ITPSV 90 Marksman

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ITPSV 90 Marksman
Marksman SPAAG.jpg
基礎データ
全長 6.20m
全幅 3.60m
重量 41.0t
乗員数 3名
乗員配置 車長操縦手砲手
装甲・武装
主武装 35mm対空機関砲KDA2門
副武装 4連装発煙弾発射機2基
機動力
速度 52km/h
エンジン V-55 V型12気筒液冷ディーゼル  
620hp(462kW)
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 500km
テンプレートを表示

ITPSV 90 Marksmanフィンランド語: Ilmatorjuntapanssarivaunu 90 Marksman)は、フィンランド陸軍が装備する対空戦車である。ITPSV 90 Marksmanは、90式マークスマン対空戦車の略である。

概要[編集]

T-55AM(Ps.262)の車台に、イギリスヴィッカース社(現BAEシステムズ社)が開発した「マークスマン砲塔」を搭載している。

砲塔は、左右側面にスイスエリコン社製35mm対空機関砲KDA(コンテナ式弾倉焼夷榴弾/曳光焼夷弾230発と曳光装弾筒付徹甲弾20発の計250発収納)を1門ずつ装備している。後方上部には捜索距離12km、追尾距離10kmの捜索兼追尾用レーダー1基が搭載され、非使用時には後ろに倒すことが出来る。また、計測可能距離8kmのレーザー測距機付きの2軸安定化光学照準装置2基を装備しているので、レーダーと光学照準装置で最大3目標の同時追尾が可能である。補助動力装置(APU)はディーゼルエンジンで、砲塔後部に搭載されている。

フィンランド陸軍は1988年12月から7輌購入し、1991年10月から納入された。しかし、1992年に不具合が発見されたため、1993年から1994年に改修が行われ、1996年から実戦配備された。

参考文献[編集]

  • 月刊「軍事研究」 1997年4月号
  • 月刊「PANZER」 2002年9月号

関連項目[編集]