DShK38重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DShK38重機関銃
12,7-мм станковый пулемёт ДШК образца 1938 года (3-1).jpg
車輪と防盾の付いた銃架に装着されたDShK38
概要
種類 重機関銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 ヴァシーリー・デグチャレフ
ゲオルギー・シュパーギン
性能
口径 12.7mm
銃身長 1,070mm
使用弾薬 12.7x108mm弾
装弾数 ベルト給弾式50発
作動方式 ガス圧式
全長 1,625mm
重量 銃本体:34kg
車輪付き銃架込み:157kg
発射速度 600発/分
銃口初速 850m/s

DShK38重機関銃(DShK38じゅうきかんじゅう、ロシア語: ДШКДегтярёва-Шпагина Крупнокалиберный、デグチャレフ=シュパーギン大口径)は、ソビエト連邦製の対空用重機関銃である。しばしば対人でも使用される。この重機関銃は、ヴァシーリー・デグチャレフが基礎設計を行い、ゲオルギー・シュパーギンが装弾機構を改良した。愛称はDushka(デュシーカ、デシーカ)で、ベトナムでこれと遭遇したアメリカ軍は、Dush-K(ダッシュK)などと呼んだ。

開発[編集]

ソビエト連邦軍1929年に対空用大口径重機関銃の開発を開始した。初期開発はデグチャレフが担当し、1930年に完成したこの重機関銃はDKと呼称されていた。しかし、DK重機関銃は給弾機構が30連発ドラムマガジンであるが故にすぐに弾切れを起こしたため、1933年-1935年にかけて少数が製造されるに留まった。シュパーギンは、DK重機関銃の給弾機構をベルト式に変更した改良型を設計し、1939年にDShK1938として採用された。この重機関銃は第二次世界大戦以降、ソビエト連邦軍の標準重機関銃として使用されている。

一般的なソ連ロシアのベルト給弾式機関銃は銃の右側から給弾されるように設計されていることが多いが、DShKは西側諸国の機関銃と同様に左側から給弾されるように設計されている[1]

運用[編集]

DShK1938は多目的に運用された。三脚などに搭載したり、GAZ-AA トラックに3挺搭載しての対空任務や、IS-2重戦車SU-152自走砲T-40水陸両用軽戦車などに搭載されての歩兵支援などに使用された。

DShKの三脚はPM1910重機関銃銃架と同様に牽引用の二輪と防盾が付いており、この銃架は車輪を取り外した後に脚を展開して対空用の三脚架として用いることも可能である。

1946年には給弾機構に改良を加えたDShK1938/46(DShKM)が開発され、T-54T-55T-62砲塔上などに搭載された。その後、ソビエト連邦軍ではDShKは新型でより軽量なNSV重機関銃に更新されて退役したが、DShKは中国(54式重機槍)、ルーマニアパキスタンライセンス生産されているほか、多くが東側諸国や共産ゲリラ組織への軍事援助に供与された。

また、多くのDShKがアフリカ中東などの地域紛争において、ピックアップトラックなどの荷台に搭載して使用されることも多い。

DShK重機関銃が登場するメディア作品[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第二次世界大戦中のソ連はレンドリース法によって西側製の機関銃を大量に供与されており、大戦中に限ってはソ連軍内において左側から給弾される機関銃は決して珍しくなかった。また、第二次大戦終結後まもなく開発されたRPD軽機関銃も、銃の左側から給弾されるように設計されている

関連項目[編集]