TR-85

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TR-85
Expomil 2005 01 TR-85M1 03--A.jpg
基礎データ
全長 9.96m
全幅 3.435m
全高 3.10m
重量 50t
乗員数 4名
装甲・武装
装甲 徹甲弾の580mmの侵徹に抗堪
主武装 100mm A-308戦車砲弾薬41発携行
副武装 同軸7.62mm機関銃PKT、弾薬4,500発携行
12.7mm対空機関銃DShKM、弾薬750発携行
備考 400輌生産。THM-5800 流体変速機(前進4速、後進2速)を装備
機動力
速度 60km/h
エンジン モデル8VS-A2T2M
V型8気筒ディーゼル
860hp
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 400km
出力重量比 17.2hp/t
テンプレートを表示

TR-85は、ルーマニア陸軍の配備する主力戦車である。本車は、ソ連戦車T-55の後継としてルーマニアで作られたTR-77-580を設計の基礎としている。レオパルト1の試作車輌で使用されたものと同様なT-ブロックパワーパックは、ライセンス生産されたドイツ製のV型8気筒830馬力ディーゼルエンジンをベースとしたものである。

国産の設計による火器管制装置"Ciclop"は横風観測装置とLRF(レーザー測距装置)を備え、完全に再設計の施されたサスペンションと車体両側面の6つの転輪が本車の重量を支持する。金属製のサイドスカートはこの走行装置を防御している。戦闘重量は47.2t。原型車輛は1978年-1985年にかけて開発された。車輛の量産は1986年から。

派生型[編集]

TR-85M
TR-85の改修型。砲塔にバスルを追加した。
TR-85M1 "Bizonul"
現代化改修を施したTR-85。追加装備されたものは、より強力なエンジン、新型の火器管制装置である"Ciclop-M1"、砲口照合装置、サーマルスリーブ(砲身被筒)、レーザーシステム、熱源探知システムだった。この戦車はレーザー警報レシーバーを備え、レーザー誘導波の直射を受けずとも、その散乱した反射波を拾いあげることができる。エリア内にLRF/LDが検知されると、搭乗員は警報を受けることができる。また、本車は12基の発煙弾発射機と1基のサーマルトラップを装備する。新規設計された100mm APFSDSであるBM-412Sgが配備され、この主砲装甲貫徹能力は射程1,000mにおいてRHA換算450mmに達した。TR-85M1はまた、新規の大型砲塔を持ち、追加装甲を備えている。開発計画に関係した企業は以下の通り。
アエロスパシアル・マトラ、Sagem、Kollmorgen-Artus、Racall、エレクトロマグネティカ、Faur、Elprof、UM Resita、Aeroteh、IOR si IOEL。
TR-85M2
試験中の車輌。
DMT-85M1
新型の固定式上部車体、6.5tクレーン、パーソンズTWMP地雷除去鋤を備えた装甲工作車車長用にRWSを装備したキューポラがある[1]2007年-2009年にかけ、5輌が生産された。

使用国[編集]

ルーマニアの旗 ルーマニア ルーマニア陸軍

  • 93輌のTR-85M1が配備された[2]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Boost for Romanian Army armoured engineer capability”. Janes.com (2009年12月8日). 2010年1月15日閲覧。
  2. ^ The Military Balance 2010

参考文献[編集]

外部リンク[編集]