1スナイパーライフル
突撃兵 M16A2 M203 AK-101 GP-30 AK-47 GP-25 L85A2 AG-36
援護兵 M249 SAW RPK-74 Type-95 HK21
工兵 M1187 S12K NOR982 Benelli M4
衛生兵 M16A2 AK-101 AK-47 FAMAS
対戦車兵 MP5 PP-19 Type-85 MP5

この他にゲーム内ポイントを貯めると使用可能になるアンロック武器と呼ばれる装備がある。 アンロック武器は陣営によらず同じ武器が選択可能。


現在のパッチで解除できるアンロック武器
最初にアンロックできる武器 ←の武器性能 次にアンロックできる武器 ←の武器性能
特殊兵 G36C 命中精度 立:1.5 屈:1.2 伏:1.0 ズーム時:0.75 威力:25 SCAR-L 命中精度 立:1.5 屈:1.2 伏:1.1 ズーム時:0.75 威力:27
狙撃兵 M95バレット スナイパーライフル(防弾ガラスを貫通できる威力を持つ) 命中精度 立:2  屈:1.5 伏:0.8 ズーム時:0.01 威力:190 L96A1スナイパーライフル 命中精度 立:2 屈:1.5 伏:0.8 ズーム時:0.005 威力:95
突撃兵 G3A3 M67手榴弾 G3A3 命中精度 立:1.3 屈:1.2 伏:1.0 ズーム時:0.8 威力:34 FN F2000 F2000 GL フラッシュバン FN F2000 命中精度 立:1.3 屈:1.2 伏:1.0 ズーム時:0.8 威力:40
援護兵 PKM 命中精度 立:3 屈:1.2 伏:1.0 ズーム時:0.8 威力:45 MG36 (G36Eが元の分隊支援火器だが、命中精度は低い。) 命中精度 立:3 屈:1.2 伏:1.0 ズーム時:0.8 威力:30
工兵 MK3A1 威力:15X8 MP7 SMG 命中精度 立:1.3 屈:1.2 伏:1.1 ズーム時:0.8 威力:19
衛生兵 L85A1(SA80) 命中精度 立:1.5 屈:1.3 伏:1.2 ズーム時:0.8 威力:34 G36E 命中精度 立:1.5 屈:1.3 伏:1.0 ズーム時:0.62 威力:32
対戦車兵 DAO-12 威力:12X8 FN P-90 命中精度 立:1.3 屈:1.2 伏:1.1 ズーム時:0.8 威力:19
投擲武器(4番)
投擲武器として対戦車兵に対戦車ロケットランチャー、突撃兵にグレネードランチャー、そのほかの兵科には手榴弾が割り当てられている。
対戦車ロケットランチャーのみが主用途が対兵器用である以外は爆発性の対人投擲武器である。
突撃兵装備の例外として、アンロック武器G3を装備した場合はG3にグレネードランチャーが装備されていないため、他兵科同様手榴弾が装備される。
特殊武器(5番、6番)
各兵科において特殊兵装が存在する場合はここに割り当てられている。
下表は各兵科の特殊装備一覧
(5番)装備一覧
特殊兵 C4
狙撃兵 対人地雷
突撃兵 スモークグレネード(フラッシュバン)
援護兵 アモ(弾薬)パック
工兵 対戦車地雷
衛生兵 メディック(応急)パック
対戦車兵 なし

突撃兵においてアンロック武器F2000を装備した場合のみ、自動的にスモークグレネード(煙幕手榴弾)がフラッシュバン(閃光手榴弾)に変更される。

(6番)装備一覧
特殊兵 なし
狙撃兵 なし
突撃兵 なし
援護兵 なし
工兵 スパナ
衛生兵 ショックパドル
対戦車兵 なし

登場兵器[編集]

陸上兵器

航空兵器

マップ一覧[編集]

