BTR-80

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BTR-80
Interpolitex 2013 (533-17).jpg
基礎データ
全長 7.65m
全幅 2.90m
全高 2.46m
重量 13.6t
乗員数 3名
乗員配置 乗員3名、歩兵7名
装甲・武装
主武装 KPVT 14.5mm機関銃×1
副武装 PKT 7.62mm機関銃×1
機動力
速度 10km/h(水上)
整地速度 90km/h
不整地速度 60km/h
エンジン V-8KamAZ-7403
4ストロークV型8気筒液冷ディーゼル
260hp/2,600rpm
懸架・駆動 8輪駆動
行動距離 600km
出力重量比 19.1hp/t
テンプレートを表示

BTR-80ロシア語БТР-80ベテエール・ヴォースェミヂェシャト)は、ソビエト連邦で開発された装甲兵員輸送車である。1984年に採用された。BTR-70の改良型にあたる。

開発[編集]

ソビエト連邦軍では、装甲兵員輸送車として装輪装甲車であるBTR-60PBBTR-70を運用していた、しかし、1979年から始まったアフガニスタン侵攻では、出入り口が上面にしか無いため、乗降しようとした兵士がムジャーヒディーン狙撃される、ガソリンエンジンは被弾するとたちまち発火・炎上し、しかも小型のエンジン2基という組み合わせでは荒地での運用が困難などといった欠点が次々と露呈し、「燃える車輪付き棺桶」という不名誉なあだ名が流布する有様であった。

こうした欠点を改善すべく、アルザマス自動車工場では1984年から新型装甲兵員輸送車の開発を開始した。

構造[編集]

BTR-70がBTR-60PBからの小改造にすぎなかったのに対し、BTR-80は様々な改造が施されている。

主機は、BTR-70までは120馬力のガソリンエンジンを2基搭載していたのに対して、BTR-80では260馬力のディーゼルエンジン1基にまとめられた。ディーゼルエンジンは被弾した際に発火しにくく、また、燃費も良いことから、出力の向上と信頼性の確保がはかられている。

BTR-70では逆三角形の小型のもので実用性に欠けた側面ハッチは、上部にもハッチを追加して大型化している。そのため、ハッチ上部は前方向に、ハッチ下部は真下に開く、やや複雑な構造になっている。兵員室は、天井がやや高くなり容積が増加している。完全武装の兵員8名が左右4名ずつ背中合わせで乗車する。BTR-60以来のガンポートは形状が変化しており、いずれも斜め前方向を向いている。

砲塔も、BTR-60PB以来となるKPVT 14.5mm重機関銃PKT 7.62mm機関銃を各1丁装備したものが搭載されるが、アフガン侵攻で高所から攻撃された戦訓から、機関銃の最大仰角をBTR-70よりも拡大している。また、発煙弾発射機も装備している。

一方で、主機は相変わらず後部に搭載されているため、兵員は車体側面のドアや上部ハッチを用いて乗降しなくてはならない。

運用[編集]

BTR-80は1987年からソ連陸軍自動車化狙撃師団に配備され始め、現在もロシア連邦陸軍自動車化狙撃師団の主力兵員輸送車になっている。輸出も積極的に行なわれており、旧ソ連諸国を中心に22ヶ国以上に輸出されており、5,000両以上が配備されているとみられる。

派生型[編集]

アフガニスタンから撤退するソ連陸軍のBTR-60PB(左)とBTR-80(右)
2S23「ノーナSVK」
BTR-80K
指揮型。
BTR-80A
1995年頃から生産が始まった歩兵戦闘車砲塔を大型化し、2A72 30mm機関砲を外装式に搭載。ハンガリー陸軍が少数採用。
BTR-80S
ロシア国内軍向け仕様。BTR-80Aの2A72 30mm機関砲KPVT 14.5mm重機関銃に再換装。
BTR-82
2009年に登場した最新型。対地雷性能の向上、新型暗視装置GLONASS端末の搭載、300馬力のエンジンへの換装などの改造が行われており、以前のタイプよりも 大幅に性能が向上している。武装は14.5mm重機関銃と7.62mm機関銃
BTR-82A
BTR-82に30mm機関砲を搭載したタイプ。
BREM-
装甲回収車
2S23「ノーナSVK」自走迫撃砲
2S9の2A60 120mm直射・迫撃両用砲塔を搭載した自走迫撃砲
GAZ59032
民間向けの装甲車。天井をさらに高くして、10名が乗車することが可能。
GAZ59037
極地・寒冷地調査用の民間向け車両。暖房設備・物資輸送フォームを搭載。
BTR-80UM
ウクライナで開発された発展型。
BTR-94
ウクライナで開発された発展型。
BTR-3U
BTR-94の発展型。

参考文献[編集]