V字型車体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海兵隊人員輸送車両en:Marine Personnel Carrier)の後部面で、緑色の線で強調された部分がV字型となっている。これによりIEDの攻撃から被害を防いでいるが、それと引き換えに重心が上がり転倒する可能性が増大している。

V字型車体(ブイじがたしゃたい、英語V-hull)は、装甲兵員輸送車(APC)や歩兵機動車(IMV)および歩兵戦闘車(IFV)で用いられる装甲車両設計の方法の一種。その設計の先駆は1970年代に登場したレオパルド装甲車en)に求められ[1]ローデシア紛争に投入される。そして、南アフリカランド・システムズ OMC社(en:Land Systems OMC)製のラーテル歩兵戦闘車ブッフェル装甲兵員輸送車がある。

デザイン[編集]

その設計の目的は地雷即席爆発装置の爆風から乗員や車体の生存性を向上させるためで、V字型の傾斜装甲を採用している[2][3]。装甲板にある一定の角度を与えることによって、爆風によって飛散する破片等が車内に貫通しないように逃し、装甲材使用量の増加を抑制しつつ生存性の向上を図っている。

V字型車体は、幾つか異なる方法で装甲車両の設計に取り入れられている。多くの車種では、例えばBAEシステムズ社のRG-33en:RG-33)はモノコックシャシにV字型車体を取り込み、他にはATF ディンゴインターナショナル マックスプロen:International MaxxPro)のようにボディ・オン・フレームにV字型車体コンポーネントを、そして更にV字もしくは半円形部位を用いることによって動力伝達系路を保護している[4]。他には、クーガー装甲車のようにV字型乗員コンポーネントを備え、動力伝達系路とサスペンションコンポーネントが破壊されるのと引き換えに、乗員の安全を確保する方式もある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]