87式自走高射機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
87式自走高射機関砲
Type87japan.jpg
陸上自衛隊広報センターの試作車
基礎データ
全長 7.99m
全幅 3.18m
全高 4.40m
重量 38.0t
乗員数 3名
装甲・武装
主武装 90口径35mm対空機関砲KDA×2(俯角-5~+80度)
機動力
速度 53km/h
エンジン 三菱10ZF22WT
空冷2ストロークV型10気筒ターボチャージドディーゼル
720hp/2,200rpm
行動距離 300km
テンプレートを表示

87式自走高射機関砲(はちななしきじそうこうしゃきかんほう)は、陸上自衛隊が装備する自走式対空砲である。

防衛省では略称を87AW、広報向け愛称を「スカイシューター」としているが、部隊では「ガンタンク」や、敵航空機を蝿に見立てて、それを撃墜するという意味で「ハエ叩き」とも呼ばれる。

開発[編集]

アメリカから供与されていた40mm自走高射機関砲M42及びM15A1対空自走砲の後継として、1978年に部分試作が開始された[1]

ドイツゲパルト自走対空砲を参考に、当初は61式戦車の車体(架台車)を流用する構想であったが[1]、試作を作った際に61式の車体に対して砲塔が過大だったこと[1]と、計画自体が10年ほど延期されたことによるST車体の陳腐化のため、74式戦車の車体を拡大した新造車体に改めて1982年に全体試作を開始し、試作車両は1983年に完成、各種テストの結果1987年に制式化された。この試作車は現在では陸上自衛隊広報センターに展示されている。

車体部の設計は91式戦車橋に流用されている。

特徴[編集]

履帯周辺にSTBの特徴を見る事が出来る。戦車に比べ、シルエットがかなり大きい。
架台車は三菱重工業、砲塔は日本製鋼製造
下志津駐屯地での87式自走高射機関砲
油気圧サスペンションにより、車体高を最低にしている
富士総合火力演習に参加した87式自走高射機関砲

砲塔の左右にスイスエリコン社製35mm対空機関砲KDAを1門ずつ、2門装備し、砲塔上部の後方にパルス・ドップラー方式索敵レーダーと、追尾レーダーが配置されている。後上方の水平棒状のものが索敵レーダーのアンテナ、前を向いた皿状のものが追尾レーダーのアンテナである。バックアップ用に、映像システム、TVカメラ、低光度TVカメラ、赤外線映像装置、レーザー測遠機などの光学照準システムが搭載されている。防御装置として、発煙弾発射機を砲塔基部左右に装備しているが、前期型は三連装、後期型は四連装と異なっている[1]

車体前部右側には、搭載機器の電力を補うため補助動力装置(APU)が搭載されている。車体の左右側面には多くの点検用パネルが設けられ、様々な機器が収納されている。

主力戦車に随伴して行動するため、74式戦車の車体を利用しているが、後に開発された90式戦車とは機動力に差がある。

対空用の徹甲榴弾・榴弾(近接信管無し)を用意しており、また、対地攻撃用にAPDS-T(装弾筒付曳光徹甲弾)をも準備している[1]。搭載する機関砲は、地上目標に対する水平射撃も可能であり、74式と同様の姿勢制御により、走行中の射撃や、斜面からの射撃も可能にしている。同じ機関砲を使用するエリコン社製35mm高射機関砲L-90と比べると有効射程や命中公算(命中精度)が向上している。

ドイツ陸軍ゲパルト自走対空砲と同様の索敵レーダー、追尾レーダー配置を理想としていたが、ゲパルトのレーダーの配置が特許を取っていたため[1]、それに触れない位置に設置されている。

35mm機関砲の性能自体は優れているものの、射程は戦闘ヘリコプター航空機に搭載されるミサイル誘導爆弾のものより短いため、アウトレンジ戦法により破壊される可能性が大きく、現代の戦場では実用性が低いとも指摘されている[2]が、特性の異なる地対空ミサイル(SAM)と相互に補い合うこと(ガン・ミサイルコンプレックス)で防空能力を発揮する装備品と位置づけられている。

射撃統制装置や各種レーダーも搭載した高性能な自走高射砲だが、15億円超という高額な調達費から、年に数両しか導入ができず(平成6年調達数2両、平成16年調達数1両)、2002年度契約で調達を終了、計52両で生産を終了した[3]。教育部隊以外の配備先は、第7師団の第7高射特科連隊及び第2師団の第2高射特科大隊第3中隊のみの少数に留まっている[1]

87式自走高射機関砲の調達数[4][5][6]
予算計上年度 調達数 予算計上年度 調達数
昭和62年度(1987年) 4両 平成 7年度(1995年) 2両
昭和63年度(1988年) 8両 平成 8年度(1996年) 2両
平成 1年度(1989年) 8両 平成 9年度(1997年) 2両
平成 2年度(1990年) 8両 平成10年度(1998年) 1両
平成 3年度(1991年) 6両 平成11年度(1999年) 1両
平成 4年度(1992年) 3両 平成12年度(2000年) 1両
平成 5年度(1993年) 2両 平成13年度(2001年) 1両
平成 6年度(1994年) 2両 平成14年度(2002年) 1両
合計 52両

配備部隊[編集]

海外の性能類似車両との比較
87式 日本の旗 95式 中華人民共和国の旗 ゲパルト ドイツの旗 シルカ ロシアの旗 ツングースカ ロシアの旗 マークスマン フィンランドの旗
画像 JGSDF type 87 Self-Propelled Anti-Aircraft Gun 02.jpg Type 95 SPAAG - Beijing Museum 1.jpg Gepard 1a2 overview.jpg Zsu23-4.jpg Amd 2s6.jpg Marksman SPAAG.jpg
全長 7.99m 6.71m 7.68m 6.54m 7.93m 6.20m
全幅 3.18m 3.2m 3.71m 2.95m 3.24m 3.60m
全高 4.40m 3.4m(レーダー格納時)
4.82m(レーダー展開時)
3.29m(レーダー格納時) 2.57m(レーダー格納時)
3.57m(レーダー展開時)
3.36m(レーダー格納時)
4.01m(レーダー展開時)
不明
重量 38.0t 22.5t 47.5t 19t 34t 41.0t
最高速度 53km/h 53km/h 65km/h 44km/h 65km/h 52km/h
乗員数 3名 3名 3名 4名 4名 3名
武装 35mm機関砲KDA×2 87式25mm機関砲×4
QW-2地対空ミサイル ×4
35mm機関砲KDA×2 AZP-23 23mm機関砲×4 2A38 30mm機関砲×2
9M311地対空ミサイル×4
35mm機関砲KDA×2

登場作品[編集]

実写作品
87式の実車が日本映画初登場。
アニメ・漫画
大友克洋監修のアニメ映画、『最臭兵器』に登場。
自衛隊のダミー・クーデター時に登場
ゲーム
日本を占拠した自衛隊の車両として登場。プレイヤーも購入して使用できる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g PANZER 臨時増刊 陸上自衛隊の車輌と装備2012-2013 2013年1月号,アルゴノート社,P38
  2. ^ 江畑謙介「日本の軍事システム 自衛隊装備の問題点」講談社 2001年
  3. ^ 装甲車両・火器及び弾薬の開発・調達について 平成23年2月 防衛省経理装備局艦船武器課
  4. ^ JapanDefense.com
  5. ^ 防衛白書の検索
  6. ^ 防衛省 予算などの概要

関連項目[編集]

同種の自走式対空砲

外部リンク[編集]