BTR-70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BTR-70
BTR-70 Belarus 2.jpg
基礎データ
全長 7.535m
全幅 2.8m
全高 2.235m
重量 11.5t
乗員数 2名
乗員配置 乗員2名、歩兵9名
装甲・武装
装甲 前面:9-10mm、側面:7mm 
主武装 KPVT 14.5mm重機関銃
副武装 PKT 7.62mm機関銃
機動力
速度 80km/h(整地)
10-15km/h(水上)
エンジン ZMZ-49O5
4ストローク直列6気筒液冷ガソリン×2
120hp×2
懸架・駆動 8輪駆動
行動距離 400-600(増槽使用時)km
テンプレートを表示

BTR-70は、ソビエト連邦ロシア装甲兵員輸送車1972年に採用、ソ連では1976年から1980年にかけて製造された。BTR-60PBの改良型にあたる。

概要[編集]

車体の大きさはBTR-60とさほど変わっていない(むしろ小型化している)が、エンジンが強化された為、エンジン室は大型化している。それによって兵員室は少々ながら小型化している。また、兵員乗降用ハッチが上部にしかなかったBTR-60の欠点を改良し、第2、第3車軸の間に乗降用ハッチを増設した。しかし逆三角型の小型のもので実用的とは言えず、後部にエンジン室がある為後部から乗降できないという弱点は残った。

新機能とは言えないが、路面の状態を見て乗員がタイヤの空気圧を車内から変更できる。また、NBC汚染環境下でも行動できるよう与圧式NBC防護装置を採用している。

砲塔は、BTR-60PB以来の全周砲塔で搭載兵器の俯仰角度は-5度~+30度。KPVT 14.5mm重機関銃PKT 7.62mm機関銃を搭載しているが、AGS-17自動擲弾銃を搭載した派生型も存在する。側面にはガンポートが6箇所あり、密閉した状態での乗車戦闘が可能である。

浮行性も有し、水上では後部に1つ取り付けられたウォータージェットで推進する。BTR-60とは違って車体に消波器が設置されている。

実戦[編集]

アフガニスタン侵攻で初めて実戦に投入されたが、ガソリンエンジンの為、被弾した際に発火・炎上しやすいという弱点を露呈し、BTR-60共々「燃える車輪付き棺桶」という不名誉なあだ名がつけられた。また、側面ハッチは小型で完全武装の兵士には使用しづらく、上面から出入りしようとした兵士はみすみすムジャヒディンの餌食となった。これらの戦訓から、改良型のBTR-80ディーゼルエンジンを搭載し、側面ハッチを拡大している。

国際連合平和維持活動の内、国際連合ボスニア・ヘルツェゴヴィナ・ミッションではネパール軍パキスタン軍がBTR-70を投入した。

チェチェン紛争においては装甲を厚くするなどしたが、市街戦の際に外部に取り付けられた増槽、ハッチ、機関室、砲塔などを携帯対戦車ミサイル狙撃され、多大な損害を出した。

派生型[編集]

BTR-70 三面図
BTR-70 M1978
前期生産型。
BTR-70 M1986/1
後期生産型。ターレットの改良、装甲の強化などがされている。
BTR-70MS
通信用車輌。
BTR-70KShM
指揮官用車輌。
BREM
回収車輌
BTR-70Kh
化学兵器検知車輌。
SPR-2
ジャミング車輌。
BTR-70 9K31地対空ミサイル搭載型。
BTR-70 AGS-17搭載型
AGS-17自動擲弾銃を搭載している。アフガニスタン侵攻の際に使用された。

このほか、最近は砲塔BTR-80のものに換装されている車両がある。

2S14 Zhalo-S
BTR-70に砲塔形式で2A62 85mm砲を搭載した対戦車自走砲。試作のみ。

TAB-77[編集]

ルーマニアライセンス生産車両。エンジンを132馬力のディーゼルエンジン2基に換装。

アフガニスタンで国際治安支援部隊として行動中のTAB-77
TAB-77A 145M
指揮通信車輌。乗員は3+7名。7.62mm同軸機関銃は撤去されている。
TAB-77A B-33
1996年に発表された改良型。主機を250馬力のディーゼルエンジン1基に換装。機関銃塔の射撃サイトを大型化。乗員は3+8名。


運用国[編集]

関連項目[編集]