9M119 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

9M119 レフレークスロシア語9М119 «Рефлекс»ヴェーヴャチ・エーム・ストー・ヂヴィナーッツァチ・リフリェークス)は、ソ連で開発された対戦車ミサイルである。改良型は、9M119M レフレークスMと呼ばれた。ミサイル本体は9M119であるが、ミサイル発射システムは9K119と呼ばれる。北大西洋条約機構(NATO)の用いたNATOコードネームでは、9M119はAT-11「スナイパー」(Sniper)、9M119MはAT-11「スナイパーB」(Sniper-B)と呼ばれた。なお9M119はGRAUコードによる番号である。

なお、愛称に関しては9M119に対してはロシアスヴィーリ川に因んだ「スヴィーリ」という愛称が使われ、9M119Mに対して「レフレークス」が用いられたとする資料も少なくないが、ロシアではこのような区分は見られず「スヴィーリ」は9M120の愛称とされている。

概要[編集]

ソ連では、戦車の125mm主砲から発射できる対戦車ミサイルの開発が盛んに行われていた。9M119は、新型戦車T-80の開発にあわせ、それまでのT-64で使用されていた9M112「コブラ」英語版に代わるミサイルとして開発された。設計は、トゥーラにある自動化・制御システム開発設計局で行われた。

発射は2A46戦車砲KBA-3戦車砲から行われる。射程は75-5,000mで、目標へ直角に命中した場合、700-750mmの装甲を破壊できる。また、9M119は2A45MスプルートB砲からも発射できる。9K119は、ソ連時代に開発されたT-80シリーズに加え、ロシア連邦T-90シリーズ、ウクライナT-84シリーズにも継承された。普及型戦車として開発されたT-72は当初は主砲からのミサイル発射能力を有していなかったが、ウクライナで開発されたT-72AG(T-72AH)のような近代化改修型では9M119の運用が可能となっている。加えて、中華人民共和国96式戦車98式戦車99式戦車でも運用が可能となっている。

運用される主な車輌[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]