BTR-60

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BTR-60
BTR-60PB NVA.JPG
BTR-60PB
基礎データ
全長 7.56m
全幅 2.835m
全高 2.31m
重量 10.3t
乗員数 2名
乗員配置 乗員2名、歩兵12名
装甲・武装
装甲 5mm-9mm
主武装 KPVT 14.5mm重機関銃
副武装 PKT 7.62mm機関銃
機動力
速度 80km/h(整地)
10km/h(水上)
不整地速度 60km
エンジン GAZ-49B
4ストローク直列6気筒液冷ガソリン×2
180hp
懸架・駆動 トーションバー方式
ハイドロサスペンション
八輪駆動
行動距離 500km
テンプレートを表示

BTR-60は、ソビエト連邦で開発された装甲兵員輸送車1959年に採用された。

概要[編集]

BTR-152を転換する為に1950年代後半から開発が開始され、1959年に採用された。2基のエンジンで第1、第3車軸と第2、第4車軸を分担して駆動させているため同調が難しいが、一方が損傷しても走行は可能。

砲塔は非装甲の全周砲塔で俯仰角は-5度~+60度(BTR-60PB)

後部にウォータージェットを一つ装備しており、それで水上を推進する。 BTR-60PBを改良したBTR-70によって転換された。

引火しやすいガソリンエンジンを搭載しているうえ、上部ハッチからしか出入できない為、攻撃を受けると搭乗歩兵もろとも爆発炎上してしまうことが多かった。 そのため、歩兵達は跨乗することを好んだ。

派生型[編集]

BTR-60P
初期生産型。1960年より生産開始。上部開放型の車体が特徴。乗員は2+14名。通常はPKT 7.62mm機関銃1挺を前部のピントルマウントに搭載するが、DShK 12.7mm重機関銃も搭載できた。また、左右側面にもピントルマウントがあり、必要に応じて機関銃を取り付けられた。
BTR-60Pu
指揮通信車輌。屋根は布張り。
BTR-60PuM
BTR-60PuM1
BTR-60Pu12
PuMを改良した防空指揮車輌。
BTR-60Pu12M
Pu12の改良型。
BTR-60PK(PA)
BTR-60PA
1963年より生産開始。上部が密閉式となり、上部ハッチにPKT 7.62mm機関銃またはDShK 12.7mm重機関銃を1挺を搭載。乗員2名と兵員10名を乗せる。
BTR-60PAI
武装をKPVT 14.5mm重機関銃に換装したもの。
BTR-60PB
KPVT 14.5mm重機関銃とPKT 7.62mm機関銃を装備する円錐形の砲塔を搭載。1966年から1976年まで生産され、乗員3名に兵員8名を乗せる。
BTR-60PBK
指揮通信車輌。
BTR-60 R-156
BTR-60PBベースの航空管制車。
BTR-60 R-975M1
R-156の改良型。
BTR-60 1V18
対空ミサイルを搭載した砲兵観測車輌。
BTR-60 1V19
1V18の改良型。射撃指揮車輌。
BTR-60PZ
BTR-70と同じ砲塔を搭載した改良型。
BTR-60 R-145「チャイカ」
指揮通信車輌。
BTR-60 R-145BM
R-145の改良型。
MTP-2
回収車輌
MTR-2
BTR-60SP AAG
キューバで開発された派生型。30mm連装機関砲搭載。
OT-64 SKOT
ポーランドチェコスロバキアが共同で開発した8輪式装甲兵員輸送車。厳密には派生形ではなく競合車輌である。

採用国[編集]

アフガニスタン侵攻時のBTR-60
BTR-60の採用国
ラテンアメリカ
東アジア、東南アジア、南アジア
中東、北アフリカ
欧州、旧ソ連構成国
サハラ以南のアフリカ(ブラックアフリカ

登場作品[編集]

独立拡張パック"Operation Arrowhead"に登場し、プレイヤーやAIが操作可能。
主人公らCIA工作員ソ連軍から奪い、使用する。
Mi-17Mi-24とともに登場。スティンガーミサイルや、対戦車地雷を用いて戦うことになる。
RS国のライセンスとして登場研究をすすめることで生産できる。
北朝鮮の反乱軍が使用。
ステージボスとして登場。PAとPBの2種が登場している。

外部リンク[編集]