  1. Kubra Dam
  2. Mashtuur City
  3. Operation Clean Sweep
  4. Gulf of Oman
  5. Daqing Oilfields
  6. Dragon Valley
  7. FuShe Pass
  8. Dalian Plant
  9. Road to Jalalabad
  10. Sharqi Peninsula
  11. Songhua Stalemate
  12. Strike at Karkand
  13. Wake Island 2007
  14. Zatar Wetlands

(全14マップ)

拡張パック[編集]

『バトルフィールド2 スペシャルフォース』
2005年11月24日に発売された拡張パック。特殊部隊に重点が置かれており、暗視ゴーグル催涙ガスなどのアイテムを用いることができる。ネイビーシールズSASスペツナズ等の特殊部隊や反乱軍を扱ったマップ、銃器、兵器が登場。登場する銃器にはF2000MP7など。一部の武器はBF2のアンロック武器として使用可能。
『バトルフィールド2 ユーロフォース』
2006年3月20日に発売された拡張パック。欧州軍が追加された。
『バトルフィールド2 アーマードフューリ』
2006年6月7日に発売された拡張パック。中国軍中東連合軍が米国中西部の大草原にまで侵略する。車を航空機から投下出来るようになる。

システム[編集]

司令官システム
立候補しておけば、能力や戦歴のあるものが司令官になることができる。司令官画面という独特の画面があり、レーダースキャンによる大まかな敵情把握、UAV(無人偵察機)による局所的ながら詳細な敵情把握(と、部隊への報告)、固定砲台による援護射撃、補給物資投下が可能である。的確な操作と指揮能力が求められ、責任重大であるが、上手に指揮すればその分得られるポイントも高い。(勝利したチームの司令官は獲得ポイントが自軍チームの平均ポイント×2になる)
分隊システム
分隊を作ることができ、リスポーン・ポイントの他に、分隊長のところにリスポーンできるようになった。分隊長は司令官から指示を受け、分隊を率いて目標を達成することで、リーダーシップ発揮によるポイントを獲得することができる。枠が空いていれば、分隊長になることは容易であるが、その分責任が重いことは言うまでもない。なお、Tキーにより分隊コマンド(分隊長は分隊員に移動先指定、攻撃目標指定など移動先を指示したり、コマンダーにUAVや砲撃を要請することが出来る。分隊員は分隊長への要請という形で指令要請、砲撃要請、物資投下要請、車両投下要請のコマンドになる)を出すことができる。

操作方法[編集]

記述内容

;キー
:アクション内容

共通操作[編集]

通信

B
話す - ボイス
J
通信(全員)- テキスト
K
通信(チーム)- テキスト
L
通信(部隊)- テキスト
Q
主通信 - ラジオ
T
副通信 - ラジオ
V
話す(司令官) - ボイス
Page up
賛成投票
Page Down
反対投票

その他

N
マップズーム
M
マップ
Tab
スコアボード
Enter
出撃画面
Caps Lock
部隊画面
C
カメラ切り替え
P
ポーズ(シングルプレイのみ)
PrintScreen
画面キャプチャ

座席移動

F1~F8
座席1~8

主なMOD[編集]

