NSV重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NSV重機関銃
NSVT (2).JPG
Sisu XA-180銃架に搭載されたNSVT重機関銃
NSV重機関銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 G・I・ニキーチン
Y・S・ソコロフ
V・I・ヴォルコフ
KBP社
年代 冷戦-
仕様
種別 重機関銃
口径 12.7mm
銃身長 1,100mm
ライフリング 8条/右回り
使用弾薬 12.7x108mm弾
装弾数 50発
作動方式 ガス圧作動方式
全長 1,560mm
重量 25kg(銃本体)
41kg(三脚架
11kg(弾丸50発とベルトリンク
発射速度 700-800発/分
銃口初速 845m/秒
有効射程 1,500m(対空)
2,000m(対地)
歴史
設計年 1969年
配備期間 1971年-現役
配備先 ソビエト連邦軍
バリエーション 派生型を参照
テンプレートを表示

NSV重機関銃(NSVじゅうきかんじゅう、ロシア語: НСВ Никитина-Соколова-Волкова)は、第二次世界大戦後にソビエト連邦が開発した口径12.7mmの重機関銃である。

概要[編集]

NSV重機関銃は第二次世界大戦後の1969年に、DShK38の後継としてG・I・ニキーチン(Г. И. Никитин)、Y・S・ソコロフ(Ю. М. Соколов)、V・I・ヴォルコフ(В. И. Волков)の3名が合同で開発した。このため、1971年ソビエト連邦軍に制式採用された際、3人のファミリーネームの頭文字をとってНСВ(ラテン文字:NSV)と命名された。

NSV重機関銃の本体重量は23kgと、DShK38重機関銃の34kgに比べて3分の2に軽量化されている。歩兵用に設計された重量41kgの三脚架のほか、KPV 重機関銃の代わりにZPU-1対空砲架に搭載して運用する。さらに、T-64T-72T-80といった主力戦車砲塔上や車両のターレットに搭載する。

NSV重機関銃の生産工場はカザフ・ソビエト社会主義共和国に存在していたため、1991年ソ連崩壊カザフスタンが独立するとロシア連邦軍が補修部品を入手するのが困難になった。さらに、ロシア連邦軍はより命中精度の高い12.7mm重機関銃を要求したため、ロシア連邦は1998年に新たに開発されたKord重機関銃を制式採用したので、近いうちにロシア連邦軍のNSV重機関銃はすべて退役する予定である。

NSV重機関銃はソビエト連邦以外ではブルガリアインドポーランドユーゴスラビアセルビア)でライセンス生産されている。

派生型[編集]

NSVT
車載型で、戦車砲塔上などに搭載する。セルビアザスタバ・アームズでもツァスタバ M87としてライセンス生産され、M-84戦車などに搭載している。
WKM-B
ポーランドが開発した派生形で、NATO加盟国で一般的な重機関銃であるブローニングM2と同じ12.7x99mm弾(.50BMG)を使用する。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]