BM-27

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BM-27 Uragan 自走式16連装220mmロケットランチャー

BM-27「ウラガン」ロシア語:БМ-27 «Ураган»ベーエーム・ドヴァーッツァチ・スィェーミ・ウラガーン)は、1970年代ソビエト連邦軍が開発した自走式多連装ロケットランチャーである。GRAU制式コードでは9P1409П140)と呼ばれる。あやまってBM-22と呼ばれている時期もあった。

なお、「ウラガン」はロシア語で「暴風・疾風」を意味する。

概要[編集]

BM-27は16連装220mmロケットランチャーを8輪式のZIL-135トラックに搭載している。このトラックはBTR-60BTR-70と同様に2つのガソリンエンジンを装備しそれぞれのエンジンが4つずつの車輪に動力を伝達しており、これが20tの貨物を搭載しつつ65kmもの最高速度を生み出す要因である。なお、燃料無補給での最大航続距離は500kmである。

また、この車両はNBC防護機能が備わっており、4名の乗員は車外に出ることなく停車から3分以内に発射準備を整えることが可能である。また、車体のキャビンにはロケット弾の発射炎を防ぐブラストシールドも備わっている。

ロケット弾[編集]

BM-27が使用する220mmロケット弾は一斉発射した場合、16発のロケット弾は20秒で撃ち尽す。ロケット弾は総重量280.4kg、弾頭重量90 - 100kg、最大射程距離35kmの性能を有し、弾頭は破砕性弾頭化学兵器弾頭、PFM-1対人地雷散布弾頭などが存在し、これらは電気式時限信管により発火する。

特に、上記のPMF-1対人地雷散布弾頭は接近する敵歩兵部隊を足止めするのに効果的であったことから、アフガニスタンで多用された。

9T452弾薬運搬車[編集]

9T452弾薬運搬車

BM-27が順調にロケット弾の斉射を行うために必要不可欠なのが、右の9T452弾薬運搬車である。9T452はBM-27と同様にZIL-135トラックを基にした弾薬運搬車であり、輸送してきた予備のロケット弾を同車に装備されたクレーンを使用してロケット弾の再装填を補助するため、20分ほどで再装填は完了する。

関連項目[編集]