マンバ装甲兵員輸送車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンバ装甲兵員輸送車
基礎データ
全長 5.46m
全幅 2.205m
全高 2.495m
重量 5.7t
乗員数 11名
装甲・武装
主武装 12.7mm重機関銃x1
機動力
整地速度 102km/h
エンジン メルセデス・ベンツ312N
ターボチャージャー付きディーゼル
懸架・駆動 4x4
行動距離 900km
テンプレートを表示

マンバ(Mamba)は、南アフリカ共和国ブッフェル装甲兵員輸送車の後継としてウニモグをベースに設計した、四輪式の装甲兵員輸送車である。

概要[編集]

マンバ装甲車は、道路のインフラが貧弱であるか、全く整備されていない地域での運用を前提に設計されている。見た目の形状はライトバンに似たものとなっている。

また、1970-80年代南アフリカ共和国が設計した装甲兵員輸送車に共通する特徴として、対戦車地雷の爆風を車体の左右に逃がすために車体底部をV字型にしている。

アパルトヘイト政策廃止後は南アフリカ共和国の主要な輸出商品の一つとなり、世界各国でPKO任務などに投入されている。

派生型[編集]

マンバMk.1
初期型。足回りは2x4(二輪駆動)。
Springbuck Mk1
改修型。
Reba Mk1
ICP社による改修を受けた型。
Puma
エンジンと駆動系をトヨタ・ダイナ 7-145の物に更新した型。
マンバMk.2
足回りを4x4(四輪駆動)に変更。
マンバMk.2 EE
エストニア陸軍向けに生産された型。
マンバMk.2 SW
スウェーデン陸軍向けに生産された型。
Komanche SWB
前後の車輪の間隔を短縮化した車両。操縦士含め7名が搭乗可能。
Sabre
車体後部を貨物区画に変更した型。車体前部のキャビンには4名が搭乗可能。
アルビス4
イギリス陸軍向けにアルビスUK社がライセンス生産した型。
アルビス8
Komanche SWBのライセンス生産型。
RG-31 ニアラ
TFM社が再設計した型。
Romad
Sandock Austral社による改修型。
Reba Mk2
ICP社による改修を受けた型。エンジンをカミンズ社製のものに換装。
Springbuck Mk2
改修型。
マンバMk.3
エンジンをメルセデス・ベンツ 321Nに変更。
Reba Mk3
ICP社による改修を受けた型。
Taipan
オーストラリアの特殊車両システム計画(Australian Specialised Vehicle System)の候補として、エンジンをメルセデス・ベンツ OM366LA ターボディーゼルに換装した型。ブッシュマスター装甲車に敗れる。

採用国[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]