エースコンバット インフィニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ACE COMBAT INFINITY
(エースコンバット インフィニティ)
ジャンル フライトシューティング
対応機種 PlayStation 3
発売元 バンダイナムコゲームス
シリーズ エースコンバットシリーズ
人数 1人(オフライン)
メディア ダウンロード販売のみ(HDD2GB以上必要)
発売日 2014年予定
2013年11月7日からオープンβテストを実施中(11月13日終了予定)
(2013年12月12日からオープンβテスト再開(12月18日終了予定)
対象年齢 CERO審査予定
コンテンツ
アイコン
未定
ダウンロード
コンテンツ
あり
テンプレートを表示

エースコンバット インフィニティACE COMBAT INFINITY)は、バンダイナムコゲームスより発売(配信)予定の、プレイステーション3フライトシューティングゲーム

エースコンバットシリーズ国内第14作。シリーズ作として、初めてダウンロード販売のみかつ基本無料(アイテム課金)の形態で配信されるシリーズ作品にもなる。

作品概要[編集]

ゲームはキャンペーンモードとオンライン共同戦線モードの2つに大きく分かれている。

キャンペーンモードは従来作通りのシングルプレイによるストーリーモードとなっている。それに対して共同戦線モードは、オンラインプレイが必須のマルチプレイ環境となる。8人単位のマッチングルームが作成され、人数が揃い次第ルーム内でオンラインプレイを楽しむ事が出来る。スタイルとしては初期FPSと同様の極めて原始的なルーム単位でのマッチングシステムとなっている。参加者が大人数で同時に空戦を楽しむような大規模なオンライン要素は存在しない。

またゲーム内で出撃するごとに燃料と呼ばれる通貨が減少していき、燃料がゼロになるとシングルプレイ・マルチプレイを問わずゲームを継続できなくなる。燃料は時間単位で自動回復していくほか、有料販売も行われる予定となっている。

共同戦線モードをプレイするたびに開発局からの開発進行が報告され(どれが開発されるのかはランダム)、開発率が100%になると新たな機体の開発や開発済みの機体の強化、特殊装備の開発が可能になる。

作品沿革[編集]

エースコンバット・アサルトホライゾン以降、動きのなかったかシリーズだったが、2013年により関係者からツイッターを通じて断続的に、新作の動向を窺わせる情報が投稿されてきた。

  • 2013年
    • 2013年7月12日にディザーサイトが公開される。
    • 2013年7月19日には、エースコンバット・インフィニティの正式タイトルが発表される。
    • 2013年8月2日に基本プレイ無料のビジネスモデルが発表される。
    • 2013年11月1日オープンベータテストの日程が発表される。予定は2013年11月7日~13日まで。
    • 2013年11月7日オープンβテスト開始
    • 2013年11月8日19時、原因が公開されないまま緊急メンテナンスが開始され、以降サービスが停止したままとなっていた。公表されていないが、キャンペーンモードの世界観説明の際に東海表記が見つかったり、オンラインにおいてミッションが開始後即終了というバグが動画として挙げられており、これらの修正が原因とされている
    • 2013年12月12日オープンβテスト再開。2013年12月18日にテストが終了。

作品の設定[編集]

小惑星ユリシーズの落着や隕石破壊兵器ストーンヘンジが登場するなど、従来シリーズの世界観を踏襲しつつも、日本や東京といった現実世界の地名が登場している。また大陸の形状なども現在の地球と同様の物となっており、従来シリーズの世界観と現実世界の世界観が混合した独特の物となっている。

ストーリー[編集]

1999年に発生した、小惑星ユリシーズに未知の小惑星が衝突して出来た破片(ユリシーズ小惑星群)の落着による大混乱によって再編された地球の政治体制。各地でテロと紛争が頻発する中、巨大軍事企業が支配力を増しつつある。主人公は国連委託の民間軍事プロバイダー「アローズ社」の新人パイロット(TACネーム:リーパー)となり、世界各地を転戦していく事となる。

登場人物[編集]

  • グッドフェロー
アローズ社代表。
  • ヴァイパー(コールサイン)
主人公が配属された部隊のエースパイロット。敵軍の間にも名前が知られている。
  • オメガ(コールサイン)
主人公が配属された部隊のお調子者。以前、敵に撃墜され最近復帰した。戦闘中の搭乗機が撃墜されたにもかかわらず、五体満足で無事に戦線復帰を遂げるなど、かなりの幸運の持ち主。

元ネタはエースコンバット04に登場する味方航空部隊「オメガ隊」の一人、オメガ11 04においてはモブキャラの一人であったが、あるミッションで撃墜されたにも関わらず、次のミッションで出撃していたり、彼から発せられる声が特徴的だったために、ネット上で彼のペイルアウトをネタにした動画が話題になる始末である、ちなみにストーリモードの#02「渡り鳥」では、ヴァイパーから「被弾王オメガ」と呼ばれた

部隊名[編集]

  • ボーンアロー隊
アローズ社の航空部隊で、主人公が所属することになる部隊。

ダウンロードコンテンツ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]