  • Allied Intent Xtended
通称AIX。既に開発が終了している「Allied Intent」をMOD開発コミュニティ「Battlefield SinglePlayer」が引継ぎ、兵器や武器、マップを大幅追加し、インターフェース等に手を加えた。シングルプレイ及びCO-OPでのプレイを目的として製作されており、BOTの思考、行動が強化されている。
  • Battlegroup-Frontlines
バトルフィールド1942における第二次世界大戦MODのひとつ「Battlegroup42(BG42)」の一部の開発メンバーが中心となって、BG42と平行する形で開発されていた第二次世界大戦MOD。通称BGF。第二次世界大戦MODとしては最も早くリリースされた。東部戦線におけるドイツとソビエト連邦の戦いに焦点を当てている。開発チーム内のトラブルにより一時的に開発中止されたが、後に再開された。
  • Close Quarters Battle
バトルフィールド ベトナムで制作されていたテロリスト自衛隊の対テロ特殊部隊(SOGとの表記が確認された。)による近接戦闘(市街地戦など)をテーマにした国産MOD「Close Quarters Battle」のBF2版。現在は他のゲームエンジンに開発の場を移している。
  • Desert Conflict
バトルフィールド1942の現代戦ModであるDesert Combat(DC)を再現する目的で開発されたMOD。DCの人気マップや登場兵器、武器、CTFなどのゲームモードが再現されている。BF2のMODとしては初めてAC-130のような大型航空機を導入した。こちらも他のゲームエンジンに開発の場を移している。
  • Eve of Destruction 2
バトルフィールド1942バトルフィールド ベトナムでリリースされたベトナム戦争MOD「Eve of Destruction」のBF2版。通称EoD2。
  • Experience WW2
バトルフィールド1942の三大第二次世界大戦MODのひとつ「Experience WW2」の製作チームが制作する第二次世界大戦MOD。通称XWW2。北アフリカにおけるイギリス軍とドイツ軍の戦いと、太平洋におけるイギリス軍・オーストラリア軍と日本軍の戦いを描く。
  • Forgotten Hope 2
バトルフィールド1942の三大第二次世界大戦MODのひとつ「Forgotten Hope」の製作チームが制作する第二次世界大戦MOD。通称FH2。その完成度はBF2の数あるMODの中でも屈指の高さを誇り、開発チームにはBFシリーズの開発を手がけるEA DICEのスタッフが数名参加していると言われている。ファーストリリース版では北アフリカにおける戦いに焦点が当てられた。ゲーム内に登場する陣営は現在のところ連合側としてアメリカ軍とイギリス軍、オーストラリア軍、枢軸側としてドイツ軍とイタリア軍。
  • Nations at War
北米・欧州の連合勢力とアジア各国の連合勢力による戦いを描く。通称NAWまたはN@W。数ギガバイトに及ぶ大容量のマップパックと大量追加された武器・兵器が特徴。AIXと同様、こちらもシングルプレイ及びCO-OPでのプレイを目的として製作されている。
  • Operation Peacekeeper
ドイツ連邦軍とセルビア軍の戦いを描く現代戦MOD。通称OPK。分隊に加入することで使用できるキットが増えるシステムを導入している。
  • Point of Existence 2
バトルフィールド ベトナムで製作されていたアメリカとロシアの架空の戦争を描いたMOD「Point of Existence」の続編で、ドイツとウクライナを中心とした架空の戦争に焦点を当てている。通称PoE2。最新のバージョンではアメリカ海兵隊が参戦。初期の大型MODのリリースラッシュでは人気を博した。
  • Project Reality
BF2のゲームバランスをリアル寄りに調整した現代戦MODで、実際の地域を題材としたマップの追加やイギリス軍などの陣営の追加が特徴的である。通称PRM。分隊の結成とボイスチャットを用いての連携プレイがオンラインプレイにおける前提条件となっており、ゲームルールやシステムもオリジナルのBF2より遥かに複雑になっていることからハードルが高いという意見もある。海外サーバーでプレイする場合は英語が理解できなければKickされる場合がある。PCゲームやコンソールゲームを含む全てのビデオゲームの中から最高のMODを選出する「ModDB Mod of the Year」で連続受賞を達成し、殿堂入りを果した。
  • SandBox
必ずしも戦闘を行う必要はなく、ゲーム内のオブジェクトを組み合わせて建物を作るなどして自由に遊ぶことができる。コンセプトとしてはハーフライフ2におけるGarry's MODに近いが、ゲームエンジンの問題から自由度の点では大きく劣る。
  • US Intervention
湾岸戦争を題材としたMOD。通称USI。湾岸戦争当時使用されていた兵器や武器が登場する。

大会[編集]

プレイヤー自身が発起人となって組織された運営委員会が主催する大会「BF2CTL(バトルフィールド2クラントーナメントリーグ)」が2006年4月14日より開催されている。プレイヤー主催ではあるが、エレクトロニック・アーツを始めとする企業の協賛を受けた公開大会である。クランに所属していれば参加できる大会であり、参加者エントリーはシーズンごとに行われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]