TAM (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TAM中戦車
TAM snorkel.JPG
性能諸元
全長 8.23m
車体長 6.75m
全幅 3.25m
全高 2.42m
重量 30.5t
懸架方式 トーションバー方式
速度 75km/h
行動距離 590km
940km(外部タンク付き)
主砲 105mm ライフル砲
副武装 7.62mm機関銃MAG×2(同軸×1、対空×1)
装甲 25mm
エンジン MTU-MB 883 Ka-500
6気筒ディーゼル
720hp
乗員 4名
テンプレートを表示

TAMスペイン語: Tanque Argentino Mediano、アルゼンチン製中戦車の意味)は、アルゼンチン中戦車シリーズである。

開発[編集]

1970年代M4 シャーマン中戦車の後継たる戦車M9 ハーフトラックの後継たる歩兵戦闘車を求めていたアルゼンチン陸軍は、ドイツティッセン・ヘンシェル社のマルダー歩兵戦闘車を基に、TAM中戦車シリーズを設計した。TAMは、1976年試作車が完成し、1979年に就役した。輸出はエクアドルのみである。

概要[編集]

TAMは、戦後第二世代型の戦車である。主砲は、初期型がイギリス105mm L7 ライフル砲、後期型がフランス製105mm CN-105-57 ライフル砲を採用しているが、大半は西ドイツ製のラインメタル 105mm LTA2 ライフル砲である。

車体構造については、イスラエルメルカバと同様に、エンジンが車体前部に搭載されているのが最大の特徴である。ただし、メルカバは防御力向上を目的としているのに対して、TAMは歩兵戦闘車などの派生形の製作を容易にする目的でこの構造を採用した。また、TAMは、M60パットンチーフテンレオパルト1AMX-30T-6274式戦車などの第二世代型主力戦車と比べても最軽量の部類に入る。

派生形[編集]

TAMは、前述のようにファミリー化を前提に設計されているため、主要な装甲戦闘車両はほとんどこのTAMの派生形で製造可能である。

各バリエーション比較表[1]
VCTP VCA 155 VCTM VCPC VCLC VCA VCRT
重量 28.2トン 40トン 26トン 25トン 32トン 28トン 32トン
武装 20mm機関砲ラインメタル Rh202 155mm榴弾砲L/41 120mm迫撃砲 7.62mm汎用機関銃MAG 160mm or 350mm ロケット砲 LAR-160 None 7.62mm汎用機関銃MAG
航続距離 590km 520km 520km 520km 520km 520km 520km
出力重量比 24hp/t 18hp/t 28.8hp/t 28.8hp/t 22.5hp/t 26.7hp/t 22.5hp/t
最高速度 75km/h 55km/h 75km/h 75km/h 75km/h 75km/h 75km/h
VCTP
「VCTP」とは、"Vehiculo Combate y Transporte Personal"の略。
20mm機関砲ラインメタル Rh202を装備した歩兵戦闘車
VCA 155
「VCA」とは、"Vehiculo Combate Artilleria"の略。
155mm榴弾砲を搭載した自走榴弾砲イタリアオート・メラーラが設計したパルマリア自走榴弾砲砲塔を搭載している。
VCTM
「VCTM」とは、"Vehiculo Combate Transporte Mortero"の略。
120mm迫撃砲を搭載した自走迫撃砲。
VCPC
「VCPC」とは、"Vehiculo de Combate Puesto de Mando"の略。
装甲指揮通信車。
VCLC
「VCLC」とは、"Vehiculo de Combate Lanza Cohetes"の略。
160mm多連装ロケットランチャーを搭載した自走ロケット砲。イスラエルLAR-160 26連装ロケットランチャーを搭載している。
VCRT
「VCRT」とは、"Vehiculo de Combate Recuperador Tanques"の略。
装甲回収車
VCDT
「VCDT」とは、"Vehiculo de Combate de Direccion Tiro"の略。
自走式砲兵観測車。
VCMun
「VCMum」とは、"Vehiculo de Combate de Transporte de Munición"の略。
弾薬運搬車。上記のVCA 155mm自走榴弾砲に砲弾補給する。
VCDA
「VCDA」とは、"Vehiculo de Combate de Defensa Aerea"の略。
対空戦車。量産されず。

出典[編集]

  1. ^ Mazarrasa, pp. 56–63

関連項目[編集]