2K22

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2K22 ツングースカ
VDay Parade Rehearsal Moscow03.jpg
赤の広場での対独戦勝記念パレードにおける2K22
基礎データ
全長 7.93m
全幅 3.236m
全高 4.021m
乗員数 4名
装甲・武装
装甲 10mm
主武装 2A38 30mm連装機関砲
9M311(SA-19 グリスン)対空ミサイル
機動力
速度 65km/h(整地)
エンジン V-46-4 V-12
水冷ディーゼル
780hp
懸架・駆動 トーションバー
行動距離 500km
テンプレートを表示

2K22 ツングースカロシア語:2К22 Тунгуска - 「ツングースカ川」の意)は、ソ連が開発した自走式対空砲/ミサイルシステムである。昼夜、全天候対応の条件下で低空飛行を行う航空機およびヘリコプターを迎撃するために設計された。

開発[編集]

前型ZSU-23-4 シルカは、23mm機関砲4丁により、第四次中東戦争で低空域の敵機に絶大な破壊力を持つことが証明された。その一方で、23mm機関砲は砲弾の破壊力が低く、何発も命中させる必要がある点や射程の短さが指摘され、対地ミサイルを有する敵機(特にA-10のような強力な機関砲を有する攻撃機対戦車ヘリコプター)や、対戦車ミサイル武装した敵歩兵などからアウトレンジされる可能性が出てきた。

これを受けてツーラ計器技術設計局は、1960年代末期からZSU-23-4の後継機開発を始め、1986年に部隊配備が始まった。西側諸国は、1989年ドイツ駐留ソ連軍に配備されたことから存在を確認し、M1989の識別名を与えた。

車体[編集]

GM-569A 汎用装軌車に、全周旋回が可能な装甲砲塔を有する。砲塔は、前面に円形の追尾レーダー、車体後部上に回転式の捜索レーダーを搭載する。走行時には捜索レーダーを後ろ向きに倒すことが可能。武装である30mm連装機関砲対空ミサイルは、砲塔の側面に装備する。

武装[編集]

砲熕兵器として、ツングースカは2A38 30mm連装機関砲を装備する。毎分3,900発か5,000発の砲弾を4,000mまで撃つことができる。30mm機関砲はシルカの23mm機関砲より目標破壊に要する砲弾が2-3発少ないことが証明されており、300m/sで飛行するMiG-17に対し同数の砲弾を発射した場合、30mm機関砲は23mmの1.5倍の撃破率を記録している。そのほかに迎撃可能高度が2kmから4kmになり、陸上にある軽装甲目標に対してもより効果的な攻撃能力を持った。

地対空ミサイル9M311(SA-19 グリスン)の4連装発射機を2基装備する。9M311はロシア海軍で運用されるCADS-N-1CIWSにも用いられているミサイルであり、テレビカメラによる敵の位置情報を無線で送る無線指令誘導を用いており、有効射程は8,000mである。

対空砲とミサイルを組み合わせて使用することによって効果的な対空能力を持つことに成功した2K22だが、機関砲と対空ミサイルを同時に発射するのは不可能である。また、機関砲は移動中でも発射可能だが、ミサイルの発射時には静止する必要がある。

形式一覧[編集]

2K22/9K22
ツングースカシステムの初期型。9M311(3M87)、9M311Kもしくは9M311-1ミサイルを使用する。Треуголник(三角形の意)として知られていた。なお、このシステムは2S6統合防空車に設置された。
2K22M
初期量産型。9M311M(3M88)ミサイルを使用し、2S6M統合防空車に設置された。
2K22M-1
2K22Mを更に近代化したもので、2003年4月トライアルを通過。より強化された火器管制システムを持ち、9M311-1Mミサイルを使用する。
2K22M-57E6
2K22Mに全面的な換装を施したもの。射程が18kmに伸びた57E6ミサイル、探知範囲38kmおよび追跡範囲30kmに強化された新型レーダーシステムを使用する。

派生型[編集]

SA-N-11
地対空ミサイルシステムを艦対空ミサイルへ転用したもの。

使用国[編集]

システム一式の価格が800-1,000万USドルであることが報道された。ZSU-23-4の後継として開発されたが、ソ連崩壊による経済混乱と国家解体でソ連内での配備は進んでいない。一方で、経済発展著しいインドなど新興国には需要が有り、ロシアもこうした国々への売込みを行なっている。

登場作品[編集]

ゲーム
プレイヤーやAIが操作可能。
プレイヤーが使用可能。
映像作品
冒頭に武装勢力の車両として登場。
CGモデリングによる「モニター内の映像」として描写されているが、モニターに表示される情報では「CILKA 2S6」とされている上、搭載武装は「30mm MG X2 RPG X8」とされ、実際の2K22とはいろいろな意味で異なっている。現実のものと比較するなら明らかな間違いであるが、あくまで創作作品中の描写であり、制作側の間違いであるのか、それとも意図的に実際は違うものとして設定されているのかは不明である。

関連項目[編集]