T-84

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-84
UkrainianT84Tank.jpg
T-84
性能諸元
全長 9.720 m
車体長 7.705 m
全幅 3.560 m
全高 2.285 m
重量 48 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 65 - 70 km/h整地
45 - 50 km/h(不整地
行動距離 450 km
主砲 125 mm 滑腔砲 KBA-3
副武装 12.7 mm 機関銃 KT-12.7
7.62 mm 機関銃 KT-7.62
装甲 爆発反応装甲
エンジン 水平対向ピストン6TD-2ディーゼル
1,200馬力
乗員 3 名
テンプレートを表示

T-84ウクライナ語:Т-84テー・ヴォスィムデスャート)は、ウクライナで開発された第三世代主力戦車である。

概要[編集]

ソビエト連邦時代に開発されたT-64の改良型であるT-80UDをもとに開発され、ウクライナ陸軍で運用されている。

開発[編集]

ウクライナの独立により同国きっての戦車・装甲車輌メーカーとなったO・O・モローゾヴ記念ハルキヴ機械製造設計局(以下、KhKBM)では、ウクライナの軍事面でのロシアからの独立を確立するため、独立ウクライナ最初の新型主力戦車の開発が開始された。部品の供給は、ソ連時代には連邦内各地の工場で製造されたものが当てられていたが、これをウクライナでは国内で賄うものとした。

まったく新しい車輌を開発するというのではなく従来のものを改良するという実用性重視のソ連時代からの伝統に則って、KhKBMでは同局がソ連時代に開発したT-80UDをもとにこれを開発することとした。ムィハーイロ・ボルィシュークに率いられた設計チームにより開発作業が行われ、試作初号車は1994年末に製造された。

T-84と命名された新型戦車の製造はモローゾフ設計局とV・O・マールィシェヴ記念工場で行われた。1999年よりウクライナ軍での運用が開始された。

T-84の特徴は、ソ連時代のロシア製鋳造砲塔にかわり採用されたウクライナ製の溶接砲塔、爆発反応装甲赤外線測距儀デジタル化された火器管制装置自動装填装置、新しい1200 馬力のエンジン、衛星ナビゲーションシステム、ロシア製のTShU-1-7シュトーラ1電子制御指揮対対戦車ミサイル攪乱装置などである。ソ連時代のロシア製鋳造砲塔にかわってT-84に採用された溶接砲塔は、ウクライナからパキスタンへ輸出されたT-80UDの一部にも採用された。

装備[編集]

主砲はソ連標準の口径125 mm 滑腔砲で、T-80UDから受け継がれたものであった。この戦車砲ではAPFSDS(装弾筒付翼安定徹甲弾)、HEAT(対戦車榴弾)、HE(榴弾)、HE-FRAG(高性能榴弾)など、現代の主力戦闘戦車で運用される標準的な弾頭が運用できる。

さらに、T-80で採用された9M119Mレフレークスレーザー・ビーム・ライディング誘導対戦車ミサイルの発射が可能である。9M119Mは、レーザーを戦車から目標に照射しその反射を捉えて弾体を誘導する、セミアクティブレーザー誘導方式を採用している。マッハ 2程度の速度で飛翔し、射程は5,000 m 程度、750 mm から800 mm 程度の装甲(均質圧延鋼板換算)を貫通するとされる。T-84はそれまでのソ連の戦車と同様に自動装填装置を装備しており、装填手は搭乗していない。

防御装備として、新しい装甲システムのほか、対赤外線防御装置TShU-1-7シュトーラ1を装備している。これは、地上・上空の敵からの赤外線暗視装置や赤外線誘導方式の対戦車ミサイルに対して強力な赤外線を照射することにより妨害したり敵のレーザー照射を妨害する装置で、電子制御で操作される。

機動力[編集]

T-84は、元となったT-80UD同様にディーゼルエンジン(水平対向ピストンエンジン)を搭載しているが、コンパクトかつ1,200馬力という優れた能力を持つこの6TD-2エンジンにより26 馬力/トンの出力重量比を得て世界有数の高速戦車となっている。

なお、同世代のロシア陸軍の戦車T-90は18 馬力/トン(総出力840 馬力)のエンジンを搭載しており、走行能力もT-84より劣っている。T-84では運用可能温度範囲も向上され、-40度から+55度までの範囲で車輌・乗員ともに安全な状態で運用ができる。

発展型[編集]

T-84“オプロート”とも呼ばれる発展型は、新しい装甲システムと新しい砲塔とを備えている。オプロートは2001年に10輌がウクライナ軍に納入され、8月24日独立記念日のパレードで披露されている。

また、T-84-120とも呼ばれる輸出用の発展型、“ヤタハーン”が輸出用の車輌として製造され、ギリシャトルコマレーシアでのトライアルに参加した。この戦車はそれまでのソ連標準の125 mm 砲にかえてNATO標準の120 mm 砲と対戦車ミサイルを備え、より幅広い市場の獲得を目指している。

派生型[編集]

T-84(ウクライナ語: Т-84
基本型。
T-84U(ウクライナ語: Т-84У
T-84のアップグレード型。装甲サイドスカート、砲塔へのコンフォーマル型コンタークト5爆発反応装甲、赤外線画像サイト、衛星ナヴィゲーションシステム、指揮官用レーザー測距儀などの改良点を盛り込んだ。
オプロートウクライナ語: Оплот
T-84Uに新しい西側仕様の砲塔を搭載した発展型。名称はウクライナ語で「」のこと。主砲はソ連式の125 mm 砲が搭載されている。乗員室と砲弾室とを別区画に分けた新型溶接砲塔を搭載するなどの変更点も盛り込んだ。少数がウクライナ陸軍で運用されている。
BREM-84ウクライナ語: БРЕМ-84
オプロートの車体を流用した装甲回収車
BMU-84ウクライナ語: БМУ-84
オプロートの車体を流用した架橋戦車
BTMP-84ウクライナ語: БЕМП-84
オプロートを発展させた歩兵戦闘車。車体後部を拡張し、エンジンを右半分に寄せた形にして左側に通路兼兵員搭乗部を設置し、車体後面に乗降ハッチを新設している。砲塔部は原型の戦車のものをそのまま搭載した重武装型の歩兵戦闘車となっている。
ヤタハーンウクライナ語: Ятаган
トルコ軍向けに開発された発展型。名称はウクライナ語で「ヤタガンオスマントルコで用いられたサーベルの一種)」のこと。開発名称はKERN2-120КЕРН2-120)といった。NATO標準の120 mm 主砲を搭載した。この砲では、アメリカ製のAPFSDSであるM829劣化ウラン弾などを運用できた。また、この砲のために特別に開発された120 mm 仕様の9M119Mレフレークス対戦車ミサイルも運用できた。その他、駆動系、火器制御システム系を中心に多くの改良がなされた。

運用国[編集]

ウクライナ陸軍
アンゴラ共和国軍
パキスタン陸軍 - T-84仕様に変更したT-80UDの輸出型。
グルジア陸軍


関連項目[編集]

外部リンク[編集]