イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Israel Weapon Industries
企業形態 private[1]
業種 軍需産業
設立 1933 (Unoficially)
本拠所在地 イスラエルの旗 イスラエルRamat HaSharon
製品 , 兵器
ウェブサイト israel-weapon.com

イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ: Israel Military IndustriesIMI) は、イスラエルを代表する兵器コンツェルンである。以下、略称であるIMI社と表記する。

IMI社は銃器だけでなく様々な兵器を開発してきており、どれもイスラエルという土地柄、バトルプルーフ(実戦実証)されたものが多い。

なお、当項目で特に扱う小火器(銃器)部門は2005年にIMI社の組織替えから独立状態となり、新たに「イスラエル・ウェポン・インダストリーズ: Israel Weapon Industries。略称IWI) 」の社名で再スタートを切った。

IMI社の歴史と概要、兵器開発の経緯[編集]

IMI社は、1933年にユダヤ国防組織「ハガナー」のための武器密造と、その密造(および中東諸国からの圧力)によりイギリス等からの武器援助が望めなくなったことを受け、国外のユダヤ人の助けにより設立された。特にその設立に深く関与し、武器開発用製造機器等を密輸出していたのはチェコ系ユダヤ人であったという。

1948年にイスラエルが建国された後は、兵器の国産化を図るために、様々な国外の兵器をコピーしつつも、それをイスラエルの風土・戦争に合わせて改修してきた。

最初のIMI社オリジナルの武器第一号は「76.2mmダヴィドカ迫撃砲」である。

  • 1954年 IMI社の名前と高い信頼性を世界に知らしめた「UZI」(短機関銃)が完成。
  • 1973年 AK-47をコピーした「ガリルアサルトライフルイスラエル国防軍に採用される。
  • 1979年 更にIMI社の名声を高めたバトル・タンク「メルカバ戦車がイスラエル軍に納入される。
  • 1980年イタリアタンフォリオ社の技術提供を受け「ジェリコ941ピストルを開発。
  • 1982年 マグナムリサーチ社の依頼により、マグナム・オート「デザートイーグル」の基本形を完成させる。
  • 1990年 イスラエル政府と民間企業の援助による半官半民の体制となる。
  • 1997年 軽機関銃ネゲヴ」の本格的な生産を開始。
  • 1999年 イスラエル国防軍の次期主力アサルトライフルタボール」が完成。
  • 2001年 新世代センサテック(ポリマー、合成樹脂)・フレームを採用した拳銃「バラク」を開発。
  • 2002年 国防軍から独立し、ほぼ完全な民間企業となる。
  • 2005年 IMI社内の組織替えにより同社小火器部門を分割、民間企業「IWI」社として独立させる。以降、IMI社の小火器は全てIWI社に引き継がれ、生産・販売される。
  • 2009年 IWI社製銃器全種の大幅な方針転換、及びモデルチェンジを実施。ガリルの改良型「エース」シリーズ、マイクロUZIの改良・派生型「UZI プロ」が発表される。また、タボール系統の中でも特異な位置付けにあったMTAR-21を「X95」として独立させ、ポリマー拳銃バラクは逆にジェリコ・シリーズへ統合し「ジェリコB」に改名した。
  • 2013年 イスラエル政府がIMIの国防上で重要な部門を除いて、弾薬製造部門等を民営化することを決定。経営不振で多額の負債を抱えるIMIの従業員の約3分の1に当たる1170人はリストラされる見込み。

その他にも、F-16戦闘機の国産化や、フランスの援助によって開発された「ジェリコミサイル、「シーポン」対戦車ロケットランチャー等を開発した。なお、F-16、ジェリコ等については同社の派生企業であるIAI社、ラファエル社等が現在は生産している。

現在のIMI社は、陸戦火器部門、弾薬製造部門等に分けられている。

IMI社の現在の所在地は、テルアビブ市内のラマト・ハシャロンにある。IMI社小火器部門の敷地内の一角は、引き続きIWI社として現在も存在する。

代表的な製品(小火器)[編集]

デザートイーグル
ウージー

以下に、IMI社の代表的な拳銃・サブマシンガン・アサルトライフル・軽機関銃を挙げる。


拳銃[編集]

サブマシンガン[編集]

  • ステンガン - IMI社設立前に製造
  • UZI - グリップ部に弾倉を装着することにより全体のバランスが整っている。折り畳み銃床標準装備。
  • ヘジ SM-1 PDW - M1カービンをブルパップ方式に改造出来るコンバージョン・キット。

アサルトライフル[編集]

  • ガリル - AK-47の機関部構造を採り入れ、イスラエル国防軍の口径5.56×45mm系列弾薬へ適合するようにしたもの。
  • タボール - 通称TAR-21。次世代のブルパップ方式アサルトライフル。
    • X95 - タボールの派生型で口径コンバージョン可能なアサルト・カービン/サブマシンガン。旧称MTAR-21マイクロ・タボール)。
  • FAL - ライセンス生産。現在は生産完了品扱いとなっている。

軽機関銃[編集]

代表的な製品(兵器)[編集]

  • IMI 120 mm MG251戦車砲
  • ディライラ 巡航ミサイル、ディライラ2 巡航ミサイル
  • LAR-160 多連装ロケット砲
  • ARPAM Active aRmor Protection against Anti-tank guided Missiles
  • アイロンフィスト アクティブ防御システム
  • リンクス 自走式多連装ロケット砲

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]