航法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

航法(こうほう)とは、船舶航空機自動車宇宙機などの移動体において、出発地から経由地、目的地までの航行を導く方法である[1]

コンパスや時計を備え、天体や地勢を観測することで方位や位置を知り、移動体側が単独で進行方向を判断し決定することが最も基本的な航法であるが、科学技術の発展に従って多様な道標となる施設の援用が利用可能となった。今日では衛星測位システムによって簡便ながら正確な位置情報が得られるようになっており、安全性向上目的の冗長性確保や非常時の特殊事情を除けば、複雑で高度な技量が求められる従来型の航法技術は廃れる傾向にある。

代表的な航法を以下に示す。多くの場合、これらの複数が実際の航法として用いられている。

航法を担当する専門職として、長距離路線を飛ぶ航空機の黎明期には「航空士」という職務が存在していた。船舶では今でも「航海士」が船の航法を担当している。 [4]

脚注[編集]

  1. ^ 航法(こうほう) - Yahoo!百科辞典(日本大百科全書)(2012年2月22日閲覧)
  2. ^ 園山、くらべてわかる、8-29頁
  3. ^ 川崎、船舶の基本と仕組み、54-65頁
  4. ^ 川崎、船舶の基本と仕組み、67頁

参考図書[編集]

  • 園山耕司著、『くらべてわかる航空管制』、秀和システム、2011年12月25日第1版第1刷発行、ISBN 9784799031989
  • 川崎豊彦著、『船舶の基本と仕組み』、秀和システム、2010年6月1日第1版第1刷発行、ISBN 9784798025940

関連項目[編集]